機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■商品によっては、使用される事による擦れ傷・色あせ・多少の汚れ、劣化等が見受けられる場合がございますがご容赦ください。通常版・限定版に限らず、ジャケット・ライナーノーツ・特典・帯・ハガキ・チラシつきましては原則付属致しません。万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。■配送は原則メール便で行っております。また土日祝日はお休みを頂いております。■受注受付は24時間おこなっておりますが、複数店舗併売の為品切れの際は申し訳ありませんがキャンセルとさせて頂きます。休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 19,301
通常配送無料 詳細
発売元: レインボーネット
カートに入れる
¥ 19,302
通常配送無料 詳細
発売元: 丁寧・迅速・安心のjoystation
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX (MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY HD REMASTER Blu-ray BOX) 1 初回限定版 (Limited Ed.)

5つ星のうち 3.3 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 21,600
価格: ¥ 19,300 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,300 (11%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ゲームブリッジ 【ゲームソフト高額買取中】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
ガンダムシリーズラインナップ
シリーズ最新作「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」から「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ほか、ガンダムシリーズをまとめてご紹介。 特集ページはこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX (MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY HD REMASTER Blu-ray BOX) 1 初回限定版 (Limited Ed.)
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX (MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY HD REMASTER Blu-ray BOX) 2 初回限定版 (Limited Ed.)
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX (MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY HD REMASTER Blu-ray BOX) 3 初回限定版 (Limited Ed.)
総額: ¥56,900
ポイントの合計: 443pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 鈴村健一, 保志総一朗, 石田彰
  • 監督: 福田己津央
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2013/06/21
  • 時間: 296 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BLWNHZ6
  • JAN: 4934569357311
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,164位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

社会現象を巻き起こした21世紀の“ファースト"ガンダムが、「SEED」に続いてHDリマスターで甦る!


再び放たれた戦いの火種! 誰もが止まれない時の中で、己の目指す世界へ進んでいく――。


◎仕様◎
【初回封入特典】
■新作ドラマCD「OMAKE quarters」
Vol.1「イザークの憂鬱」(出演:イザーク・ジュール(関 智一)、キラ・ヤマト(保志総一朗)、エザリア・ジュール(三石琴乃))
シリーズ構成・両澤千晶書き下ろし
※「OMAKE quarters」とは…SEEDシリーズのキャラクター達によって繰り広げられる約15分のオマケドラマ。
■特製ブックレット(52P)
【初回映像特典】
■ANIME MUSIC CLIP -Director's Concept-「Fields of hope」
■ノンテロップOP「ignited-イグナイテッド-」
■ノンテロップED「Reason」
■ノンテロップ版12.PHASE-12
■PV
■CM
■<音声特典>
オーディオコメンタリー※新規収録
01.PHASE-01(福田己津央監督)
02.PHASE-02(桑島法子、森田成一、折笠富美子)
06.PHASE-06(福田己津央監督)
08.PHASE-08(鈴村健一、保志総一朗、石田 彰)
12.PHASE-12(福田己津央監督)
12.PHASE-12(鈴村健一、坂本真綾、関 俊彦)
※出演者は予告なく変更になる可能性がございます。
【他、仕様】
特殊ジャケット仕様、特製収納ボックス付き
※ジャケットイラストは平井久司によるキャラクターVer.と、重田 智によるメカVer.の2点を新規描き下ろし!

◎内容◎
【12話収録】
■DISC 1
01.PHASE-01 怒れる瞳
02.PHASE-02 戦いを呼ぶもの
03.PHASE-03 予兆の砲火
04.PHASE-04 星屑の戦場
■DISC 2
05.PHASE-05 癒えぬ傷跡
06.PHASE-06 世界の終わる時
07.PHASE-07 混迷の大地
08.PHASE-08 ジャンクション
■DISC 3
09.PHASE-09 驕れる牙
10.PHASE-10 父の呪縛
11.PHASE-11 選びし道
12.PHASE-12 血に染まる海

ヤキン・ドゥーエ宙域戦をもって一年半に渡る地球、プラント間の武力衝突は一旦終結をみた。やがて双方は、平和を誓い世界は再び安定を取り戻しつつあった。
戦後、オーブの代表首長となったカガリは、アスランと共にプラント最高評議会議長デュランダルとの極秘会談のためアーモリーワンを訪れる。そこで、ザフトが新たに開発した
新型ガンダム3機が地球連合の特殊部隊に強奪されてしまう。C.E.73、世界は再び混迷の時代を迎えようとしていた。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

男女問わず根強い人気を誇る『機動戦士ガンダムSEED』の続編のBOX第1弾。武力衝突が終結し世界は安定を取り戻しつつあった。だがガンダム強奪事件を機に、世界は再び混迷を始める。第1話から第12話を収録。特製ブックレットを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
もっと、安くしてくれ。
続きを買うのに、時間かかる。
作品は、ふつうに好きです。
でも、高すぎるので、レンタルで済ませちゃいそうかも
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガンダムSEEDの人気により作られた続編のこの作品ですが、SEEDファンからは結構たたかれてますね。私はMS目当てで観てましたが、主人公であるシンの葛藤が魅力的でした。
DVDは全部持っているのですが、BSでのリマスター版放送を機会に、集めて行こうと考えました。しかし、定価約2万×4で8万円の買い物になります。割引が入ったとしても、高過ぎと感じてしまい、まだ1巻と2巻しか買っていません。SEEDのBlu-rayもそうですが、特典を排除した安価版の発売に期待してます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
話の内容としては…半々ですね!良いところもあれば、ハァーと落胆するところもあり。シンもキラもすごく好きなキャラクターなんですがやっぱり最後までシンにスポットをあてて完結してほしかったなぁ〜! シンがSEEDを覚醒させるまでは結構、興奮してみてましたがそのあとからちょっとずつグダグダ感が出てきて最後は主人公がキラになってしまった。脚本さえしっかりしてればすごくいい作品になったのになぁ〜! リマスターされると言う事で期待感も込めて4本まとめて予約しました。前作がよかったので楽しみです。
1 コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機動戦士ガンダムSEEDの人気熱が冷める前に慌てて作ったのか?脚本がとにかくドイヒー。今回でガンダムが強奪されたのは何度目だ?最も盗まれ易い商品のトップ10に入りそうな勢いだ。主人公シン・アスカが指導者に翻弄されて道を踏み外していく過程は面白いが、前作の主役キラ・ヤマトが美味しいトコロを全部搔っ攫っていくのもどうかと思う。あと、死んだと思われていたキャラが助かって生き延びる→新MSに乗って復活っていうのもワンパターン。もうちょっと何とかならんかったのか?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガンダムで一番嫌いな作品

全シリーズみてますが
一番キライです

特にムウがステラを再び戦場に出したのが
最悪
シンはムウをぶっ殺すべきだった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
■悪名高い種死のBOX。
これはもう言い切ってしまっていいでしょう、【アニメ史上最低の作品】です。
何がどう「最低」なのか、簡潔にまとめていきましょう。

■最低の主人公交代劇。
序盤こそシンが主人公とされるが、
中盤からは完全にキラが主人公扱いされている。
これは視聴者の【シンはキラやアスランの言うこと聞かないから嫌い!】
という、あまりにも幼稚かつ我儘な意見を、
監督脚本が何も考えずにそのまま作品に反映してしまった結果である。

その後の脚本家によるキラ&ラクスの依怙贔屓っぷりは尋常ではなく、
近年の「デレマス」や「ゼスティリア」以上に
【特定のキャラだけが持て囃される最低のシナリオ展開】となっている。
ラストは敵軍を壊滅させて乗っ取った挙句「キラ准将」にまで成り上がっている始末。
ここまでくると、もはや乾いた笑いしか出てこないだろう。

シン役を務めた鈴村健一氏の「スパロボZのシナリオこそ本当の種死!!」
という発言には、多くのユーザーが同情した。

■最低の不殺描写。
種シリーズのキモとされる問題点。
要するに【敵パイロットは絶対に殺さない】というものだが、
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
放送当時に楽しみに見いていた人や新たにガンダムに興味を持たれた人またSEEDを見て続編をぜひ見たいという方におススメです。

CE73前作から2年後の世界が描かれています。
新たな主人公シン・アスカを加え前作の主人公キラやアスランも登場します。
映像作品としてもも圧倒的に綺麗になり放送当時を鮮明に思い出すことができる演出や戦闘が最大の魅力です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作と異なる主人公、シンの起用はとても上手いものであったと思う。
研究者の父母を持つキラ、軍の要人の父を持つアスランと、彼らは戦いの因果からは逃れられない環境の元に生まれていたが、シンはオーブで平和に暮らしていた家庭の子であり、キャラクター設定からして彼らと大きく異なる。
ただ、運命に翻弄され、否応なく戦争に巻き込まれていったということに関してはキラ、アスランと同じで、そこに本質的な差異はない。
最も異なる点は、シンには物語の序盤では守るべきものが存在せず、直情的なところも相まって、憎しみに突き動かされて戦う、という点だ。
平和な世界のために戦うという意志は、多くのキャラクターが持っており、シンにももちろんあるのだが、その若さ故に戦士としてデュランダルに利用される。

ラストのシンの敗北は興味深く、物語を面白くするための展開ではあったが、視聴者からすると気持ちの良い展開ではなかった。
人間の個性の多様性を抑圧した、社会システムを目指すデスティニープランは、デュランダルの歪んだ理想に基づくものであり、間違っていた。
そうであれば、デュランダルの敗北とともに、その剣であるシンは負けなくてはならなかった。
デュランダルの誤りに気付き、叛意をあらわにすることは、アスランとレイが行っており、二番煎じにな
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す