この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


橋下「日本維新の会」の深い闇 (宝島SUGOI文庫) (日本語) 文庫 – 2013/5/10

5つ星のうち2.4 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥15
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

改憲勢力に名乗りをあげ、自民党・安倍政権に接近する橋下徹「日本維新の会」。橋下共同代表は何を狙っているのか?黒幕は日本会議、鹿島・大林組、そして関西財界アングラ人脈。日本維新の会誕生に蠢いた東京‐大阪再開発利権とは?『週刊朝日』問題劇場化の裏とは?黒い政治献金、選挙買収、傷害の過去、特別参与の脱法行為…醜聞が絶えないのはなぜか?新興政党の金脈・人脈をえぐる渾身の調査報道。

著者について

一ノ宮 美成 (いちのみや よしなり) プロフィール
1949年大分県生まれ。同志社大学文学部卒。新聞記者を経てフリージャーナリストに。著書に『闇の帝王<許永中>』『同和利権の真相(1)~(4)』(以上、宝島社文庫)、『大阪同和帝国の正体』『黒い都知事 石原慎太郎』『橋下「大阪維新」の嘘』『同和と暴力団』『関西アンダーグラウンド』『京都と闇社会』『大阪市役所「闇」の系譜』(以上、宝島SUGOI文庫)、『宝島NF 橋下徹のカネと黒い人脈』『別冊宝島1928 橋下徹と石原慎太郎 日本維新の会の陰謀』(以上、宝島社)など多数。

登録情報

  • 出版社 : 宝島社 (2013/5/10)
  • 発売日 : 2013/5/10
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 285ページ
  • ISBN-10 : 4800210607
  • ISBN-13 : 978-4800210609
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.4 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.4
星5つ中の2.4
5 件のグローバル評価
星5つ
20%
星4つ
21%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
59%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2018年1月17日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年6月3日に日本でレビュー済み
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年1月7日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年8月21日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告