機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 未開封
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: Harvests
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償 [DVD]

5つ星のうち 2.5 163件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,984 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,200 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,980より 中古品の出品:20¥ 705より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編  自由の代償 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣 [DVD]
総額: ¥10,564
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 鈴村健一, 保志総一朗, 石田彰, 田中理恵, 坂本真綾
  • 監督: 福田己津央
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/02/23
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 163件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LMQVOG
  • JAN: 4934569625182
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,990位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   大ヒットした「機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション」シリーズもついに完結。追いかけてきたファンも感慨深いだろう。本放送のエンディングは話題騒然となり、その後に放映された「ファイナルプラス」でエンディングの後日談が語られた。すべてを倒すことで平和を得ようとしたシン、戦いを止めることで平和を求めるキラ、新しい道を模索するアスラン。その三者三様の姿こそが本作の描き続けた物語だった。人は戦いをやめないかもしれないが、その中で守られるものや手に入れるものもかけがいのないもの。本編+ファイナルプラスの結末は、解釈だったのじゃないだろうか。はたしてアスラン視点で物語をとらえなおしてきたスペシャルエディション版のエンディングはいかに? ぜひ、観てから考えていただきたい。自分で導き出した納得こそが、真のエンディングなのだから。(志田英邦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

数々の名作を手掛けるヒットメーカー・富野由悠季原作によるTVアニメシリーズ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の特別編4部作の完結編。新作カットの追加や全編新アフレコによる撮り直しをしたスペシャルエディション版。ライナーノートを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
監督によるとこの作品のテーマは「男なら戦え」とのこと。作品を見たことない方なら、強大な敵に犠牲も省みず自らの理想のために立ち向かう少年の物語だと思うことでしょう。しかし、実際はそういう設定に最適な主人公を引っ込ませて、最初からラスボス越える能力を持った前作主人公を持ってきて、やる前からミエミエの勝利を、本人が苦もなくもぎ取るという最低最悪に陳腐な話です。それでも見たいって方はガンダム史に残る肩透かしの戦闘に驚愕してください。リスクも全く無く何も努力しなくても勝てるゲームに勝ったところでねと失笑がこみ上げてきます。

ちなみに自由の代償など乗っ取り主人公が全く払っていない点でも、二重の意味で偽りありと思わずにはいられない作品です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
DESTINY13に入ってるFINAL PLUSと違う所は、最後に
プラント代表となったラクス(同梱されている冊子を読んで初めて理解した)にザフト白服を着たキラとの再会シーンが入ってることくらい。
イザークはラクスの脇に控え、ディアッカもいる。
シンやルナマリアもその場に居合わせザフト赤服で登場し、メイリンもザフト服。
そんな中なぜかアスランは1人オーブの軍服。しかもメサイヤ戦の時より階級が上がった模様。
カガリの側にいるよ、という遠回しな表現なのかしら?

・・・で、これはどういう状況なのだ?

SEEDシリーズは脳内完結しなきゃいけないことが多すぎる・・・。
戦争の終結→和解=終了っていう終わり方だけじゃなくて、その先も見たかったな・・・。

ともかくそのちょっとの追加シーンが見たかったら、買ってみるといいと思います。

でも私(♀)でもガンダムに興味を持つことができたこのシリーズはホントに大好きでした。
久々に見たくなり、最後だけ購入してみましたw
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品は賛否両論あると思います。

批判的な意見はもっともだと思います。肯定的な意見もまぁファンならばの意見だと思います。しかし大絶賛の方の意見だけは理解が出来ません。

よく考えて下さい。DESTINYはテレビアニメとしては失敗作です。なぜあんなに総集編的な話を何度もするのか。その結果1年間も放映期間があったのに50話で描ききれずファイナルプラスとしてDVD最終巻に収録せざるを得ない状態にしてしまったのか。なぜスペシャルエディションとしてテレビ放映時のやり直しをするのか。

これは明らかに監督と脚本家の力不足としか言えないと思います。

監督と脚本家さえ違えばきっとすばらしい作品になる可能性があったと思います。せめてあと1年準備期間を設けていれば違った結果になっていたでしょう。

映画化はおおいに結構だと思います。でもそもためにラストを変えるのは本末転倒ではないでしょうか。テレビがあっての映画化なのにこれでは映画のためのテレビになってしまっている気がします。

SEEDは良かったと思います。「21世紀のガンダム」という意気込みを感じました。でもDESTINYはSEEDが成功した為の驕りが感じられます。見切り発車もいいところです。

「面白い
...続きを読む ›
コメント 191人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
“SEEDは好き嫌いの問題だが、DESTINYは出来の問題だ”と思う。
萌えを意識したキャラクターデザインや、リアリティよりもキラの圧倒的強さと言うヒロイック性を優先させた演出に
非難が集まったSEEDであるが、それらは好みの問題だと思っていた。
しかし、DESTINYは好き嫌いを超越して脚本の出来が悪すぎると思う。

キラ・アスラン・シンの3人が主人公だと言っているが、主人公と呼べるキャラクターなどいない。
前作において性格も強さも出来上がってしまい、もう成長する描写がなくドラマ性に欠けるキラ。
シンを鍛えると思いきやAAに脱走、その後はキラのオマケと成り下がり1人では何も成し遂げなかったアスラン。
兵士としての成長を描かれず、復讐のままダラダラと戦って敗れ去ったシン。
3人とも中途半端な描き方に終わってしまった。

内容はと言えば、一応は平和への道を提示した議長に対し、キラ達は何の解決策も持たぬまま問答無用に攻撃を仕掛ける。
平和を求める立場としては、キラ達の行為はあまりにも横暴であるが、
この作品において彼らは絶対的正義の存在として描かれ、まったく咎められることはない。

キャラクターのセリフにも違和感が残る。
抽象的
...続きを読む ›
コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す