Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[太田垣康男, 矢立肇, 富野由悠季]の機動戦士ガンダム サンダーボルト(9) (ビッグコミックススペシャル)
Kindle App Ad

機動戦士ガンダム サンダーボルト(9) (ビッグコミックススペシャル) Kindle版

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 機動戦士ガンダム サンダーボルト(ビッグコミックススペシャル)の9の第9巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 750 ¥ 459

紙の本の長さ: 232ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

傷痍軍人達が集う水上都市・リグを連邦軍のペガサス級強襲揚陸艦・スパルタンが急襲!南洋同盟によって集められたサイコ・ザクのパイロット達は、連邦の猛追を振り切るべく一致団結するも・・・立ちはだかるのは悪魔のごときアトラスガンダム!逃げ切れるか!?飛沫舞う海中のチェイス…開幕!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 73554 KB
  • 紙の本の長さ: 232 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/1/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01ND3Z2AL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
待望の新刊です。アニメも含め、現ガンダムシリーズで大人気みたいですね!サンボル。
ストーリーはさすが面白い。すぐに続きが気になる展開なのですが、進行スピードはあまり早いと思えないので、完結まで、どれ位かかるか、気になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
かつてコレほど、水中戦を描いたガンダム作品があったか?
かつてコレほど、戦争の犠牲者を描いたガンダム作品があったか?
かつてコレほど、ガンダム&エースパイロットの恐怖を描いた作品があったか?

サンダーボルト読まずしてガンダムを語るなかれ。
それほどの作品に成長してきている。
……と、自慢できるほどのガンダム歴でもない奴が勢いで書いてみた(笑
1 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まるで、映画を見ているような巻でした。
モニカ参謀、レヴァン僧正を始め各々の思惑が交差する中、
フィッシャーとサイコザクのパイロット候補達の逃亡劇を中心に、水上都市を強襲するスパルタン、混乱する民間人の阿鼻叫喚の戦争状態は、
もの凄くリアリティがあって、読んでいて底知れない不安や恐怖、人々が助け合う優しさや想いなどが伝わってきました。
感動と言ったら淡泊かもしれませんが、途中から涙を流しながら読んでいました。

潜水艇を追うアトラスは本当に怖かった。しかし、イオを悪役に描くことなくガンダムの恐怖をストレートに表現されたのは良かったです。
この追撃戦の間だ、OVAで聴いたあのジャズがずっと頭の中に響いていました。
イオを狙撃するフィッシャー、彼にダリルを重ねるイオ、この二人の対決は意外でしたがもの凄く緊張感がありました。
ラストも、まるで一本の戦争映画を読んでいる気分になり「よかった」と呟いてしまった。
凄く怖くて重厚感がある話しだったけど、やさしく、最後は清々しい気分になれました。

イオの不安、コーネリアスとビアンカ、フィッシャーの選択、そしてダリルとクローディア、
話しはまだまだ続きますが、切りも良いし単品としての完成度は高いと思います。
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1009 投稿日 2017/2/5
形式: コミック
無慈悲な戦火の中、抗う意思を持った小さな集団が、必死の撤収戦に臨む。
3次元の戦いは、宇宙空間でも海中でも同じ。
迫りくる連邦の水中型MS。
水中用ボール、ガンキャノン・アクア、そしてATLAS。
漆黒の海中を進む姿は、いずれも 正に悪魔そのもの。

圧倒的な戦力差。
逃げるのは、南洋同盟の切り札を乗せた潜水艇。
そして、それを護衛するマーメイド隊。

全力で逃げる。
それが唯一の作戦であり、最高の選択。
読む者に緊迫感を与え、MSによる戦闘の醍醐味を存分に楽しめる。
おすゝめです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
登場するメカ群のオーパーツぶりをさておけば、非常に整合性の取れた(正史に加えても破綻しなくてすみそうな)作品です。
現在の過度なグローバル化(≒地球連邦)と、それに相反するブレクジット、トランプ政権のようなローカル思考(≒南洋同盟、ジオンなど)の対立ともいえるでしょう。本巻で描かれる連邦側のえげつなさ。モニカ参謀が、艦長すら鼻白むような化け物と化しています。
一方、逃げ惑う新たな「家族」の生き生きとした姿が素晴らしい。単なるモブと思われていた人物たちが、血の通った主人公として力強く振舞います。特に、前巻ではただ泣き崩れるだけのエミリーが、生き生きと、父を支え奮闘する姿に感動。巻末で、アレックスを肩車するフィッシャーの姿は、アメコミ風な作画も手伝って、希望に満ち溢れています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待ちに待ったサンダーボルト9巻。
今回は主人公の1人アトラスガンダムのパイロット、イオ・フレミングが乗る戦艦『強襲揚陸艦スパルタン』が水上都市リグに現れた続きから。

南洋同盟&元ジオン兵士VS地球連邦軍

今回は水中での戦い。アトラスガンダム&ガンキャノンアクアにどうたちうちをするのか……。
そして南洋同盟リーダー、ニュータイプのレヴァン・フウの導きで集まるサイコ・ザクのパイロット候補達。
物語が加速するサンダーボルト9巻。
良いですよ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover