機動戦士ガンダムAGE (MOBILE SUIT ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆こちらの商品はアマゾン管理下でイラスト集が付いてませんがディスク再生面に目立った傷が見受けられず良好です。動作確認しております。特製解説書と取扱説明書もきれいです。国内正規品です。◎ご注文後にAmazon配送センターより迅速丁寧に梱包してあなたのところに発送させていただきます!《送料無料でAmazon倉庫から24時間発送受付・当日お急ぎ便の選択も可能となっております。》◆代金引換対応・コンビニ・ATM・ネットバンキング・ Edy払い対応/受け取りも可能なAmazonプライム対象商品です。アマゾン専用在庫のため在庫切れの心配もございません。この機会に是非安心してお買い求めいただければ幸いです。*希少品のため参考価格より高額のプレミア価格となっている場合がございます。ご了承の上でご注文くださいますようお願い致します。商品説明文と実際のコンディションが大きく異なっていた場合は返金など柔軟かつ即座に対応させていただきますのでご安心下さい。スタッフ一同あなたからのご注文を心よりお待ちしております。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,280
通常配送無料 詳細
発売元: ✅送料無料 ✅丁寧に梱包発送致します ☆ファミコントップ(愛知県) ✓English Support
カートに入れる
¥ 6,400
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムAGE (MOBILE SUIT GUNDAM AGE) 第6巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]

5つ星のうち 1.6 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 6,280 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,144 (25%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、かえそるやドットコムが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,100より 中古品の出品:6¥ 1,812より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムAGE (MOBILE SUIT GUNDAM AGE) 第6巻  豪華版  (初回限定生産) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダムAGE 07 豪華版 (初回限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダムAGE 第5巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]
総額: ¥14,740
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 江口拓也, 神谷浩史, 花澤香菜
  • 監督: 山口晋
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2012/07/27
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.6 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007VZKWA0
  • JAN: 4934569354716
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 107,366位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

新たな歴史が受け継がれる…
ガンダム史上初、三世代に亘る壮大なドラマを描く最新作がBDで登場! !


三つの運命が 歴史になる――


◎仕様◎
【初回特典】
1.新規描き下ろしスリーブ
2.「AGE-ART BOOK -イラスト集-」 【初回封入特典】
特製解説書「AGE-FILE」(16P)
【初回映像特典】
第22話オーディオコメンタリー(出演:江口拓也、井上和彦、角田一樹(助監督)、小川正和(プロデューサー))
【他、仕様】
インナージャケットはキャラクターデザイン千葉道徳、チーフメカアニメーター大塚 健新規描き下ろし

◎内容◎
【4話収録】
■第19話「アセムの旅立ち」
地球連邦軍へ入隊したアセム。一方、ゼハートもまた、ヴェイガンで新たなる一歩を踏み出していた。
宇宙戦艦ディーヴァは、アセム達を乗せて連邦軍総司令部ビッグリングへと旅立っていく。その行く手をさえぎるヴェイガンのモビルスーツ部隊。
交戦状態になりアセムは、AGEシステムにより進化を遂げた新たなるガンダム・AGE-2を駆って、出撃する。
■第20話「赤いモビルスーツ」
ヴェイガンでは、ゼハートの能力を最大限に発揮させる新型の機体が完成しつつあった。一方ディーヴァは、ヴェイガンとの戦闘を回避するため、
危険な航路である岩礁宙域ルートを進んでいた。しかしそれを見抜いていたゼハートは、岩礁宙域に待ち伏せて攻撃を仕掛けてくる。
ついに、ゼハートが乗り込む新型の赤いモビルスーツと、アセムのガンダムとが激突する。
■第21話「立ちはだかる幻影」
地球軌道に浮かぶ連邦軍総司令部『ビッグリング』に到着したディーヴァ。そこでアセムは、司令官である父・フリットと再会する。
しかし司令官として立派な父にコンプレックスを感じてしまう。前の戦いでゼハートに圧倒的な力の差を見せられたアセムは、軍の『次世代パイロット
訓練プログラム』に参加。しかしXラウンダー適正においてはD判定を受け、偉大な父や敵となった親友を前に自分の力不足に苦悩する。
■第22話「ビッグリング絶対防衛線」
連邦軍総司令部『ビッグリング』侵攻に向けて動き出したヴェイガン。ゼハートは地球制圧軍の司令官として、全軍を挙げた戦いを展開しようとしていた。
対するビッグリングの司令官であるフリットも、その攻撃に備えて綿密な防衛作戦を立てる。ヴェイガン側は攻撃部隊としてXラウンダー部隊マジシャンズ8
を投入する。さらに、デシルとゼハートも参戦し連邦軍を追い詰めていく。

