機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン6 [DVD... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆商品をご覧いただきありがとうございます☆盤面には再生に問題ないレベルのキズが見られます。■中古品のためジャケットやライナー、ケース等にキズや汚れがある場合もございますので予めご了承下さい。■OPP袋に梱包した状態でお届け致します。■帯なし■※ハガキ・チラシ・応募券などは、原則付属しておりません。■
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,485
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン6 [DVD]

5つ星のうち 2.6 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 4,200 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,280 (35%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Leadwayが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,200より 中古品の出品:7¥ 1,697より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン6 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン7 <最終巻> [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン5 [DVD]
総額: ¥12,407
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 宮野真守, 三木眞一郎, 吉野裕行, 神谷浩史
  • 監督: 水島精二
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00264779U
  • JAN: 4934569634382
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,526位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

刹那、新たなるステージへ!
話題のセカンドシーズン、DVD第6巻リリース!!
想いが交錯し、混沌とする世界。
負の連鎖を断ち切るため、刹那が覚醒する―

毎回封入特典
ライナーノート(8ページ)
※人気イラストレーターによる描き下ろしイラスト、キャスト&スタッフコメントなど企画満載!

毎回映像特典
1.次巻予告PV「戦術予報」
2.#20オーディオコメンタリー(宮野真守、三木眞一郎)

【4話収録】
■#19「イノベイターの影」

■#20「アニュー・リターン」

■#21「革新の扉」

■#22「未来のために」

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「ガンダム」シリーズ、最新TVアニメの第2シーズン第6巻。戦況が悪化する中、沙慈はルイスの機体を探す。刹那はヒリングとの交戦中、ツインドライブの力を解放するが…。第19話「イノベイターの影」から第22話「未来のために」を収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

イオリアのシステムは「真に人と人が分かり合える世界」であったはずなのに、一番分かり合わなければいけなかったイノベイドやアロウズ、戦争屋のサーシェスといった人達とは分かり合わないで、何が人々との対話なんですか?CBが幾ら戦争根絶のために都合の悪いものを排除し続けても、最後は自分自身(CB)が排除される側になっていたという事は前作の戦いでも学んだはずですが…。結局、分かり合えてたのは都合の良い身内の人達だけ。それ以外は劇場版まで保留、では正直たまったものではありません。自分達がしてきた事は棚に上げて、(それがイオリア計画だったとしても)今更「分かり合う」とか、一体何を言っているだ?と思いました。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
好き嫌いの分かれるライルとアニューの恋愛回ですね。味方が20回も襲撃されて危険にさらされる中、それがアニューが原因と気付きながら自身の恋愛を優先して見て見ぬふりをしたライル。あげくラッセがアニューに撃たれて重症を負ったのに、自分の悲しみに浸るばかりで一言の侘びの言葉さえ無いライル。 アニューはリボンズに操られていたから悪くない!という意見もあるようですが、ラッセを撃った時もマリーをできそこないとあざけった時も操られてはいませんでした。結局この2人がわかりあっていたとしてもそれはお互いだけの事で、他の人間のことも他のイノベイターの事も何もわかっちゃいなかった。 せめてこの二人がもう少し回りを思いやるタイプだったら、この作品のテーマである「わかりあう」に則した恋愛話になった気がします。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最終話にむけて戦闘シーンは本当に素晴らしいと思います。
が、個人的に2期はあまりに取ってつけたような恋愛優先描写が多すぎて、その辺りはあまり感動できませんでした。(1期の時が皆無に近かったので余計気になっただけかもですが)

1期の頃は後半にメンバーがまとまって、離別もあってと盛り上がったので、2期のメンバー内の「自分のことしか考えていない恋愛」があった(ように見えた)のが申し訳ないけどかなり白けました。
世界がどうなろうと(仲間が犠牲になっても)恋愛を取る!的なのが好きな方にはお勧めかもしれませんね。
私個人としては、敵味方関係なく、自分の意思で世界を変えようと頑張っている人達に(やり方が間違っているとしても)感情移入できましたし感動もしたので恋愛よりもそっちの方をメインでみたかったなぁ・・・。と思いました。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3巻表紙が中身とあってなくて違和感を感じた方も多いみたいですが、この巻にライルとアニューの表紙を持って来た方が良かったんじゃないかと思います。
その方がライアニュに共感を覚える人も喜ぶと思います。
逆に私としてはこの巻にもし共感できるキャラクターがジャケットにきたら、しぶしぶ買わざるを得なくて、内容と表紙は本当にそろえて欲しいです。
00の作品自体は好きなのですが、ライアニュの自分のことしか考えてない恋愛が視聴していて気分のいいものではなかったので、星を減らしました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ライルはアニューではなく、刹那やティエリア達ともっと会話するべきだったと思います。
いきなり4ヶ月経過しました。その間にライルとアニューベッドインする仲になりました
酷いってもんじゃないです。あと毎回毎回スメラギさんの顔アップはきついです。
裸空間に関しては何も言うことはありません。

最後に一言、トレミークルーの会話が特定の人物としか喋りません。それもキャラが喋っているのではなく脚本に無理やり言わされているような機械的な片言
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何も、ライルとアニューが唐突に恋愛したように見えることだけが悪いんじゃないんですよね。
2人の恋愛とライルの自分本位なマズい立ち回りのせいで、トレミーにとって痛恨の事件を引き起こしたことは事実です。
しかし、それもアニメ的イベントの一つですから、そのこと自体を非難しているわけではないんです。

では、何が問題かというと、とにかく、ライルというキャラクターの造形不足(造形ミス)にある思います。
いくら先代ロックオンストラトスの双子の弟だといっても、彼らは別の人間で別の歴史を持っています。
やっぱり、ライルが戦いに身を投じるに至った理由や、トレミー内での彼の心境がいかなるものだったかなど、「ライル」に関しての最低限の説明が欲しかったです。
それらがあと少しでも描写されていれば、たとえ恋愛過程を端折っていても、共感は普通に得られたはずです。
ガンダムマイスターとしてCBに足を踏み入れたキャラクターである以上、恋愛させるならそれなりの説得力を視聴者は求めるでしょう。
ライルとニールの性格の違いを見せる細かい芸は上手く出していた分、残念です。

もう一つは、「わかりあえてたよね」
ある意味、このセリフが全てをぶち壊したといっても過言ではないような。
ツッコミどころ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す