通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
橋はかかる がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 smile×books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※外装-やや使用感があります。※ページ面-経年による薄い焼けがあり、ごく稀に検品時に気付かない程度の折り込み痕やライン引き、書き込み等が出てくる場合もございますが、きれいです。◆安心◆念入りに検品をしておりますが、万一、数ページにわたる書き込み、落丁、切り抜き、付録抜け等がございましたら全額返金補償いたします。●併売しておりませんので、欠品無しです。◆迅速◆ご注文確定日またはその翌日にゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

橋はかかる 単行本 – 2010/6

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 橋はかかる
  • +
  • ボロを着た王子様
  • +
  • 太郎が恋をする頃までには… (幻冬舎文庫)
総額: ¥3,616
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

被差別部落出身であることを公表した村崎太郎。ごく一般的な家庭に育った栗原美和子。悪戦苦闘の3年間、少しずつみえてきた希望の橋。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

村崎/太郎
1961年、山口県生まれ。17歳で初代次郎とコンビを結成し、日本に途絶えた猿まわしを復活、次郎の“反省”ポーズで全国的な人気者になる。1991年「文化庁芸術祭賞」受賞、92年にはアメリカ連邦協議会から「日本伝統芸」の称号が授与された。2007年11月栗原美和子と結婚。翌08年、被差別部落出身者であることを公表。09年に自叙伝『ボロを着た王子様』を発表。ここ数年は日本各地の農家や漁村、限界集落、ハンセン病療養所や原爆被爆者のご家族等を訪ね、共に語り合う「出会いの旅」を続けている

栗原/美和子
1964年、福岡県生まれ。フジテレビプロデューサーとして『ピュア』『人にやさしく』『不信のとき』等、連続ドラマで数々のヒット作を世に送り出すほか、里親制度をあつかった『ぶどうの木』や在日韓国人と日本人の結婚をテーマにした『東京湾景』等、社会問題に対する深いアプローチにも定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2010/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591118533
  • ISBN-13: 978-4591118535
  • 発売日: 2010/06
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,789位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「橋のない川」を読んで初めて「差別」に開眼した。30代の頃だ。その時、自分の中の差別意識に初めて気がついた。遡って「破戒」を読んだ。岩波新書で「部落の医者」を読んだ。最近高山文彦「水平記」、野中広務氏の対談(集英社新書)を読んだ。他にも関連する本は結構読んできたが、本書「橋はかかる」によって私は初めて或いはようやく、差別される側の心理を手に取るように教えてもらうことができたと考えている。上に挙げた本に較べて文体は易しく文章量も格別多くはないが、内容的にはそれ以上に凝縮されたものを感じる。私の書架の中でも、1,2を争う大切な本となった。多くの人が読むことを願う。それにしても新聞各紙これを書評欄で採り上げないのは、極めて不都合な態度というべきではないだろうか。もし、あったら教えてください。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いっきに読んでしまいました。村崎太郎さんの「ボロを着た王子様」、栗原美和子さんの「太郎が恋をする頃までには」もよかったですが、これはさらに太郎さんの心の真髄に入り込んだ内容で、心に深く残りました。なぜ部落問題がタブー視されている(た)のか、また昔の同和教育について、おぼろげながら感じるところはありましたが、この本で太郎さんが明確に文章で説明しているところがあり、「なるほど!」とスッキリしました。スッキリした分、私の中で曖昧だった部落問題の部分がしっかり公式のように理解でき、また部落問題に真正面に闘っている太郎さんを応援する気持ちが溢れました。部落問題をこれからどのように解決していくべきかとの妻である栗原美和子さんの問いに「部落問題だけではない。在日問題やハンセン病問題に関しても、差別され傷を負った人たちがさらに傷つくことを恐れずに、打ち明けて欲しい・・・当人たちは語らなければならない。語る義務を果たしてほしい」という太郎さんの返答に意を得た気がしました。栗原美和子さんのあとがきもまたすばらしい。夫婦の強い絆を感じました。部落問題を学ぶためにも是非読んでほしいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペンギン 投稿日 2010/6/21
形式: 単行本
生きる希望を与えてもらえる本だと思いました。
決して差別問題に特化している内容ではなく、万人に相通ずる普遍的なことを、
具体的症例を通して分かり易く伝えてくれるものです。
仕事問題、家族問題、何かに悩んでいる人は、是非読んでみて下さい。
きっと何か光が見えてきます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 太郎次郎で猿回しのブームを作った村崎太郎氏の一族と妻となる栗原美和子氏の「生の記録」であり、「叫び」である。
 カミングアウトするに至る太郎とその一族の精神と行動の経過、その後に起こる様々。これらを妻・栗原が受け止める度量。
 是非読んで頂きたい一冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック