機動戦士ガンダム ZZ Part-1 ― メモリア... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 11,326
通常配送無料 詳細
発売元: 天游堂
カートに入れる
¥ 12,474
通常配送無料 詳細
発売元: take off
カートに入れる
¥ 12,600
通常配送無料 詳細
発売元: ◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム ZZ Part-1 ― メモリアルボックス版 [DVD]

5つ星のうち 3.7 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 25,200
価格: ¥ 11,280 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 13,920 (55%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、KENT1が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム ZZ Part-1 ― メモリアルボックス版 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム ZZ Part-2 ― メモリアルボックス版 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム ZZ Part-3 ― メモリアルボックス版 [DVD]
総額: ¥44,560
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 矢尾一樹, 原えりこ, 菊池正美, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/11/23
  • 時間: 388 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005Y104
  • JAN: 4934569900456
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,694位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【16話収録】
第1話「プレリュードZZ」/第2話「シャングリラの少年」
第3話「エンドラの騎士」/第4話「熱血のマシュマー」
第5話「ジュドーの決意」/第6話「ズサの脅威」
第7話「ガザの嵐」/第8話「鎮魂の鐘は二度鳴る」
第9話「宇宙のジュドー」/第10話「さよならファ」
第11話「始動!ダブル・ゼータ」/第12話「リィナが消えた」
第13話「妹よ!」/第14話「幻のコロニー(前)」
第15話「幻のコロニー(後)」/第16話「アーガマの白兵戦」

グリプス戦役が終焉を迎えた宇宙世紀0088年。平和を取り戻したかに見えた宇宙は、ザビ家再興を目論むハマーン率いるアクシズ軍によって、再び戦場と化そうとしていた。
激戦で傷ついたエゥーゴの主艦アーガマはサイド1のコロニー“シャングリラ”に降り立つ。そこにはジュドーをはじめ、ジャンク屋稼業で生計を立てている少年達が住んでいた。アーガマが寄港したとの情報を聞きつけたジュドーは、大金獲得の為にZガンダムを盗み出そうとするのだが・・・。

※この商品は、「機動戦士ガンダムZZ」1~4(BCBA-1180~1183)のセット販売です。

Amazonレビュー

   ロボットアニメというジャンルに革命を起こした、今なお人気の衰えないアニメーション「機動戦士ガンダム」。1979~80年のファーストシリーズから5年を経て放送された続編「機動戦士Zガンダム」の後を受け、その直後から始まるシリーズ第3作。
   エゥーゴ、ティターンズ、そしてアクシズによる三つ巴の戦争状態がとりあえず一段落し、傷ついたアーガマは休息のためにシャングリラコロニーへ。戦争による不況の嵐が吹き荒れるそこで、生きるためにスクラップ拾いをしている少年ジュドーらがZガンダムを盗むためにアーガマに接触をはかることから新たな物語が展開。これまでとうってかわってコメディタッチの展開と、より強行な手段をとるハマーン率いるアクシズとの戦いを中心とした、より密度の濃い作品となっている。(田中 元)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 何だかんだと評価の分かれる作品ですが、リアルタイムで観ていた私にとっては、とても大好きな作品です。
 
 初代ガンダムの頃は小学生低学年で、作品の世界観(ニュータイプが登場する必然性とか)をはっきり意識していたとは言えず、どちらかと言えば個性的なキャラクターやモビルスーツに惹かれて観ていた気がします。

 で、その続編が作られると期待して観ていたZはどんどん話が重くなっていき、人物関係とかがやたらと複雑で、当時はアニメ雑誌で予習復習をしなければ、理解できない作品と放送が進むにつれて評価が下がっていった作品でした。当時はアニメ冬の時代と言われていた頃(新作アニメの制作本数がやたら少なかった)で、あのガンダムの続編ということで、アニメ雑誌で過剰に期待されていた部分も可哀相だったかなと思います。

 その反省から作られたZZは、とても同じ世界とは思えないほどにハチャメチャに明るくて、放映当初はZから継続して観ている者にとっては違和感がありましたが、3話、4話と観ていくうちにジュドーたち登場人物の前向きな生き方にすごく共感して、毎週放送を楽しみにしていました。
 前半と後半では同じ作品とは思えない展開となっていきますが、それも主人公たちが戦争という現実と向き合いながら成長していく物語ととらえれば、すんなりと最後まで見届
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ここは本来は作品の評価なのでしょうが、ファンとしてどうしても言っておきたい。
ガンダムⅠⅡⅢ劇場版の訳のわからない再アフレコ販売、ZガンダムのBOX再販、0083のBOX販売(来年、既に単品として発売中)、そしてZZのBOX再販。この会社はファンを何だと思っているのか。
ZZはBOXと単品が同時発売だったかどうかは覚えていないが、単品で買うよりは多少無理はしてでもBOXで今のうち買っておこうと思って買ったファンはいるはず。
惜しくもBOXで買えなかったファンも、BOXは初回だけだしもう仕方ないからと単品を買った人もいるはず。
そういうファンにどういう説明をするつもりなのか。
ZのBOX再販の時もそうだが、アンコールプレスというのなら一体どれだけのファンからの要望があったのか是非示してほしい、そう今回のZZの再販に関しても。
「初回限定」版という言葉はこの会社にとっては全く意味のないもののようです。
買えればそれでいいと思うファンもいるでしょうし、販売元の関係者にはこんな批判レビュー・・と思われるでしょうが、普通は待ちに待ったDVD化やその販売はほとんどファンに喜ばれるもので、それが今のやり方は全く裏目に出ていると思わないのでしょうか。
こんな販売方法がまかり通ればこの先もさらに続くでしょう。いえこの会社
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ZZは“子供の視点から見た戦争”となっています。
テーマは“大人の醜さ”です。
(あくまで私の感じたテーマですが)

なお、同じ“子供の視点から見た戦争”である、0080とは若干違います。
主人公の“戦争は自分には関係ないもの”という考えはどちらも共通ですが。

0080は、戦争はカッコいい、沢山のカッコいい兵器やMSが魅力的、と思っている主人公の物語です。

ZZは、戦争は自分達には一切関係ない、大人達がやるもの、と思っている主人公の物語。

主人公達は戦争は自分達には関係ないと思っている。戦争は大人達がやるものだと。
だからやれと言われても、軽々しい態度をとったり、いつも不真面目。
だから唯一の正規パイロットであるルーと衝突する。ルーは与えられた命令を遂行する事が大切だと理解しているから、いつも不真面目なジュドー達が許せない。

……と、序盤の展開はこんな感じです。
戦争は自分達とは関係ないと思っている、子供達の心情や行動がとてもよく描かれていると思います。

この作品を批判している人は、それがまるで判っていない。
お気に入りの作品なだけに、気に入ってほしいなと切に思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
“Z”のBOXも再販になったので薄々こちらも近いうちに再販になると思っていたが…宇宙世紀0087”メールシュトローム作戦後「ティターンズ」の主要部隊をコロニーレーザーで壊滅させた「エゥーゴ」の旗艦「アーガマ」はいわゆるグリプス戦役の終結に伴い、その傷ついた艦体の修理とエースパイロット「カミーュ・ビダン」の治療のため「サイド1」のコロニーの1基「シャングリラ」へと向かっていた…一方「シャングリラ」で“生活のために”友人とジャンク屋をしている「ジュドー・アーシタ」は「アーガマ」入港の報を聞き「Zガンダム」の奪取を試みるが…というのが宇宙世紀ガンダム3部作のトリを勤めるZZの本当の“プレリュード”部分。こうして自分で書き出していってみるとなんとなくかっこよく感じるのだが実際はもっとお気楽な描かれ方(ノーテンキとも言う)である。それもそのはず前作のダークサイドを打ち消すような話の作り方でOPの「アニメじゃない」というタイトルは今や伝説である(笑)しかしながら「初回限定生産」イコール「まったく信用できない(笑)」という図式が成り立つのは…まずいっすよね
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す