機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 8 (特... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 8 (特装限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 2.4 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 6,261 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,163 (26%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 5,853より 中古品の出品:3¥ 5,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 8 (特装限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 9 (特装限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 7 (特装限定版) [Blu-ray]
総額: ¥18,785
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 河西健吾, 細谷佳正, 梅原裕一郎, 内匠靖明, 村田太志
  • 監督: 長井龍雪
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2017/06/23
  • 時間: 74 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01LXOU73T
  • JAN: 4934569360854
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,490位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

長井龍雪監督による「ガンダム」シリーズの新作TVアニメ第2シーズン第8巻。鉄華団は起死回生の一撃を図るも阻止されてしまう。一方、マクギリスとガエリオの戦いも熾烈を極めていた。第46話から第48話を収録。原案集ほかを封入。

内容(「Oricon」データベースより)

地球への旅で世界の実情を知ったクーデリアが設立したアドモス商会が行う、ハーフメタル採掘場の視察。その護衛を依頼された鉄華団団長オルガ・イツカは、新たな敵の襲撃を察知する。三日月・オーガスは、オルガの指揮の下、敵撃退へと向かうが…。TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期を収録したBlu-ray第8巻。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ガンダムシリーズの終盤となれば大概は胸熱くなる激しいバトル、敵味方入り乱れ散る命、もはやどうしようもないほどの泥沼の戦場、これを最終決戦でどう締めくくるのか?定番ではありますが王道であり、これがあるからこそロボットアニメ、ひいてはガンダムシリーズはありきたりなストーリーとはいえ視聴者は手に汗をかいてまで画面に集中し、わざわざ日曜五時台いえどもリアルタイム視聴、それができなくても録画や見逃し配信などにより当日視聴を心掛け一週間後の放送に備え心の整理をつける...鉄血のオルフェンズ一期の頃はまさにそうであり、ラストバトルであるエドモントンの戦いに向かう終盤に置いてはたった1話いえども見逃せば確実に後悔する壮絶な展開でした。それこそが鉄血のオルフェンズの醍醐味だったのです...

この鉄血のオルフェンズ二期の第8巻においては、鉄華団は火星へ逃亡しオルガは暗殺される、それだけで説明完了です。一応色々と描写はあるのですが、正直中身が全くないスカスカの描写ばかりなうえにストーリーに全く関係ないので説明する意味がほとんどないのです。第46話から第48話まで渡り、よくこれほど中身のない脚本にOKが出たものだと驚愕させられるレベルです。

まず第46話にて第45話を盛大に滅茶苦茶にしたヤマギとシノの恋愛描写が追憶という形で再び放送時間ギリギリまで展開されます。
...続きを読む ›
8 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大学生 投稿日 2017/6/5
地球バック、正面にアリアンロッドに挟まれた鉄華団とかがどうやって離脱出来たんだよ。しかも航路全部バレしてるはずのタービンズの航路使ってさ。
正直、挿入歌以外特に評価できる展開はない、減点ポイントだけ。

だいたい、オルガの死に方もこれでまだましなのだから―――
纏めると

マクギリスとは何だったのか…ただの脳筋でした

オルガとは何だったのか…W主人公と見せかけてブライトよりもキャラが立たない無能なリーダー格の脇役でした

クーデリアとは何だったのか…ただのベンチャー起業の社長でした

ガエリオとは何だったのか…マクギリスに執着してるだけの貴族のボンボンでした。なお見方を再三にわたって巻き添えに撃墜している。どこが成長したって?なんも成長してねぇだろ

ハッシュとは何だったのか…死に様までモブでした

イオクとは何だったのか…脚本的に都合が良い不自然なほど無能なボンボンでした。なお、こういう馬鹿殿は太平の世であった江戸時代でもふつうに失脚させられます。

ジュリエッタとは何だったのか…弱点は胸のまな板だけの不死身の存在でした。大義が―

バエルとは何だったのか…剣がピカーするだけのMS
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんで最終巻でないにも関わらず特典にお疲れ様本が?
なんで主人公でもないキャラが2期では2回も表紙に?
なんで1期の表紙では全キャラの影が黒だったにも関わらず2期ではガエリオとジュリエッタの影だけは白い?

相変わらずガエリオ関連だけは徹底してますね。ここまでガンダムシリーズで顔も見たくない程嫌いになってしまったキャラクターはいません。
まだ岡田さんのテコ入れが入る前の1期の頃の彼は好きでしたよ。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
地球軌道上での戦いに敗れた鉄華団とマッキーが火星へ敗走する第46話、ラスタルへの降伏を蹴られた第47話、オルガ死亡の第48話を収録した、ブルーレイ二期第8巻です。

この中で最もよかったのは、第46話のヤマギとユージンの会話シーンです。非常に丁寧な心理描写で感心しました。(ですが最後まで終わってみれば、こんな脇役に時間を割くならなぜ主人公であるミカヅキやオルガをもっと丁寧に扱ってもらえなかったのかと残念でなりません。どう考えてもリソース配分で失敗しています。また、放送終了後に、このせっかくのいいシーンをぶち壊しにするコメントが制作側から飛び出したことも、ファンの心象を余計に悪化させたのは間違いないと思います。)

オルフェンズ1期1話からここまで全ての中で最もファンを怒らせ、あるいは失望させ、あるいは一周回って大爆笑させたのは、第48話ラストのオルガ死亡シーンです。ここまでのお話を脳から削除して、ここだけを切り取って見るならばたいへん感動的なシーンに見える(らしい)のですが、そんな器用なことができない私のような凡人にとっては、たいへん滑稽で、お粗末で、『狙っていないのに大成功してしまったギャグ』のように成り果てています。

また、オルガ、マッキーの無能化も言わずもがなですが、アトラがそれまでの健気な少女から何か得体の知れない化け物へ豹変してしまったのも今巻の大きな特徴と言えるでしょう。
1 コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す