機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT G... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品は全て揃っています。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,837
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ネットショップGR
カートに入れる
¥ 1,951
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: DVD-OUTLET
カートに入れる
¥ 2,311
通常配送無料 詳細
発売元: トレジャーボックス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版)(特典ディスクほか豪華特典付) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 234件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 1,800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,624 (79%)
残り9点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2017年 冬アニメ予約開始
2017年冬から放送のアニメDVD・ブルーレイを 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版)(特典ディスクほか豪華特典付) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 5 [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray]
総額: ¥6,816
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 内山昂輝, 藤村歩, 池田秀一
  • 監督: 古橋一浩
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語, 英語, フランス語, スペイン語, 北京語, 広東語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2013/03/22
  • 時間: 174 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 234件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009SF7GL4
  • JAN: 4934569356895
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,386位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

作家・福井晴敏がストーリーを手掛ける宇宙世紀新章 クライマックスに向けて盛り上がる待望の第6弾! !


BD初回限定版は構成:福井晴敏×音楽:澤野弘之による朗読&ライブイベント『FILM&LIVE 2012』と、
episode 6メイキング&インタビュー映像を収録した特典DISC、『FILM&LIVE 2012』特製進行台本の
豪華特典仕様! !


「ラプラス・プログラム」が示す座標を巡り、戦場は再び宇宙へ――


◎仕様◎
【初回特典】
カトキハジメ描き下ろし特製スリーブ(※BCXA-0228と同一のものです)
【初回封入特典】
■特典DISC【『機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE2012 Reader's Theater“hand in hand"』(トークショーパートを含む完全収録版)
完全新規episode 6メイキング&インタビュー映像】
■『FILM&LIVE2012』特製進行台本
■16P特製ブックレット(※BCXA-0228と同一のものです)
【初回映像特典】
■episode 1-5 ダイジェスト
■PV集
【他、仕様】
■描き下ろしジャケット(※BCXA-0228と同一のものです)
■BD-LIVE対応


◎内容◎
【1話収録】
■episode 6「宇宙(そら)と地球(ほし)と」
フル・フロンタルの介入で地球連邦軍艦隊の追撃を逃れた《ネェル・アーガマ》は、『袖付き』との共同戦線をやむなく受け入れる。
一方、対連邦の秘策を明かして『ラプラスの箱』への次なる座標の聞き出しを目論むフロンタル。その語る未来の非情な酷薄さに慄然するバナージとミネバ。
そんななか、一隻の連邦軍哨戒艦が《ネェル・アーガマ》に接近する。哨戒艦の爆沈か、『袖付き』との共同戦線の破棄か…。敵味方の狭間で苦悩するバナ
ージ達の選択は――。


◎キャスト◎
バナージ・リンクス:内山昂輝/ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン):藤村 歩/フル・フロンタル:池田秀一/アンジェロ・ザウパー:柿原徹也
リディ・マーセナス:浪川大輔/マリーダ・クルス:甲斐田裕子/スベロア・ジンネマン:手塚秀彰/ブライト・ノア:成田 剣/マーサ・カーバイン:塩田朋子
アルベルト・ビスト:高木 渉/フラスト・スコール:小山力也/タクヤ・イレイ:下野 紘/ミコット・バーチ:戸松 遥/オットー・ミタス:内田直哉
コンロイ・ハーゲンセン:三宅健太

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

作家・福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第6巻。第6話「宇宙(そら)と地球(ほし)と」を収録。イベント「~FILM&LIVE2012」の模様やメイキング映像を収めた特典ディスク、イベント進行台本などを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/19
形式: Blu-ray
(ネタバレ注意 以下の記述は物語・作品に関する核心部分に触れています)

六作目の本作ではモビルスーツ(MS)戦より人間ドラマが中心だ(だからMS戦を楽しみにしていた人たちには物足りないだろう)。フロンタルは本作でついに胸の内を語る。彼の目的が地球から宇宙へ「捨てられた(=棄民)」人々つまりスペースノイドの自治権確立であること、そのために地球連邦政府を無視してスペースノイドだけで経済圏を確立することを(=サイド共栄圏構想)。彼の選択肢はミもフタもないほど現実的であり、人類の調和や進歩の可能性を切り捨てたものだ。

一方バナージ・ミネバ・マリーダらは、フロンタルに理解を示しつつも彼とは異なる道を歩む決意をする。彼らは人間の可能性を信じている。とはいえ彼らはサイド共栄圏に対抗しうる代案を出せない。彼らは無責任を自覚しながらも、どのような未来を作るかの決断の余地を次世代に残そうとする。人間の弱さを受け入れようとする彼らの態度は母性的であり、父性的なフロンタルと好対照をなしているように私は感じた。

本作品を読み解く際には「善悪」という対立概念では網の目が大きすぎて事態の本質を捉えそこねてしまう。フロンタル側とバナージ側の差は、少なくとも私には紙一重に見えた。相手に対する憎しみがいつ愛に転じてもおかしくないほどお互いが相手の言い分
...続きを読む ›
2 コメント 225人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
3回目に観て今までで一番感動しました。
毎巻そうなのですが、初めて観た時は小説に較べて話のスピードが早いので、
場面を噛み砕いて登場人物の心理に共感する前に次の場面が来てしまいます。
何回か観るとその機微に気づくことができ、より深く感動できます。
それくらい登場人物達の細かい表情や演出が凝った作りになっています。
レンタル等で1度しか観ていない方は是非何回か観てみることをお勧めします。

フルフロンタルとミネバの思想の応酬、ジンネマンとマリーダの会話など
本当に見所の多い今回ですが、個人的に好きなシーンはオットー艦長がアンジェロに
切れて「出て行け!」と叫び、ブリッジのクルーが小さくガッツポーズするシーンです。
少し日和見で己が運命に振り回されてきた彼が大人の計算と自制を吹き飛ばし、
感情と勢いに任せる、そしてそれに多くの部下も共感するという痛快なシーンです。
ジンネマンのセリフに代表される「心に従え」マリーダがミネバに言う「お心のままに」は本エピソードの登場人物みんなのテーマなのでしょう。
大人であり、立場、責任のあるオットーも自らの心に正直になった瞬間です。

大人も子供もとにかく迷いから吹っ切れる回だと思いました。
自分もこうありたいものです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
同時期に一括購入したので、同じコメントになりますが・・・。

個人的な感想です。
ロボットアニメといえばガンダムをまず思い浮かべます。
ガンダムシリーズの全部を見たわけではなく、このシリーズ以外は、恥ずかしながら初代ガンダムの映画バージョンと逆襲のシャア、ゼータガンダムの映画バージョンくらいしかしっかり見たことがない私ですが、このガンダムUCはかなり好きです。

それぞれの人間性とその関係。
モビルスーツとモビルスーツ
どちらの人間性にも魅力があり、対極の関係でありながらも、どちらがGOODでどちらがBADとは言えない背景の中で、それぞれが悩みながらも必死で前を向いて行き抜くところによさがあるのだと思います。

絵も綺麗で、それぞれのキャラも魅力的です。
そして、モビルスーツのかっこよさには惚れ惚れします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
劇場で見てBD購入しましたが素晴らしい出来でした。
巻を追うごとに益々完成度が高まってる気がしますね。

冒頭の戦闘シーンは最初使い回しかと思って
ガッカリしかけたのですが、その後のフロンタルが半端じゃなかった。
ロックオンせずに視覚では見えない敵をライフルで打ち落とした時は思わず笑ってしまいました。(笑)
その後もシナンジュがグリグリ動いてピンポイントで頭部を破壊していく様は
MS性能だけじゃなくフロンタルの腕がいかに凄いかということがよく表現できていたと思います。
ビーム撹乱幕の演出も素晴らしい、減衰率を計算して戦闘を行ってるのが特に良いです。
大満足の戦闘シーンでした。

今回は最終巻を前に、前巻までの経験を元にキャラクターの
立ち位置をはっきりさせ、ラプラスの箱の核心へと迫る準備段階の話なのですが
以下の2つのドラマシーンが非常に印象に残りました

1.フロンタルとミネバのラプラスの箱の使用目的に対する意見の衝突

逆襲のシャアのアクシズショックの奇跡を経験しても
変わろうとしないアースノイドに絶望し、人は変われないということを前提に
変わろうとしないものには、弱者と強者が入れ替わるだけ
...続きを読む ›
コメント 200人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す