通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
模倣犯1 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

模倣犯1 (新潮文庫) 文庫 – 2005/11/26

5つ星のうち 4.3 87件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 模倣犯1 (新潮文庫)
  • +
  • 模倣犯2 (新潮文庫)
  • +
  • 模倣犯3 (新潮文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった――。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕!

内容(「BOOK」データベースより)

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった―。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 584ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101369240
  • ISBN-13: 978-4101369242
  • 発売日: 2005/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 87件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
※このレビューはあくまで「読まれる前の方」へのレビューです。

遅ればせながら読ませて頂きました。
この「模倣犯」は宮部作品がどうのというより私にとっては「読書」への喜びを感じた作品です。

始め全五巻もあるとはつゆ知らず「そういえば模倣犯ってあったな」っと気楽に手に取ってみたのですが、それが全ての始まりでした!
五巻もありしかも一冊一冊が分厚いのに一巻の中盤を過ぎればまさに一気!
そして二巻を読み終わる頃「まだまだ三冊あるから良かった!」と思い、
三巻を読み終わる頃「もうあと二冊しかない!」って思い、どんどんとハマっていきます。

読破後、取り憑かれたように宮部作品をいろいろ読みましたが、
宮部作品の中では私的に、いまだ一位に君臨しています。
ほんとこんなおもしろい小説があるなんて思ってもみませんでした(おかげで今は活字中毒)

ただ・・「恐い」のと何とも言えない「惨さ」がかなり堪えますが・・。
でも続きがもっともっと読みたいとさえ感じる作品です。
まだ読まれていない方がほんと羨ましい!

PS:
「話が"長い・・"」という意見もありますが、たとえば東野さん辺りから「犯罪モノ」として読んでみる
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 midiman 投稿日 2006/1/2
形式: 文庫
一言、圧巻です。

決してボリュームの話ではありません。それどころか、平易な文章、“今”の言葉で丹念に書かれた物語を追っていると、長さなど全く感じなくなります。
私は、第一巻を半分ほど読んだところで『あぁ、こんな面白い小説があと四巻余りしか楽しめないのか…』と残念に思ったほどです。

連続誘拐殺人事件という陰惨な出来事に巻き込まれてしまった人たち、自らかかわろうとするジャーナリスト、そして加害者。
性別も年代も立場も異なるさまざまな登場人物の心の中を、時に視点を変え、時に時計を戻し、宮部みゆきの文章は丁寧に綴ってゆきます。

非行に走って両親の気持ちを独り占めしてしまった妹に反感を持つ姉が当の妹の被害の証拠を見た時の悲劇も、被害者の遺族の弱みにつけ込む有象無象の動きも、職場ではこわもての刑事が家庭では女子大生の娘にいいようにあしらわれるほほえましい描写も、それぞれ決して主役とは呼べない登場人物の記述の一つ一つがとてもリアルで、それ故に小説全体のストーリーに引き込まれてしまいます。

そして『模倣犯』というタイトルの意味が明らかになるクライマックスの迫力。この部分は二度も三度も読み返しましたが、いつも鼓動が速まる気がします。

是非、ご一読をお勧めします。
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gffjp 投稿日 2009/12/12
形式: 文庫
前半(特に最初の一巻)はとても面白かった。一々の事件の背景やスリリングな内容、被害者家族の抱える闇、それに相対して無情に犯行を繰り返す犯人。 一冊読み終えると次巻に進まざるを得ない程に次から次と引きつけられました。しかし残念なことに、読み進むにつれ、展開に対する物足りなさが次々と出て来たような気がします。一々前半で強烈だった登場人物像が、後半で物語が核心に近づくにつれ、徐々に徐々に薄っぺらい存在になっていったような気すらします。(ネタバレ)高井和明の妹由美子の前半の姿と後半との落差には、物語の衝撃性を求めての結果でしょうが、どうにも共感も感情移入もできませんでした(結局は愚鈍だと感じていた兄よりも本人のほうがより愚鈍だったのか。。。)。 特にクライマックスのテレビ局でのやりとりも、あれだけ冷静に冷酷に振る舞っていた『X』の最後にしては、熱くなりやすいという欠点を踏まえたとしても、いささかあっけなさすぎるような気がします。 前半に上手くちりばめられていた要素が、殆ど後半に活きなかったような気がします。 終わりを急いだのでしょうか。 前半で引きつけられた分、余計に残念な気がします。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これを読んだのはかれこれ10年以上前、学生のときでした。
1巻は他の方もおっしゃるようにかなり引き込まれる内容です。
ただ、2巻以降から冗長やくどさがましてきます。
登場人物に対しての背景、描写、心理をこれでもかというくらい
読者に伝えようとしているためでもあります。1巻以降の大半が
これなので、読む気力が失せてしまうんですね。
物語が進まないんです。渋滞に巻き込まれてしまった感じです。
この作品は週刊誌に掲載されている漫画と同じく、長期連載小説だった
ようで、その人気ぶりから当初あったプロット以上に内容を継ぎ足し、
継ぎ足しを繰り返して完成したのだと推測します。

ワンピースやはじめの一歩など長期連載漫画は
「連載初期のほうがおもしろかった」という言葉をよく耳にします。
それは作者がしっかりしたプロットを元に描いているためです。
この模倣犯も1巻は面白かったと言われるのも同じ理由でしょう。
作者が想定していた以上の長期連載になってしまい、その結果
文章量を増やすために描写や説明をくどくせざるをえなかった。
「丁寧な人物描写」という感想も見られますが、私は連載を長期化させる
ための苦肉の策ではなかったのか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー