通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
機動戦士ガンダムUC (10) 虹の彼方に (下... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。中古品ですので表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて発送いたします。店舗併売のため、売り切れの際はご了承くださいませ。 187239
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

機動戦士ガンダムUC (10) 虹の彼方に (下) (角川コミックス・エース 189-12) コミック – 2009/8/26

5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムUC (10)  虹の彼方に (下) (角川コミックス・エース 189-12)
  • +
  • 機動戦士ガンダムUC (9)  虹の彼方に (上) (角川コミックス・エース 189-11)
  • +
  • 機動戦士ガンダムUC (8)  宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ベストセラー作家・福井晴敏が描く、壮大な新ガンダム神話がついに終焉を迎える。『ラプラスの箱』の謎を解き明かす最終座標<インダストリアル7>のコロニービルダーを舞台に、壮絶なる最終決戦が始まる。


登録情報

  • コミック: 256ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047152870
  • ISBN-13: 978-4047152878
  • 発売日: 2009/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
見たことがあるのはSEEDとWくらいなもので、絵に馴染めない初代やかつての機動戦士ガンダムは知らない。
福井晴敏さんを終戦のローレライ購読以降好きになり、12YO・亡国のイージス・etc読んでいた為、恐る恐るながら今作も拝読させていただいた。
面白かった。

薄っすら知っていた宇宙世紀が少し垣間見えた気がする。嗚呼ガンダムってこういう世界なのか、と。
勿論富野さんのガンダムとは違うかもしれないけれど。

サントラを揃え、世界観に浸りながら3巡読了した。
福井さんとガンダムはまさかの組合せだったけれど、最高にマッチしていると感じる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 この最終巻に掲載されている最終回を読んだ後、何年ぶりか記憶がない位久しぶりに、富野由悠季氏の小説「伝説巨神イデオン」全3冊を本棚の奥から引っ張り出してきて読み、劇場版発動篇のDVDを観てみた。

 このガンダムUCという作品はガンダムマーケットの中で存在する為に、全く言及されず、余り知られてもいないが、作家としての福井晴敏氏に最大の影響を与えたのは、ガンダムよりもむしろイデオンである。
 福井氏本人も、NHK-BS番組に出演した際「イデオンと出会ったことによって、全ての価値基準の中心軸がイデオンとなってしまい、その後の人生で様々な作品と出会う度に、“この作品はイデオンと比較してどうなのか?”と自問するようになった」と告白している。

 ガンダムUCの最終回は、はっきりとイデオン、それも原作小説のラストシーンを意識した返答、回答として構成されている。

 ”ガンダム”という最早救いようがない程にマーケットに染まりきった枠に拘らず、純粋に”人の業を描ききることを主題とした富野文学”という視点で捉えたとき、ファーストガンダムで提起されたテーゼに応えた正当な続編はむしろイデオンである。(オーラバトラー戦記やVガンダム辺りも、それらに含まれるだろう)

 福井氏は本作で、”可能性という名の神”という表
...続きを読む ›
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初代ガンダム〜逆襲のシャアを作った頃の富野監督は宗教的とも言える独自の思想を持っており
その思想を元にガンダムと言う作品は作られました。
だが残念ながら「ガンダム」はあくまで「リアル」を売りにする様になり客もまた「リアル」のみを求める様になってしまった。
「リアルな作品」とは言わば万人に受け入れられ易い想定範囲内の作品とも言える。
それらは重要な要素ではあってもあくまで部品であり全てではない。
結果として「ガンダム」は新しい作品が作られる度に富野監督が最初に抱いていた独自の思想は薄れていく事となり、
ついには富野監督自身も過去の自分の考えを否定してしまった。
異なる思想の元に作られた作品はあくまで別作品であり
ドキュメント以外の独自の発想いわば芸術性を欠いた作品など、もはや作品ではなく単なるファンサービス又は商売である。
私はもう「ガンダム」と呼べる新しい「作品」を目にする事は一生無いと諦めていました。
だが福井氏は過去の作品によって出来上がった外枠や「リアル」に囚われることなく、
当時の富野監督の思想を元に「ガンダムUC」と言う作品を作ってくれた。
「完璧か?」と聞かれればそうとは言えないが、そもそも他人の作ったものに「完璧」を求める事自体ナンセンスであり<
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
スルーしてましたがついに全巻購入。
休暇を利用して一気に読破してみました。

感想を一言で表すなら「ハイブリッドミックスガンダム」でしょうか。
ガンダムにおけるお約束的なオマージュを全編にちりばめ、
アニメや小説などで無節操に垂れ流された設定を伏線として再利用。
宇宙世紀に連なる各作品へのランドマークとして、非常に良く練られた内容だと思いました。

キャラクターは前述のお約束縛りがある分、それほど個性的ではありませんが
敢えて既視感を狙った部分もあるのでしょう。
どのキャラにもガンダムらしい泥臭い欠点があります。

主役であるユニコーンはちょっとモビルスーツでは無かったですが、
そもそも単純な"兵器"として作られた訳ではないので、そういう"デバイス"だと思えば納得の範囲内。
それ以外のメカについては淡々と兵器として描写されています。

戦闘シーンはちょっと描写がしつこいですが迫力有り。
やはりユニコーン関連はかなりファンタジーですが、それ以外の特に地上戦はかなり面白かったです。

一部性描写、暴力描写が過激な部分がありますが、戦争物としては仕方ないかもしれません。
女性への虐待がしつこ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック