機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,999
通常配送無料 詳細
発売元: 三世堂 豊田店 【365 日即日発送】【安心返金保証】商品説明をご覧ください。
カートに入れる
¥ 5,626
通常配送無料 詳細
発売元: 4-leaf clover
カートに入れる
¥ 5,626
通常配送無料 詳細
発売元: shop JuLion [土日・祝日365日迅速に発送致します!!]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,003 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,341 (32%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 春の大セール
50%OFF以上多数。対象商品はこちら。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV [Blu-ray]
  • +
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]
総額: ¥15,806
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 中村悠一, 木村良平, 行成とあ, 大原さやか, 平川大輔
  • 監督: 松尾衡
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語, フランス語, 中国語, 英語, 韓国語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2016/07/29
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01EHI4MOK
  • JAN: 4934569361219
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,779位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


※本商品にはメーカー特典「太田垣康男描き下ろし複製ミニ色紙」が付きません。

『機動戦士ガンダムUC』を手掛けたサンライズ第1スタジオが贈るシリーズ最新作!
有料配信中の全4話に新作カットを加えたディレクターズカット版をパッケージ化!
AJ8
ふたりは、殺し合う宿命…


◎仕様◎
【特典】
AJ8 特製ブックレット(16P)
【映像特典】
PV&CM集
【音声特典】 キャスト&スタッフオーディオコメンタリー 【他、仕様】
太田垣康男描き下ろしスリーブケース
描き下ろしインナージャケット


◎内容◎
【1話収録】
宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期、サイド4のスペースコロニー群、
ムーアはジオン軍の攻撃により破壊され、多くの住人が命を落とした。
破壊されたコロニーや、撃沈された戦艦の残骸が無数に漂う暗礁宙域では、
ぶつかり合い帯電したデブリによって絶えず稲妻が閃くようになり、いつしかそこは、
『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。
ムーア市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊、ムーア同胞団は、
故郷であったサンダーボルト宙域の奪還を悲願とし、宙域のジオン軍を殲滅せんとしていた。
連邦の進軍を足止めせんとするジオン軍も、義肢兵の戦闘データ採取を目的に設立されたリビング・デッド師団を展開。
ムーア同胞団に所属しながら、故郷や自身の出自に束縛される事を疎ましく思うイオ・フレミングと、
過去の戦闘により両足を失い、今はリビング・デッド師団でエーススナイパーとして活躍するダリル・ローレンツは、
戦場で対峙した時、互いに悟るのだった。ふたりは、殺し合う宿命なのだと……。


◎キャスト◎
イオ・フレミング:中村悠一/ダリル・ローレンツ:木村良平/クローディア・ペール:行成とあ
カーラ・ミッチャム:大原さやか/コーネリアス・カカ:平川大輔/グラハム:咲野俊介
バロウズ:佐々木 睦/J・J・セクストン:土田 大

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

累計160万部を誇る人気コミックをアニメ化。ジオン軍によって破壊されたサイド4・ムーア。その生き残りで結成されたムーア同胞団は、リビング・デッド師団を排除すべく作戦を展開するが…。全4話に新作カットを加えたディレクターズカット版を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 イベント上映で視聴し劇場でブルーレイを購入しました。
購入を迷っている方の参考になればと思いレヴューさせていただきます。
 まず「ガンダム入門」としては不適格な作品であり、逆にファンにとっては
見応えのある作品だと思います。未来への可能性を語ったUCとはある意味
対極にある現実(作中では戦争)の閉塞感が重く描かれています。
かつての(昭和の)アニメで描かれていた戦時中の重い空気感が感じられました。
劇中の軽快なジャズも心浮き立つものではなく、戦争の狂気に呑まれて行く登場人物
達は感情移入を拒絶するかのように感じました。
誰一人幸せにならないエンディングは暗い気持ちになるかもしれませんが
とても見応えがあり70分間退屈は皆無でした。FAガンダムとサイコザクの激闘は
対置物だったUCのラストバトルより遥かに素晴らしかったです。
Eパック方式はまだ無いだろとかザクがビームバズーカをドライブできるのかとか
ザクマシンガン数発で吹き飛ぶジムキャノンとかジムがビームライフル二丁同時には
使えないだろとか個人的な突っ込み所はありましたが、ガンダムファンなら見ておいて
損の無い作品だと考えます。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇場で観てきました。
戦闘シーンの迫力が全然、違った。
最終決戦も追加(?)カットがあり、なかなか熱いバトルでした。
配信版の後、どうなったかが、少しだけ描かれている。
一応、ここまでのドラマが、完結したという作りになっています。
戦争の残酷な部分をがっつり描いているので、ガンダムの活躍だけを期待すると厳しいでしょう。
モブのGファイターの中の人が、ガンダムではなく、ジムだったのは笑えた。
戦闘続行を希望するが、ビジネスのやり方は、練り直して欲しい。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イタチ 投稿日 2016/7/31
Amazonで購入
両主人公の過去をもう少し掘り下げてくれれば名作だったかも。駆け足すぎて感情移入がむずかしい。

音楽と作画は良かったです。

(本編じゃないがオーディオコメンタリーが身内だけの盛り上がりだけでキャピキャピワイワイしててキツかった。シビアな世界観・設定や個性的なキャラ、身障者というタブーに挑んだ意図や意味を語ってほしかった。ああいう打ち上げみたいなオーディオコメンタリーならいらないかと。個人的に。)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガンダム作品としては、これまでのストーリーとは違い、人間の生々しさを強く味わえた気がします。地球連邦軍側にしても、ジオン公国軍側にしても、共に威信をかけた戦のなかで、勝利に価値を見出していましたが、このサンダーボルトと言う作品は、戦争の虚しさだけが強調されていると感じました。結局のところ現代社会においても時折発生しうる戦争は、無惨な実情だけを残し有益なものは何も発生しない、全ての誤りでしかないと言うことですね。作品中物語のクライマックスにおいて、都度ジャズをBGMの代わりに流していますが、個人的には変化を直に読み取れ、好感が持てました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
漫画は読んでおりました。私は漫画版よりこの映像版の方が良いですね。
作品は他の方が仰っているように玄人向けでしょう。あと連邦軍よりジオン軍寄り。
本編のファーストガンダムからの引用は殆ど無し。(表舞台ではホワイトベースが活躍していた描写とか)
劇中のBGMであるジャズとポップスは好み次第かと。私は受け入れました。
ただ、後半に使われていた「キーーーーン・・・」といった効果音?アレは誰も文句言っていないのかなあ・・・私はアレが凄く耳障りでした・・・。
劇中ほとんどバトルしてたイメージ。人間ドラマは少な目な印象。(人間ドラマはオリジンでしょうねえ)
MS同士のバトルのクオリティはトップクラスだと思います。(とはいえUCが無かったらこうはならなかったかもしれませんが・・・)
FAガンダムもサイコザクも素晴らしい。。。どちらも超絶カッコイイMSになっておりました。
牽引されて、ジムやガンキャノンやGファイター(!?)、ドム・・・これらもリファインされてカッコイイMSに仕上がっておりました。

ファーストから愛されてきたガンダム。どの作品もオッサンになるまで見てきました・・・。
だいぶ耐性も出来たのか、歳を取って丸くなったのか、新しいガンダム作品は受け入れれるようになりました(苦笑)
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー