機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン5 [Blu... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 プラムストア
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【通常配送無料】【国内正規品】使用感が少なく、状態は良いです。(レンタル落ちではありません。)Amazonより迅速に発送致します。また、Amazon専用在庫の為、品切れはありませんのでご安心下さい。 安心してお求め頂けると思いますが、もし実際の商品の状態に問題があった場合は返金対応させて頂きます。宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン5 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,560
価格: ¥ 5,848 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,712 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,605より 中古品の出品:11¥ 2,648より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン5 [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン6 [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 7  <最終巻> [Blu-ray]
総額: ¥16,048
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 宮野真守, 三木眞一郎, 吉野裕行, 神谷浩史
  • 監督: 水島精二
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/06/26
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001V4HOC6
  • JAN: 4934569351333
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,565位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

毎回封入特典 ライナーノート(8ページ)
※人気イラストレーターによる描き下ろしイラスト、キャスト&スタッフコメントなど企画満載!

毎回映像特典 ■第2期ノンテロップOP&ED
■次巻予告PV「戦術予報」
■#17オーディオコメンタリー(出演:吉野裕行、小笠原亜里沙、石塚運昇、白鳥 哲)

カタロンの蛮行に、連邦軍の有志が立ち上がる!
話題のセカンドシーズン、Blu-ray Disc第5巻リリース!!
行き過ぎた蛮行が、連邦内部に亀裂を生む。
募る疑問は、新たな惨事へと収束していき・・・。

【4話収録】
■#15「反抗の凱歌」
カタロンの補給を受け、修理をしながら巡航するプトレマイオス。連邦の包囲網を抜けるために、ダブルオーの戦力は必須だったが、刹那はいまだ帰艦せずにいた。 防戦一方のプトレマイオスだったが、そこに連邦内部でのクーデター勃発の情報が入ってくる。
■#16「悲劇への序章」
アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待ち構えていたのは、新たな機体を携え再び姿を現したミスター・ブシドーだった。
■#17「散りゆく光の中で」
状況が逼迫する中、修理が不完全なまま現状を打開できずにいたプトレマイオス。そんな中、負傷した刹那は、今なすべきことをなすために、傷を負った体で立ち上がる。そして刹那は沙慈にある言葉をかける。
■#18「交錯する想い」
軌道エレベーターの崩壊「ブレイク・ピラー」事件より4か月。沈黙していたソレスタルビーイングが活動を再開したという報告がホーマーたちのもとに届けられた。一方、連邦がアロウズの傘下に下ったことを懸念するプトレマイオスクルーに、今こそヴェーダを取り戻す作戦を決行すべきと進言するティエリア。そのためにイノベイター捕獲を主眼とした作戦をスメラギは立案する。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「ガンダム」シリーズ、最新TVアニメの第2シーズン第5巻。カタロンの補給を受け、防戦するプトレマイオスだったが、そこに連邦内部でのクーデター勃発の情報が入り…。第15話「反戦の凱歌」から第18話「交錯する想い」を収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボブ 投稿日 2009/3/14
この巻にはセカンドシーズンの神回だと思われるCB、アロウズ、正規軍といった面々が協力する回が入っています。
普通に敵対していた人達が協力するというのはベタですがかなり熱のに加えて、戦闘シーンがかなりいい上に軌道エレベーターが壊れるシーンはかなり見応えがあります。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
特に17話はHD制作で作った甲斐がある!と制作陣も納得しているのではないでしょうか?
それだけ凄い回でした。古谷徹さんもうなった程だとも見ました。

…しかし、セカンドシーズンのピークはここかと私は思っています。
明らかにこの回以降、映画化の影響なのか違和感を禁じえない展開になってきます(あくまで私の主観ですが)
また、この辺りから明らかに「ガンダムシリーズ」を意識した展開にもなってきたような気がします。
この部分をどう思うのかで、「00」という作品の評価が決まると思います。

私は設定や今までのガンダムに無かった感じが好きだったので(それが「00」の特徴、個性だと思ってたので)ちょっと残念な気持ちがありました。

長々と書きましたが、この巻に収録されている話はとても好きな回ですのでオススメです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 haya VINE メンバー 投稿日 2009/7/10
 内容についてのレビューはDVDの方で書いたので、こちらはBDだからこその売りについて。
 やはり画像が綺麗です。軌道エレベーターの崩壊でかなりの量の粉塵が舞うわけですが、画質の向上によりそういった細かいものが更によく見えるようになっています。
 登場するモビルスーツの数も相当多く、それぞれがしっかりと動いているため、BDで見る価値があるものと言えるのではないでしょうか。

 それと、DVDとBDで全く同じ内容のレビューを投稿して評価を下げようとしている人がいるのはどうかと思われます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
(総合6.25/10点)

#15「反抗の凱歌」★★☆☆☆4/10点
 傷ついた仲間を助け、友に感謝する優しさをさりげなく描く姿に
 安心感を覚えます。アローズの内紛勃発に目が行きがちですが
 個人的には敵さん同様足元をすくわれる気がしてなりません。
 新EDで描かれるその後にもご注目。

#16「悲劇の序章」★★★★☆7/10点
 平和に対する考えの相違、「公式発表=真実」「軍隊=正義」という思い込み。
 捉え方次第で否応無く曲解される真実の揺らぎと、想像することを忘れた
 日常のぬるま湯に浸る人々の甘さを強烈に印象付ける生々しい秀作です。
 前期#04のような巧妙さも見事でした。

#17「散りゆく光の中で」★★★★★9/10点
 空から無数に舞い落ちる恐怖の前に、敵も派閥も関係無く
 無我夢中全力で挑む圧倒的な迫力に言葉がありません。
 原因を知ろうとせず、目の前の思い込みで暴挙に走る
 人の弱さ、甘さを多数の人物を絡めて描く展開にも隙が無く、
 こちらの予想を遥かに上回る悲劇の連鎖に感心するばかりです。

#18「交錯する想い」★★★☆☆5/10点
 4ヶ月
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す