機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻> [DVD... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売元: Mellbin STORE (メルビン ストア) 迅速対応・年中無休
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ☆:からめる:☆⇒代引き対応"International shipping available"
カートに入れる
¥ 4,472
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻> [DVD]

5つ星のうち 3.0 187件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,600 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,880 (75%)
ポイント: 32pt  (2%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、(最速配送)久保吉商店(送料無料)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻> [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムSEED 11 [DVD]
総額: ¥3,580
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 保志総一朗, 三石琴乃, 桑島法子, 子安武人, 豊口めぐみ
  • 監督: 福田己津央
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2004/03/26
  • 時間: 63 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 187件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001APCXY
  • JAN: 4934569615909
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,197位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1979年に放送開始され、そのハードなストーリーでロボットアニメの歴史を塗り替えた「機動戦士ガンダム」。以後断続的に製作されているシリーズの、2002年放送のTVアニメ。これまで「宇宙世紀」を舞台にしたものには「機動戦士」、異なる世界観のものには別の名称を用いていたが、本作は「宇宙世紀」以外を舞台としつつも「機動戦士」と名付けられた初めての作品。
   時代はコズミック・イラ70、コーディネイターと呼ばれる新人類の存在が社会的に認められて数十年後。宇宙空間を主な活動拠点とする彼らと、地球側の人々との間に戦争が勃発、その1年後から物語は始まる。コーディネイターでありながら彼らと親友を敵に回してしまった少年キラの葛藤を軸に物語は展開する。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

2002年10月よりMBS・TBS系にて放映のアニメ。中立衛星に住んでいた少年たちが、地球連合軍とザフト軍の戦いに巻き込まれていく様子を描く。声の出演は保志総一朗、三石琴乃、桑島法子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この物語のテーマの一つ、遺伝子操作による対立人種間の戦争。二種類にしか分類できない人種が武力で対立し、個人の価値観にまで差別思想が芽生えている。ここまできてしまったら解り合うのは本当に難しい。現実でも答えが出せない問題ですので最終回はあれで良いかなと思います。

この作品で注目したいのはラウ・ル・クルーゼというキャラクター。彼はSEED世界の闇や矛盾を突き付ける存在です。彼の抱える憎悪は12巻で明かされますが、些か唐突に聞こえた方も多いでしょう。展開リズムの悪さと言えばそれまでですが、これは作品がキラ視点で動いているからということもあります。
ではもし、ラウの視点で描かれていたとしたら…?
コーディネーターではなく、かといって自然の摂理に則って生まれた存在(ナチュラル)でもない。親の身勝手と最高のコーディネーターを生む資金のため人の欲望が生んだ技術で違法に作られ、結局成功せず欠陥を抱えさせられた挙げ句それを理由に捨てられなんの保護もなく世界に投げ出されます。両人種が争う世界にどちらの人種でもない彼の居場所はなく、彼を肯定する存在もいない。同じ人間でしかない彼らが否定し合い何億単位で殺し合う姿はどれほど滑稽に映ったでしょう。相手の殲滅を目的とする彼らは条件が揃っただけで引いてはならない引き金を引きます。
吐き出せない苦痛を心身共に味わ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私はこの作品の全てを否定しませんが、納得の行かない点が多すぎます。
例えばクルーゼが人類を憎悪した理由。
本当に「自分が○○だから」という理由であそこまで憎んだのでしょうか?
「人類の愚かな行為を知っている」ことも理由の一つでしょうが、やはりそれらだけではあそこまでの憎悪は感じないと思います。
「彼をあんなふうに変えてしまった原因は視聴者の想像に任せる」とでも言うのでしょうか?
それと物語のあの終わり方。
少なくとも「答え」と思しきものは何も与えられていません。
「戦争、正義、種族(民族)といった難題を私達に改めて提起した」とも解釈できますが、問題提起なんてものは誰にでもできることです。
サブキャラの扱いにも不満があります。
敵ガンダムの3人組は一応戦闘を盛り上げるという役割を果たしていますが、アストレイの3人娘なんかは何のために出てきたんでしょうか?
いつの間にか出てきていつの間にかいなくなっていたのではそのキャラを好きになれようはずがありません。
ザラ議長にしたってあそこで部下を撃つ必要がどこにありますか?
都合良くザラ議長を死なせるためにやったとしか思えません。
サブキャラにもそれなりに存在感と魅力を与えなければ物語全体が薄っぺらく感じてしまいます
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/22
放映開始直後は、ガンダムの続編だ、キャラがカッコいい、声優が豪華だ、と大喜びしていました、それが1話進むごとに、次第に興味を失っていき最後には、「なにこれ!?」と叫んで終わりました、それからも友人宅などで見る機会はあれど、放映当初のような気持ちを感じることは無かったです。
絵が綺麗だと思いました、話だって起伏があって面白いと思いました、音楽だっていいと思いました。
でも途中でそんなのどうでも良いと思えてきました。
もしSEEDがガンダムという冠を持たないアニメだったらもっと他の見方も出来たかもしれませんが、ガンダムとついた時点で他のガンダムと比較してしまいます、SEEDにガンダムというMSは必要だったのか?コーディネーターという存在は必要だったのか?
製作者側はどうしてSEEDをガンダムの新作として作ったののかが…
SEEDが始めてのガンダムだという方は過去のガンダムの作品、の幾つかを見てみては?
今回初めてアニメや漫画を見たという人は他の作品で今も人気のあるものなど見るのも良いと思います。
絵が古いとか、昔のアニメとか言って見ないのだったら、否定している側の方に文句は言えないと思います。
文句言うなら見るな、と言ってる人も多くいますが、一方的な罵倒をしている人はともかく作品を見、自分なりの評価をした人に対して自分が何を言ったのか考えてみては?
説教くさい文で申し訳ありませんがこれで失礼します。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
始めてみたガンダムだったので何の先入観なく見れました。
個人的な感覚言ってしまえば良くも悪くもない「凡作」です。
世界観はまあまあ好きでしたし、ストーリーも1,3クールは良かった
(2クールはつまんないというかダレきっている、4クールは波状の嵐でした、結果あの最終回)
嫌いなところ主人公が何してたいか分からない(不殺とか)、言ってることとやってることが違う(カガリとかね)など色々あります。サービスシーンも多かった(もはやサービスではありませんね)そんな色々な点から見てSEEDは普通です。
SEEDのことで一番頭にくるのは福田(監督)のインタビューです
彼によるとGは「ガンダムから逃げた」、Wは「偽善」、Xは「売れなくてかわいそうですね(多分見下してる)」らしいです。正直頭にきました。SEED見てからアナザーガンダム見ましたが、SEEDよりもおもしろかったですよ?監督は「SEEDだから売れた」のではなく、「環境がよかったからいろんな人に見られて評価された」ということを自覚してほしいです。Xの時代にやってたら間違いなく打ち切られていましたから
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す