機動戦士ガンダムAGE 07 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 jyunnaikumi
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ケース:細かな擦れ、汚れはありますが、良好な状態です。★ディスク:良好な状態です。★送料無料・返金保証付【Amazon倉庫より安心・安全発送!365日・年中無休で発送します】お急ぎ便、各種お支払方法(クレジットカード・コンビニ決済・代金引換)もご利用いただけます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: JSGKT
カートに入れる
¥ 3,621
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダムAGE 07 [DVD]

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,684 (32%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、▂▃玉風堂▃▂ CD&DVD&ホビー専門店 全品送料無料が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダムAGE 07 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダムAGE 08 [DVD]
総額: ¥6,100
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 江口拓也, 神谷浩史, 花澤香菜
  • 監督: 山口晋
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2012/08/24
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0084A4W9S
  • JAN: 4934569642998
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 150,164位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

新たな歴史が受け継がれる…
ガンダム史上初、三世代に亘る壮大なドラマを描く最新作がDVDで登場! !


三つの運命が 歴史になる――


◎仕様◎
【毎回封入特典】
特製解説書「AGE-FILE」(8P)
【他、仕様】
ジャケットイラストはキャラクターデザイン千葉道徳、チーフメカアニメーター大塚 健新規描き下ろし

◎内容◎
【4話収録】
■第23話「疑惑のコロニー」
工業コロニー『ソロンシティ』の企業、テクノソロンは、ヴェイガンに協力している可能性があった。
テクノソロンの工場ではヴェイガンのモビルスーツの一部を製造している疑惑があるのだ。フリット達はその確証をつかむべく、テクノソロンへの
潜入作戦を決行する。アセムは、民間人に危険が及ぶ作戦の内容に疑問を抱き、フリットに意見するが、フリットは聞く耳を持たず。そんな父に
反発してアセムは、ディーヴァを飛び出してしまう。
■第24話「Xラウンダー」
25年ぶりの再会を果たしたフリットとグルーデック。そこでグルーデックは、ヴェイガンへの内通者が連邦軍の中にいることを語る。
一方、拘束室から解放されたアセムは、気晴らしにソロンシティの繁華街へと出かけていた。仲良く遊ぶ若者たちを見て、学生時代の楽しかった
ころを思い出してしまうアセム。そんな時、アセムの前に、ゼハートが現れる。アセムを戦いから引き離そうとするゼハート。しかし、自分には戦い
しかないと言い張るアセム。二人はそれぞれの思いをぶつけ合うが…。
■第25話「恐怖のミューセル」
フリット達は、破壊したヴェイガンのMSから、資質のない者であってもXラウンダーと同様の力を引き出せる装置『ミューセル』を発見する。
ミューセルを分析しヴェイガンの技術力に驚くディーヴァ隊。しかし、ミューセルは使用者の脳に大きな負担をかけるものだった。一方、ヴェイガンの
首領、イゼルカントはゼハートに新たな侵攻作戦を指示した。そんな中、Xラウンダー部隊の攻撃に対しアセムはミューセルを装備して出撃してしまう。
■第26話「地球 それはエデン」
ヴェイガンは、ついに地球への本格的な侵攻作戦を開始する。移動要塞ダウネスを用い、地球に最も近いコロニー『ノートラム』に攻撃をしかけてきた
のだ。対する連邦軍艦隊は、最新鋭兵器『フォトンリング・レイ』で、それを迎え撃つ。壮絶な戦闘が続く中、アセムとウルフの前に現れた、ゼハートと
デシル。今、地球軌道を目前にして、大きな悲劇が起きようとしていた。

◎キャスト◎
アセム・アスノ:江口拓也/ゼハート・ガレット:神谷浩史/ロマリー・ストーン:花澤香菜/フリット・アスノ:井上和彦/ウルフ・エニアクル:小野大輔
ミレース・アロイ:嶋村 侑/アリーサ・ガンヘイル:小清水亜美/エミリー・アスノ:遠藤 綾/ユノア・アスノ:大亀あすか/フェザール・イゼルカント:大友龍三郎
メデル・ザント:稲葉 実/フロイ・オルフェノア:石井康嗣/ナレーション:井上和彦 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ガンダム史上初、3世代にわたる壮大なドラマを描いたSFアニメ第7巻。テクノソロンへの潜入作戦を決行するフリットたち。アセムは民間人に危険が及ぶと意見を述べるが、フリットは聞く耳を持とうとしない。第23話「疑惑のコロニー」から26話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

アニメだけでなく、創作物にはその作品の世界観というものの構築が欠かせません
巨人の星で魔球が出て来て文句をいう人はいませんし、
ベルサイユのバラで男装の麗人が軍人をしていて文句を言う人はいません
ヤマトで、宇宙空間なのに煙が艦橋方向に上がっても失笑で済ませてくれますよね……
例示が古くて申し訳ないのですが、世界観が構築出来ているというのはそういうものなのです
星くんが苦労の末、魔球を身につけるから視聴者は受け入れてくれますし
オスカルの父上が男として育て、いろいろありながらもアントワネットの信頼を得て、軍人を続けます
(そしてその後、王宮の外に出されて、その部分でのドラマもきちんと成立しますしね。丁寧にやってますから)
ヤマトに至っては第二次世界大戦で沈んだ大和が宇宙戦艦になって空を飛ぶという荒唐無稽さですから、失笑で済むのです

……でもね、この作品は違うんです
全てが唐突なんです
どうしてウルフさんがルパン三世みたいなアクションが出来るのか
ミューセルみたいな超機密を持ち出して、あれだけで済むのか
戦術性なんて欠片もないのに、どうして連邦軍の軍人は戦術として受け入れ、その指示を出しているフリットが出世しているのか(つまり無能ですわ)
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ブルーレイ版からの追記ですが、残り30年どうすんのてことで書きましたが、来月どうやらキオが、敵につかまりイゼルカンドだたけのところへ連れて行かれて、ヴェイガンだたけの内情を見せられるとゆう内容だということですが、たしか移動に冷凍睡眠までしなければならない距離なのにどうすんのとゆう悩みが出ませんか?
でも残り30年の疑問が解けました、帰ってきたとき30年経ってるんだなとそして話はクロスOンみたいになるんだなと。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ガンダムAGE-1をベースに開発された量産型モビルスーツ、アデル。ファーストガンダムで言えばジムに相当する機体だ。

 アデルがジムと比べて“進化”しているのは、ガンダムの換装機能を省略しないで量産化されたという点である。こう書いていて思い出すのは、本放送をリアルタイムで視聴していた当時は、ジムからガンダムの換装も可能だと勘違いしていたこと。つまり、全てのジムにはコアファイターが入っていると思い込んでいたのだ。(本放送中に発売されていた『アニメック』や『OUT』には、ジムがコアブロックシステムを採用していない旨は掲載されていなかったように思う)

 だから、こんなシーンを想像していた。
 宇宙空間での戦闘時、Aパーツにダメージを受けたジムとBパーツにダメージを受けたジムが、それぞれダメージを受けたパーツをパージした上で“宇宙空間換装”モードに入り、1機のジムと1機のコアファイターへと再構成されるシーン。
 あるいは、ジムを複数機搭載した“ホワイトベース2番艦”の中で、同様の換装が行われるシーン。

 実際の放送では、コアブロックシステムを持たないジムにそういった描写はなかった。
 しかし、アデルはノーマルタイプに加え、タイタス装備やスパロー装備に換装して出撃するシーンが実際の放送で描写された
...続きを読む ›
9 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す