機動戦士ガンダム MSイグルー 2 重力戦線 2 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム MSイグルー 2 重力戦線 2 [DVD]

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,010 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,174 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 4,010より 中古品の出品:7¥ 1,099より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム MSイグルー 2 重力戦線 2 [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム MSイグルー 2 重力戦線 3 オデッサ、鉄の嵐! [DVD]
  • +
  • 機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て! [DVD]
総額: ¥11,419
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 磯部勉, 小西克幸, 大塚明夫, 東地宏樹, 井上喜久子
  • 監督: 今西隆志
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/01/23
  • 時間: 30 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001H1OZFM
  • JAN: 4934569633651
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 66,658位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

劇場クオリティへと昇華した大迫力3DCGで描かれる、待望の第2期シリーズ!
死神には死神を・・・

毎回封入特典 解説書

毎回映像特典 ノンテロップED
MS IGLOO2資料館(静止画)

【1話収録】
■第2話
U.C.0079.3月。
空に突如、無数の飛来物が舞い降りてきた。そして、飛来物から多くの戦闘用兵器が襲い掛かってきた。初めて目にする巨人「モビルスーツ」の前に地球連邦軍の抵抗は空しく、その勢力図はジオン公国地上制圧軍により、大きく塗り替えられていた。
劣勢のヨーロッパ戦線から、連邦軍反攻の口火となる「オデッサ作戦」までを地球連邦軍兵士の視点から描く『重力戦線』シリーズ、激動の第2話。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

重厚な人間ドラマと3DCGで人気を博した「MSイグルー」シリーズの第2シーズン第2巻。突如、空から無数の飛来物が舞い降り、多くの戦闘用兵器が襲い掛かってきた。初めて目にするモビルスーツの前に地球連邦軍はなす術もなく…。第2話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

今回の作品は戦術よりもドラマ性に重きを置いたものに思えます。

・61式の泥臭さと迫力のある戦闘シーン。
・ヤンデル中尉のホワイト・オーガーへの因縁。

など、見ていて熱くさせられるような描写がいくつも見られます。

また、ジオンのエルマー大尉が非常にいい味を出しています。顔こそ描かれませんが、表情が伺えるような台詞に心動かされます。連邦側の視点でも独りよがりな物語にならなかったのは、彼のおかげだったように思えます。

61式とザクがこれほどまでに格好良く見えたのは初めてでした。
宇宙世紀ガンダム好きの方には是非見ていただきたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
汗臭く泥臭い、とても男くさい特異なガンダムの世界、まさにマカロニウエスタンのノリでこれはこれで面白いが、ならばもっとアクションに徹してほしかった。変に感傷的な場面は必要なかった。それにしても本編では手抜きメカだった61式戦車がメルカバ戦車に似た造形で実にリアルになっていたのは面白い。ただ、ザクが戦車砲弾を軽々避けたりするのは実に変、まるでマトリックスの世界だ。また、現在でも主砲から発射できる対戦車誘導ミサイルが実用化されているのに、この世界の連邦軍は持っていないのか?また、155mmキャノン砲から発射されるAPFSDS弾の装甲貫徹能力は半端なものではないはずで、MSの装甲では歯が立たないはずだし。架空兵器が実在するかのようにリアルさを追求するならするで徹底してもらいたいものだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前回の第1話も迫力があり楽しめたのですが、今回第2話は予想を超えた迫力でした。また心理戦もあって充実してました。61式戦車もただ撃つだけでなく、色々な小細工をしかけて戦います。いいですよ〜!! 前回と違い名も無き一般兵もちょくちょく喋りますので主人公達だけで戦ってるんじゃないな という雰囲気がありました。この作品 前回も今回も微妙に有名なキャラクターの名前が出てきますね…それも楽しめる1つです。戦車兵が2人だからという理由で星1はヒドすぎる。最後に第1話であんなに死神が出てきてたのにいきなり控えめになってちょっと違和感がありましたね。でもオススメの作品です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ロボットアニメに真の男と呼べる者が少なくなって久しい昨今。
私はこういう男くさい男を待っていた。

スタイリッシュ?なんだそれは?
美形?マクベの壺か?いいもか?

男なら燃える魂、そして傷ついた心と身体と髭があればいい。
あとは目の前の敵に火力をぶつけるだけだ。

・・なんてことを書きたくなるいい感じです。
前作の不満不安をみごとに払拭してくれました。
例の死神様も登場しますが、その使い方はほどよく、邪魔にならないくらいに雰囲気を盛り上げてくれます。

初めからこういう風にするつもりだったのか前作の不満点を汲んでくれたのかは分かりませんが画面に繰り広げられるのはただ「男の戦い」です。
前作にあったような「なんか変」といった演出はほとんどないと思います。
相変わらず登場人物の演技はオーバーですが。

完成度が高いからこそ、こうしてほしかった。というのはあって、できれば主人公がもう少しニヒルというかクールというか、そんなかっこよさがあったら惚れてましたね。

あとエンディングはなぜ変えたのでしょうか?
別に嫌ではないですが、前回の歌は気に入っていたのでなんか違和感がありました。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OLFA トップ500レビュアー 投稿日 2009/1/29
 一作目は「歩兵+対MS重誘導弾」という誰が見ても「圧倒的に不利な装備」で
モビルスーツと対峙していましたが、今回はパワーバランスも「モビルスーツ一小隊を
相手に出来る火力」で戦闘している為、見ごたえは十分あります!
(一作目はあえて”フラストレーションが溜まるシチュエーション"を選択して
 二作目でそれを発散させる物語をぶつける!・・・という演出上の狙いかもしれません)

 話題の死神様も、今回は物語のテンポを悪くしない登場なので、許容範囲内でした。
       (死に魅入られた者への”平等さ”と言う点に於いて)
引き続き登場のコレマッタ少佐の方が「人間の内に潜むダークな部分」を漂わせていて、
余程ゾクリとさせてくれます。彼が今作で一番いいキャラではないかと。

 気になる部分も有りましたが、テンポが良く、良い内容に仕上がっていたと思います。
レイバン軍曹の「第三者的な視点とナレーション」が物語を分かりやすくしていましたし。
 
私は地球が舞台になると、どうも「実在する兵器」等と比べるクセが有る様で・・・・。
「ガンダムの外伝作品」  「ミノフスキー粒子の影響下」   「宇宙世紀という未来」
 等の元設定を頭に入れておけば、もっと楽しく観れるはずなのですが・・・大反省です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す