◎キャスト◎
アセム・アスノ:江口拓也/ゼハート・ガレット:神谷浩史/ロマリー・ストーン:花澤香菜/フリット・アスノ:井上和彦/ウルフ・エニアクル:小野大輔
ミレース・アロイ:嶋村 侑/アリーサ・ガンヘイル:小清水亜美/エミリー・アスノ:遠藤 綾/ユノア・アスノ:大亀あすか/フェザール・イゼルカント:大友龍三郎
メデル・ザント:稲葉 実/フロイ・オルフェノア:石井康嗣/ナレーション:井上和彦 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ガンダム史上初、3世代にわたる壮大なドラマを描いたSFアニメ第6巻。地球連邦軍へと入隊を果たしたアセム。一方ゼハートもまた、ヴェイガンで新たなる一歩を踏み出していた。第19話から第22話を収録。特製解説書「AGE-FILE」を封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この作品もフリット編に続きアセム編も最後まで視聴したが正直これといって作品に対する印象が良くなることは無かった。
まあこのアセム編を見て感じたのは
「登場人物を本当に大切にしない作品。」
と言うことである。
このageはよく三世代主人公の作品だと豪語されているが時代が変わったら変わったで前の時代に生き残った登場人物のその後の動向を一部に限り全く描こうとしていない。まあ当時の民間人は別としてせめてディーヴァのクルーのその後くらいは描くべきだったのではないか?なのに通信士を始めアダムスやラーガンといったそれなりに出番のあったクルーまで完全無視。これでは当時に戦死させた方がしっくり来たのではないかと感じてしまう。
また何より唖然としてしまったのはグルーデックの死に関してである。フリットから彼の死が伝えられていないはずがないであろうにミレースやウルフといった当時の戦いを共にしたクルー達が悲しんだりするシーンも全くスルーされている点が本当に不可解で何故そのくらいのシーンも入れられないのかと心底呆れてしまった。
そして個人的にアセム編での一番の不満は
「ヴェイガンとの戦いにおける親子間の意見の対立が全く見られなかったこと。」
にある。まあフリットの場合は過去に母やユリンの件もあるからヴェイガンに対して徹底抗戦の姿勢
...続きを読む ›
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ホンッッッッとに良くならないですね、この駄作品。
まずはレビュー。

19話
アセムが軍に入りますが…その入隊時の家族のやりとりがひどい。バルガスがアセムに対して『誇りじゃ』って…曾孫さん戦場にいくんやから普通は心配するでしょうに。で、母親は無言…いったいどうなってんだ、この家族。
ゼハートがスパイだとバレますが、あんな小さなコロニーで証拠集めるのにどんだけかかってるのか。ゼハートとの戦闘中、突如現れるロマリー。こういった描写は以降、何回も出てきます。まるでどこでもドア。

20話
『赤いMS』『三倍』というキーワードを出せば従来のファンが喜ぶと思ったのか…節操の無さにただただ呆れるばかりです。
ゼハートによるライダーキック…シャアザクのパクりか…その後、腕を落とす等すれば捕獲できたのに無傷で返してしまう…ちょっとね。それより、あんな勢いでサンドイッチにされたのにパイロットが無傷なのもありえない。

21話
脚本を違う人がしたせいか内容は特に目立って悪いことはなかった『唯一』の話。偉大な父(あくまで劇中)やゼハートとの実力差にコンプレックスをもつアセム。マッドーナの息子やウルフとの会話で葛藤をもちつつ前に進みそうでこれからの展開に期待を持てそうだっただけに残念。こ
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アセム編になって戦闘描写は大幅に改善されましたが後はフリット編とあまり大差ありません。
確かに、アセムの非Xラウンダー認定は物語を描く中でいいエッセンスでした。
学園物ガンダムもありです。
しかし、それを活かし切れない旧体然としたオリジナリティーのないストーリー、アセムロマリーの扱いや人間描写の稚拙さと深みを感じさせないキャラの行動など脚本家の未熟さと人間性を表しているように思えます。(それを読み取るのがAGEを見るときのの唯一の面白さなのですが…)

個人的に許せないのがAGEの戦争観です。戦争をゲームとして捉えている感じがします。これは、他のレビューでもある通り最近のガンダムと対極にあるものです。
憎しみで戦うロニを止めようとしたバナージやコミュニケート手段が人類にとって致命的だったELSと解り合おうとした刹那、この二人のような視聴者の心にしみるキャラが一人もいません。
子供向きでも命のやり取りを扱う以上戦争の本質と悲惨さを本編で描かないのは、脚本家日野晃博氏の命に対する感覚が誤解されかねない致命的なミスです。
このままでは作家が自分をフリットとキオに投影したガンダムというイメージを払拭するのは難しいでしょう。
せめてヴェイガンの本国の描写をしっかり描いて、ゼハートのような小者臭のしない敵側の人間を増やしましょうよ…日野さん!
2 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
放送ではアセム編が終わり、3世代目に入りました。
最近気になってる事があるんですが、このアニメってゲームの為のPV?
最終的に「ゲームが本番!」とでも言うつもりでしょうか…

ガンダムと言うからにはHDDの容量を犠牲にすることを覚悟で毎週録画し、必ず一度は目を通しているんですが(2度見直す気になれない)
開始当初から気になっていたのが、色々なイベントの描写不足の数々です。
エミリーとの関係(ただの幼馴染以上に見えない)や、ユリンとのミンスリーでの再会(BGMに静止画?)
アセム編に入ってもMS大会を挿入歌で吹っ飛ばしたり、おそらく多くの人が感じたと思いますが
この6巻にも入ってる19話の
「あれっ?前回から1話抜けてる?」と思ってしまう、18話の卒業から時間が経過しての突然な軍の訓練シーン
まぁ学園編が「子供向け」へのテコ入れで決まったにしても
「なんでこの脚本家はこんな美味しいシーンを書かないんだろう?」と疑問に思っていたんです。
物語の内容を見ている限り、脚本家に書く能力や人とのコミュニケーション能力が欠如してるのは明白ですが
それでも上に書いたようなシーンがキャラクターや物語に深みを持たせるのに重要である事が理解できてない訳がないんですよね。
...続きを読む ›
4 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す