機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [Bl... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品は全て揃っています。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,780
通常配送無料 詳細
発売元: トリプルハート
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,560
価格: ¥ 5,785 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,775 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,948より 中古品の出品:11¥ 1,222より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン5 [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [Blu-ray]
総額: ¥15,272
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 宮野真守, 三木眞一郎, 吉野裕行, 神谷浩史
  • 監督: 水島精二
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/05/26
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001QSW9EU
  • JAN: 4934569351326
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,537位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

連邦の秘密兵器に対し、ダブルオーは新装備で立ち向かう!
話題のセカンドシーズン、Blu-ray Disc第4巻リリース!!
連邦の大いなる力に、新装備で挑むダブルオー。
その能力は、戦いを新たな次元へと導く―
毎回封入特典 ライナーノート(8ページ)
※人気イラストレーターによる描き下ろしイラスト、キャスト&スタッフコメントなど企画満載!

毎回映像特典 ■次巻予告PV「戦術予報」
■オーディオコメンタリー(対象話数、出演未定)
【4話収録】
■#11「ダブルオーの声」
イアン達の手により、ダブルオーの支援機オーライザーの調整が進む中、更なるアロウズの新兵器が稼動する。そのすさまじい威力にアロウズ、そしてリボンズは笑みを浮かべる。彼らのやり方に激しい憤りを覚えたティエリアは、ついにイノベイターの存在をソレスタルビーイングのクルーに明かすのだった。
■#12「宇宙で待ってる」
アロウズの強襲にあい、急ぎ脱出を図るプトレマイオス。だがカティの戦略と新型のMSに苦戦を強いられるマイスターたち。そんな中、ダブルオーのツインドライヴが真の能力を発揮する。
■#13「メメントモリ攻略戦」
衛星兵器【メメントモリ】へ攻撃を仕掛けるカタロンの宇宙艦隊に、なおもアロウズMS部隊が迫る。そして刹那に接近していくヒリングのMS。しかしそれは、囮役である刹那の誘導だった。
■#14「歌が聴こえる」

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「ガンダム」シリーズ、最新TVアニメの第2シーズン第4巻。オーライザーの調整が進む中、アロウズの新兵器が稼動する。彼らのやり方に激しい憤りを覚えたティエリアは…。第11話「ダブルオーの声」から第14話「歌が聴こえる」を収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 あららあ VINE メンバー 投稿日 2009/1/30
衛星兵器メメントモリへ攻撃を仕掛けるカタロンの宇宙艦隊に、なおもアロウズMS部隊が迫る。そして刹那に接近していくヒリングのMS。しかしそれは、囮役である刹那の誘導だった。セカンドシーズン前半の山場である「メメントモリ攻防戦」。このメメントモリという聴きなれない言葉の意味はラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを 忘れるな」という意味の警句なのだそうだ。つまりアロウズによる恫喝を象徴する兵器として、そして一方で13話のラストで子供たちに、次の時代に残してはならない力だと諭しています。それは、死んでなお、現世の富も名誉に固執出来ないという暗喩もこめて、かつて古代のバビロンの雷と語られた一説、地球を取り巻くオービタル・リングは天使の環。アロウズの大いなる傲慢、そして神の鉄槌だと言わんばかりの衛星兵器メメントモリ。けして許してはならない兵器なのだ。
だから、最大の力をつくしてマイスターたちは撃滅をかける。

「その再生を破壊する」

セカンドシーズンのキャッチコピーの通り、強引で狡猾な統合による統一世界を打ち砕くのが
刹那たちソレスタル・ビーイングなのかも知れません。そうだと言い切れないのは、イノベイターやイオリア・シュヘンベルグの真の目的が未だ見えていないからにほかなりません。

リボンズが来るべき対話と語
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんかいろいろ言われてますが、個人的に結構おもしろいと思ってます。っていうかファースト以降のすべてのガンダムがいろんな理由で叩かれてるから仕方ないですね。
この巻ではメメントモリとの決戦が入っていて結構熱いです。戦闘シーンも今のアニメーションの技術が詰め込まれていてかなりいいです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
■#11「ダブルオーの声」
■#12「宇宙で待ってる」
■#13「メメントモリ攻略戦」
■#14「歌が聴こえる」

が収録。ここではティエリアとイノベイターのリボンズの関係の決着、そして進む道、一方の経済特区メンバーであるサジとルイスの悲劇的な再会と、色々と人間関係も複雑になってくるお話しが満載ですね。しかし、何よりも驚きなのは刹那はリボンズを見るのは初めてだが、リボンヌは少年兵時代の刹那を知っていたのだ!!刹那にもピンチが迫ってきております!!

一方のマリナは、子供達と「tomorrow」を14話で歌います。マリナ役の恒松あゆみさん、かなり優秀っす!!
14話からOP主題歌がステレオポニーの泪のムコウに変わります。
にしてもイノベイターメンバーの名前の由来だけど、何かFFシリーズ系のRPGの魔法で言う回復系、支配系から来てるな・・・。

ブルーレイで見たい人はどうぞ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今巻は、OOライザーの初陣やメメントモリ攻略戦、マリナ様の(実は)かなり奇麗な歌声が披露される回等、必見の話は多々ありますが、個人的に一番良かったのは宮野さん、藤原さん、恒松さんに依るオーディオコメンタリー♪ のっけから藤原さんが飛ばしててかなり笑えます。

他のコメンタリでは、前の巻で話していたポイントをまた延々話してたりしてゲンナリすること等ありますが、やっぱり声優さんに依るコメンタリなので、楽しいものを期待しています。
中でも1st5巻・2nd1巻とこの巻のコメンタリは、その期待に沿うものだったと思います。

P.S.#13は確かにアツい回ですが、ビーム照射をかわした時に(言わない方が良いのに)ボソッと「・・トランザム」とか、「その名の通り〜〜ぜっ」等、アツい展開にさせてるつもりが、見てる側は逆に冷めるみたいなところもあり、イマイチでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す