機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 [D... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 非常に綺麗な商品です【国内正規品】【商品の状態】【ディスク・付属品の全てにおいて非常に綺麗な商品です。コレクションにもいかがでしょうか】 ファンの方、この機会にもう一度見直してはいかがでしょうか(^^♪◆商品は除菌クリーニングと動作確認を行い、汚れ防止のOPPフィルムで包装し、商品管理ラベルはその上から貼り、商品に直接貼り付けていませんのでご安心ください◆ご注文確認後、迅速に発送させていただきます。◆【国内送料無料のAmazonプライム対象商品】Amazon.co.jp配送センターより年中無休で安心・確実・迅速にお届け致します◆【お支払い方法】コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い・各種カードをご利用いただけます。◆【安心!返金保証致します】万が一、到着商品の状態にご満足いただけない場合は、お気軽にご連絡ください。迅速に返金対応させて頂きますので、ご安心してお求め下さい。◆【お願い】写真に掲載させていただいている商品が、お送りする全ての商品となります。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: GOODNICE メディアマーケッツ【トラブル防止のため、商品コンディションを必ずご確認ください!!】
カートに入れる
¥ 1,720
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 年中無休・24時間迅速発送【誠実・安心・信頼のYONSHIMAI】
カートに入れる
¥ 1,780
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ブックオアシス高木堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 [DVD]

5つ星のうち 2.4 297件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,300 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,180 (80%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Santanaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3 [DVD]
総額: ¥3,390
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 鈴村健一, 石田彰, 池田秀一
  • 監督: 福田己津央
  • 形式: Color, Dolby, Mono
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2005/02/24
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 297件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006GV7KK
  • JAN: 4934569621153
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,743位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   シリーズ開始から20年以上、新世代のガンダムとして大ブームを生んだ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズ。コズミック・イラと呼ばれる時間軸で語られた新たなる宇宙の叙事詩。かつてキラ・ヤマトとアスラン・ザラという、ふたりの少年が運命の対決を繰り広げた。あんなに一緒だったのに! そんなせつなく胸を打つ物語から、舞台は2年後。新たな主人公シン・アスカの登場とともに始まる。ヤマトからアスカへ。視点は地球連合軍からザフト軍へ。新章の開戦。前作をリフレインするように、再び新型モビルスーツ3機が奪取されるシーンで幕が開ける。はたしてザフト軍のシンとアスランはガンダムを奪還できるのだろうか。見どころは、シンが初対面ステラがで胸を触って「このラッキースケベ!」といわれる衝撃のシーン(笑)や、モビルスーツ・ザクの登場。ルナマリアのぴょこんと飛び出た通称アホ毛など盛りだくさんのPHASE-01からPHASE-04。(志田英邦)

内容(「Oricon」データベースより)

TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」の続編。2004年10月よりMBS・TBS系列にて放送。声の出演は鈴村健一、石田彰、池田秀一ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/10
ガンダムというものはあまり見たことがありません。
しかし、それでもこの作品の駄目さ加減はわかります。
戦闘が全くなく、キャラの無駄話が続くだけ。
しかも、目立つのは前作キャラばかりで主役はそこらへんの脇役扱い。
いや、もっと酷いかもしれません。
本来なら主役のシンの葛藤や成長を描くべきにもかかわらず、製作側はそこを軽くスルー。
本来成長したはずの前作キャラの1人、アスランをまた駄目な人物に落としてアスランの葛藤(もどき)ばかり描いています。
一部の人は「複雑な人間関係」云々と、言っていますが、そこもいいかげんに作られています。
キャラのセリフは「でもっ・・・!」「だったら・・・!」「おまえ!!!」みたいに馬鹿で全く意思疎通不可能なことしか言いません。
視聴者には「???」続きで腹が立ちます。
キャラの考えは全くわかりません。都合の悪いことは平気でスルーしますし。
そしてアホな脚本家は前作のキャラであるキラ、ラクス、カガリ、アスランばかりを贔屓して描いています。
まるでキラ&ラクスたちは絶対に正しいというように・・・
お笑いですよ?彼らのやっていることはただのテロ行為なのに。
そして伏線らしきものは全く回収する気がないように、いや、まるでそれが「
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品を点数で表したら、名前書き忘れで0点ってとこなんじゃないかな? つまり採点する以前の問題で、最初にやるべき事を忘れてるんだよ。 そして書き忘れてる事をそいつに注意したら、なんでちゃんと中身を見ないんだと逆ぎれする。そんでもって肝心の答案を見てみるが、たいした点じゃない。そしてそいつが苦し紛れに言った言葉は「点数がすべてじゃない」 ちょっと分かりにくいかもしれないが、この作品はそんな感じなんじゃないかな?
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/2
役割不明の美形・美少女、ファッションとしての戦争と残虐シーン、有名無実のテーマ、お座なりの展開。
製作者側のモラルの欠如が、見事なまでに顕在化した作品です。
大量宣伝をかけ売れ筋を追求しただけあって、人気はあるようですが。
まさに「消費」のためだけに生み出されたアニメといい切れるでしょう。
アニメ=商売
アニメ=キャラ萌え
アニメ=娯楽
…というような図式でしかものを語れない人には、ネタ的に楽しめるのかも知れませんね。
私も、過去のガンダム全てが名作だったとは思いません。
しかし、メインターゲットであるはずの児童に対して、ここまで誠意を欠いた作品はなかったと思います。
周囲の人には決してすすめたくないですね。
ベッドシーンなんかより先に描かなきゃいけないことがあるんじゃないんですか?
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aw 投稿日 2006/11/18
勿論、“黒”歴史ですが。

酷い作品です。最初は「性格に問題アリの主人公が、成長していく話?」と思ったけど、途中(ハイネが死んだ辺り)から、話が破綻しました。主人公(シン)、どんどん壊れていきます。

先輩役のアスランはヘタレ。カガリは何も出来ず泣くだけだし、キラ&ラクスは、悪戯に戦争(ザフト対オーブ)に介入し、破壊の限りを尽くす。

この人達、前作の主人公ですよね?なんでこんなに、成長してないんでしょうか?前の戦争で何も学ばなかったの?

この人達が最後まで出張る為、新キャラ達が割をくった感じ(正直、キラ達の引き立て役)です。 そのくせ、この物語では彼ら4人が「正義」と扱われているので、何を言おうとやろうと支持される。見ていて、疑問符の嵐でした。

別に、前作キャラを活躍させるな、とは言いませんが…出し方が最悪ですよ。主人公に返り咲き!とかじゃなく、先輩格として後輩を導く立場でいて欲しかったです。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガンダムSEED DESTINYが始まることを知ったとき、一番最初に惹かれたのが主人公、シン・アスカの設定でした。
彼は、前作のガンダムSEEDで主人公のキラ達が良かれと思ってやったことの巻き添えを受け、最愛の家族を失ってしまうという、悲劇のキャラクターです。
この設定は前作の世界観やストーリーをきちんと反映しており、それでいて全く新しいドラマを展開できる要素が含まれており、正に新しいガンダムSEEDの主人公にふさわしいものと言えるでしょう。
しかし、フタを開けてみると、ドラマを展開するのはアスランなどの前作のキャラクターばかり。
シンは出番も少なければ、ドラマに絡むこともほとんどありません。
確かに、前作のラストはかなり急ぎ足で、アスラン達を通して伝えたかったことを伝え切れていなかった印象があり、その伝え切れていなかったことを今度こそ伝えよう、というスタッフの意気込みを感じることができます。
前作を尻切れトンボのままにしないスタッフの意気込みには関心しますが、しかしやはりそれは前作でやっておくべきことで、このDESTINYにまで引っ張ってやるべきことではないと思います。
ストーリーやメカの演出がダメだとは思いませんでしたが、やはり前作との住み分けをきちんとしてもらいたかったですね。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す