Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 626
ポイント : 63pt (10%)
このタイトルは、2017/3/25に、Kindleに自動配信されます。

Kindle または他の端末に配信

[安彦 良和]の機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)<機動戦士ガンダム THE ORIGIN> (角川コミックス・エース)
Kindle App Ad

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)<機動戦士ガンダム THE ORIGIN> (角川コミックス・エース) Kindle版

5つ星のうち 4.3 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 626
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 235

紙の本の長さ: 230ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

ジオンの捕虜となったセイラはアルテイシアを名乗りラル派の残党を糾合、ギレンを暗殺し全軍を掌握したキシリアに叛旗をひるがえす。一方ガンダムを失ったアムロはシャアのあとを追って要塞深部へ向かった。

出版社からのコメント

ジオンの捕虜となったセイラはアルテイシアを名乗りラル派の残党を糾合、ギレンを暗殺し全軍を掌握したキシリアに叛旗をひるがえす。一方ガンダムを失ったアムロはシャアのあとを追って要塞深部へ向かった。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 110914 KB
  • 紙の本の長さ: 235 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2017/3/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XFVH5KG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
この商品はまだ発売されていないので、レビューの対象ではありません。
表示されているレビューは、この商品の他の形式に対するものです。

トップカスタマーレビュー

投稿者 memento001 投稿日 2011/12/25
形式: コミック
最終巻はTV、映画版でお馴染みのアムロとシャアの肉弾戦、ア・バオア・クーからのそれぞれの脱出がメインに描かれています。

シャアがアムロを追いかけていく過程で、彼がかつての自分をアムロに重ね合わせる場面があるのだけど、彼にとってアムロとは、ザビ家の策謀によって運命を狂わされなければそうなっていたかもしれない自分自身だったのかも、ということを感じました。

復讐のために妹を捨て、友人を利用し殺し、仮面を着け名前を変え、仇の懐に入り込んで面従腹背をやるかつてのキャスバル・レム・ダイクンは、すでにして彼自身というより彼が憎んでいたザビ家に近い人間になっているわけで。「今の自分」を否定しないためにはアムロという「かつての自分」を殺さなくてはならなかったということ、彼を殺せないと知ったシャアが今までのことを無意味にしないためにキシリアを殺すと決めた(彼は個人的にはキシリアを認めていたのだろうけど)こと、そして本質的には同じ人間であるがゆえにララァがアムロとシャアのどちらも愛したことなど、すべて納得がいきました。

それにしても、シャアという人はいろいろな矛盾を抱え込んだ人間だったのだなぁ。ジオン・ダイクンの遺児であることは彼の誇りの拠り所であると同時に呪いでもあり、そもそもダイクンの思想や理想には共鳴しつつも父親としてのダイクンとい
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ずっと好きだった VINE メンバー 投稿日 2011/11/28
形式: コミック Amazonで購入
あの、『ガンダム』を世に送り出したオリジナルメンバーであり、最重要キーパーソンである
安彦良和氏本人によるファーストガンダムのコミカライズという奇跡から、はや10年。
ここに、堂々の完結です。まずはその事を深い感慨と共に氏に対して賞賛を送りたい思いです。

この最終巻では、相討つ形で倒れたガンダムとジオングからアムロとシャア、運命の肉弾戦がついに始まります。
ガンダムの主人公は確かにアムロですが、ジ・オリジンは一貫してシャアという一人の生き様を描いた物語という側面が強かった。
アムロと生身の身体を通して語られる、彼の積み重ねてきた復讐者としての年月や家族、ララァ、ニュータイプ、そして母への思い。
過去の劇場版とは違った演出で描かれるこの対決シーンは、あまりに強烈で哀しく、心に刺さる。
全てのファーストガンダムのファンに見届けて欲しい、二人のクライマックスです。

急速かつ純粋に覚醒したニュータイプ、アムロによって導かれるホワイトベースの仲間達。
はじめてガンダムを見たあの日以来、再び蘇る感動の脱出劇とラストシーンに鳥肌が立った。

掲載誌であるガンダムエースでは再び安彦氏による『その後』が連載されるようですが、
決して蛇足ではない、Zへ繋がる新たなガンダムの物語として期待しています。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初めて「機動戦士ガンダム」を見たのは中学生の時だった。部活が終わって、ダッシュで帰らないと間に合わず、毎週本当に楽しみにしていたものだった。安彦良和さんによる「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を読んであの頃の思い出が走馬灯のように蘇りつつ、更に深く掘り下げた物語に今もあの頃のようにワクワクさせられた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 虎乱 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/11/27
形式: コミック
 劇場版以外、機動戦士ガンダムという映像作品を見たことがありません。(基本物心ついた時、ZかZZから視聴しています)
 TV版も何とか視聴しようと思っていましたが、やはり時間の都合上中々見られないため、今回のTHEORIGINは機動戦士ガンダムという原点に触れる良い切っ掛けになりました。
 
 とりあえず、全巻総合的な感想は、今作は古くさい画と演出と思わせながら、真新しさを感じさせる作品だなと思いました。
 
 賛否が出てしまいますが、所々にあるギャグも結構良かったし、決して堅苦しいだけの作品にならなかったのはとても良かったかと思います。
 拍子抜けを感じた方もいるようですが、私は逆に見やすく感じました。
 最初の巻の方のブライトがアムロの扱いに手を焼いたり、少し持ち上げたり、悩んだりするのは年相応な長兄的で結構印象的です。(アニメだとひたすら真面目な堅物だっただけに)
 シャア(キャスバル)、セイラさんの過去の話とか結構好きだったな〜…シャア(本物)さんが不憫すぎだったけど。

 ニュータイプ能力も、後のガンダム作品と比較されたとき、パイロット敵性で比較されてしまうことが多いですが、
 この作品のテーマであり、根本にあるジオン・ダイクンのニュータイプ論「お互いに判りあい、
...続きを読む ›
2 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover