通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19) ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19) ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22) コミックス – 2009/6/26

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 605 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19)  ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22)
  • +
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20)  ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)
  • +
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (21) ひかる宇宙編・前 (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ソロモンでの死闘がついにはじまった。戦闘の裏で暗躍するキシリアの思いとは?新ガンダムのアムロはソロモンにどう挑むのか!?安彦良和がソロモンの激戦の真実を描く19巻ついに発売!


登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047152609
  • ISBN-13: 978-4047152601
  • 発売日: 2009/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TKY 投稿日 2009/6/26
形式: コミック
いよいよ一年戦争終盤の大一番、ソロモン会戦。
物語の大筋は原作通りですが、随所に安彦節が炸裂し、激戦の裏にある真実を描きます。
その一つ一つが良く出来ていて、まるで初めて知るストーリーのような錯覚を覚えました。
特に、戦場を駆け巡る戦士達の漢っぷりに、鳥肌ものです。

まず、「マグネットコーティング」のモスク・ハン博士。
前巻のシャリア・ブル同様、キャラ設定が大幅に変わっていて、ここでは野暮ったいけれど仕事に妥協のない、職人肌の技術士官として描かれています。
原作ではイマイチ釈然としなかった新技術について詳細に解説されたり、アニメではウマの合っていたはずのアムロと激論を交わすなど、ここは読んでいて楽しかったですね。

また、アムロも大きな成長?を遂げたのか、皆に「特別扱いされて良い気になって!」と言われ続けていた点に対し、少しも引かずに反論をします。
ここを読むと、アニメでは同調しづらかったアムロの主張にも一本筋が通っていて、納得。
ただ、セイラさんとの間に流れる微妙な空気は、今後の伏線にも思え、ちょっと気になります。

そして、ソロモンと言えば、やはりドズル。
アニメではその死に様に強烈な印象を残しましたが、ここではそこに至るまでの、戦場にお
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
リニューアルキャラクター、モスク・ハン博士の登場で、ガンダムを通じてのアムロの戦士、人間としての葛藤が浮き彫りとなり、話が大きく膨らんでいる。

アニメ放映時、この頃のアムロはいやに大人びたセリフ回しに違和感を感じてましたが、モスク・ハン博士やフラウ・ボウに感情を爆発させるアグレッシブなアムロに、逆に成長を感じました。

シャアとキシリアの密談、ザビ家各人の思惑、果てはルウム戦役での敗戦の雪辱を期す、ティアンム提督の猛将振りまで描かれ、ソロモン決戦の緊迫感が伝わってきます。
勿論ドズルの武人、家族人両面を描いた部分も再構成され味わい深い。ミライとスレッガーとのエピソードの描かれ方もアニメ同様いい。安彦氏の絵でここまで魅せられると再アニメ化も期待してしまいます。最終章へ向けスパートがかかって「THE ORIGIN」絶好調!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひひりき VINE メンバー 投稿日 2009/8/9
形式: コミック
ソロモン編の前編。

マグネットコーティングがあそこまでクローズアップされていたのはびっくりしました。
モスク・ハン大活躍といったところでしょうか。
話をプラスするには丁度良い題材ですね。

オッサン達がかっこいい。それに尽きます。

ドズル、モスクハン、そしてティアンム。
今回は若者すっこんでろ!といった印象の巻でした。
ランバラルの時といい、オッサンの描き方が秀逸です。

アムロたちの若さとの比較なのでしょうか。
戦争の主導権をしっかりと握っているのはやはり軍の中枢部の人たちなのだということを
改めて認識しました。ワッケインですらまだまだ若造扱いですしね。

ザクレロもカットされずにしっかり出てきた19巻。
☆5つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻でシャアに屈辱の敗北を喫したガンダムとアムロ。
アムロがガンダムに性能の限界を感じていた矢先の事件でした。
そこでガンダムは大改修を受ける事になります。
出撃できずにやさぐれるアムロ。
仲のいいはずのフラウにもつらく当たってしまいます。
そこに登場のモスク・ハン博士。
原作とは違い、2mを超える巨躯と、技術屋としての誇りを併せ持つ一角の人物として描かれています。
ソロモンでの苦戦を聞き、焦るアムロ。
ガンダムは無事改修を終えられるのか?
そして激戦地ソロモンに間に合うのか?!
さらに戦場の仇花となる運命のドズルの漢振り、
戦場に小さく咲いた恋の花、スレッガーとミライの運命・・・。
結末を知っているはずの物語なのに、どうしてこんなにも胸が締め付けられるのでしょう?
それはきっと、ガンダムに込められた様々な人の沢山の想いが、安彦先生の筆を通して結実しているからでしょう。
ソロモンは灼熱の光に包まれます。
それは覆せない「ガンダム」の運命なのです。
でも、ただ散らない、運命に懸命に抗おうとする儚くさえある想い。
それを本書で感じ取っていただければ・・・。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー