¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

権威の概念 (叢書・ウニベルシタス) 単行本 – 2010/4/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 2,226
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 権威の概念 (叢書・ウニベルシタス)
  • +
  • 無神論 (叢書・ウニベルシタス)
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 192pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

権威とは何か? 人類史上、あらゆる国家や政治権力を基礎づけてきた神秘の力は何に由来するのか? パリでの伝説的ヘーゲル講義で知られるロシア人哲学者が、この問いに答えるべくドイツ占領下1942年に書き上げた本書は、父・主人・指導者・裁判官という四つの権威類型の分析を通じて、きわめて独創的で普遍的な政治理論/法哲学を構想しようとする。長らく未刊であった第一級の哲学的ドキュメント。

内容(「BOOK」データベースより)

権威とは何か?人類史上、あらゆる国家や政治権力を基礎づけてきた神秘の力の由来とは?パリでの伝説的ヘーゲル講義で知られるロシア人哲学者が、1942年にドイツ占領下で書き上げた本書は、父・指導者・主人・裁判官という四つの権威類型の分析を通じて、きわめて独創的で普遍的な政治理論を構想しようとする。長らく未刊であった第一級の哲学的ドキュメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (2010/4/28)
  • ISBN-10: 4588009354
  • ISBN-13: 978-4588009358
  • 発売日: 2010/4/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 831,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。air pods