模倣犯 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

模倣犯 [DVD]

5つ星のうち 2.2 128件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,012 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 5,012より 中古品の出品:24¥ 375より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 模倣犯 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 「シュート」 [DVD]
総額: ¥6,866
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 中居正広, 藤井隆, 津田寛治, 木村佳乃, 山崎努
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2002/12/21
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 128件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006CTJL
  • JAN: 4988104021335
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,557位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ひとりの女性が失踪し、切断された右腕が発見された。やがて犯人はTVに電話出演し、殺人ライヴを予告する…。
   宮部みゆきの長編ベストセラー小説を、日本映画界の鬼才・森田芳光監督のメガホンで映画化したミステリー大作。犯罪における加害者の立場と被害者周辺の双方を両立して描いていく。
   理由なき犯行の恐怖性や、TVやインターネットなどのメディア批判、そして原作とは異なるラストの展開に賛否が飛び交い、結果として大ヒットを記録した。徹頭徹尾森田マジックともいうべき、彼の演出技術の集大成的作品に仕上がっており、また主演・中居正広の、これまで見せたことのないクールな一面も大いに作品のプラスとなっている。その他、木村佳乃、藤井隆、津田寛治など総じてキャスト好演。なかでも山崎努は名作『天国と地獄』をも彷彿させる貫禄の名演だ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

宮部みゆき原作によるベストセラー小説を森田芳光監督が主演に中居正広を迎えて映画化したサスペンス作品。東京を舞台に、メディアを巻き込んだ猟奇的連続殺人事件を描く。出演は中居正広、藤井隆、津田寛治、木村佳乃ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 EM with Walpurgis Night #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2014/10/16
確かに、原作を映画化するにあたっては、多少の変更はやむを得ないでしょう。
特に、原作が長編の場合、映画という枠にはめるためには、内容の改編は不可避です。

しかし、根本原則として、主役は原作であって、映画監督ではありません。
原作は、原作者が作るものであり、映画監督は、その原作を映像化する手助けをするに過ぎません。
あくまでも、原作が主、監督が従という関係にあるのが、正しい形です。

ここで、映画監督が、自分が主役になって、原作を通じて、自分自身のやたいことを
作中で表現しようとすると、それはもはや原作ではありません。
そんなことをしたいなら、自分で、他に新しい別タイトルの映画を作れば良いのです。

本作の映画監督は、とんでもない勘違いをしています。
「模倣犯」という作品について、原作を無視したやり方をしています。
原作に対するリスペクトがなく、自分のいいように作品を作り変えています。

本作は、「模倣犯」ではありません。
監督が作った別の何かです。

有名になったラストシーンの爆発…
いえ、爆発しているのはラストシーンだけではありません。
もはや作品それ自体が爆発しています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 takeyan 投稿日 2006/1/27
あの内容、宮部みゆきさんは怒らなかったのでしょうか?あの量の原作を2時間足らずにまとめることは不可能です。ドラマならなんとかなるかも知れませんが。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作を先に読んでいたので、あのすばらしい作品の映像はどんな感じかなと思って見てみました。・・・が、ひどい。原作の面白さが台無しです。

原作者の宮部みゆきが試写会の途中で席を立ったと聞きました。

★0にしたいぐらい。 くびちょんぱー。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gene 投稿日 2003/12/30
テレビで観ましたが、一言「なにこれ・・・」という作品です。原作ではそれぞれのキャラクターの内面を丁寧に追っていくように描かれていて、自然に感情移入することができました。でも、この映画は、うわっつらだけをなでているような感じで、原作のよさが完全に損なわれています。小説が原作の映画への失望を、より一層深めてくれました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ponta 投稿日 2006/3/19
原作を読んでからみました。

正直かなり期待していました。

宮部みゆきの作品の中でも一番面白かったからです。

何も言う気になれません。

映画「模倣犯」=小説「模倣犯」

ではないということが言いたくて投稿したのみです。

小説のほうは文句なしに★★★★★です。

映画だけ見てしまった方は、映画のことは忘れて原作を読んでいただきたいです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 自分は劇場公開当時に原作を読んで興奮が冷めやらぬのでその足で劇場へ足を運びました。結果は「絶句」でした。
孫娘の帰りを耐え忍ぶ山崎努、有能ながらも意志は無い津田寛治や藤井隆のキャスト良かったと思います。
 ですが、木村佳乃には知的さと芯の強さは感じなかったし、ピースは中居君を起用した為にあのようなラストに繋がってしまっただと推測する。

原作は上中下巻。2巻ラストでは読者のピースへの怒りが湧く展開。そして最終巻では完璧なハズだったピースの脆さが晒され、弱さが一枚一枚剥がされていく。現代において罪人は英雄などでは無いのだ。

まさかの原作のメッセージを全否定する映画版ラスト。
ピースは「罪」の概念を越えて英雄に、神の様な届かない存在として昇華されてしまう。
そして、自分の蒔いた種(子供)を被害者の遺族に託して逝くのだ。人の孫娘の命を奪っておきながら。

映画は娯楽作品。無理やり良い話で終わらせようったってそうはいきません。
それならばそもそも、原作終盤のピースをやり込める痛快さの方が勝ってはいないだろうか。

原作者の宮部さんも試写会で無言だったというのは判ります。
「森田さんに全てお任せして」自身の言葉を後悔されたことでしょう。
<
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー