¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 実... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 実践編 :体に負担をかけず一生行える運動方法がわかる 単行本 – 2016/12/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/12/24
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 2,157

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 実践編 :体に負担をかけず一生行える運動方法がわかる
  • +
  • 構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 理論編 :姿勢の間違いがわかる・間違った情報で体を壊さないために
  • +
  • 赤ちゃん整体・発達障害〜脊柱側湾症まで 中心軸をつくる骨格細分化調整
総額: ¥5,508
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

第一章 ストレッチとトレーニングについて
第一節 静的ストレッチ
第二節 本書で提案する、運動、トレーニング

第二章 トレーニングを行う為の土台「口腔内ポジション」「呼吸」
第一節 口腔内ポジション・咀嚼
第二節 呼吸

第三章 股間節開発トレーニング
第一節 揺動運動
第二節 立位トレーニングのための土台「股間節中立位回復運動」
第三節 中心体操による運動機能回復トレーニング

第四章 肩甲関節体開発トレーニング
第一節 揺動運動
第二節 肩甲関節体分離を主目的とした運動機能回復トレーニング
第三節 中心体操による運動機能回復トレーニング

第五章 胴体一体化と日常所作トレーニング

第六章 全身揺動運動・補助運動・補助としての強化系トレーニング
第一節 全身揺動
第二節 補助運動
第三節 補助としての強化系トレーニング

第七章 立位トレーニング
第一節 重心落下点と接地点トレーニング
第二節 中心軸トレーニング

第八章 歩きトレーニング
第一節 片足立ちの基本「脚中心軸」開発トレーニング
第二節 踵支持脚残し脚トレーニング
第三節 腕の「三重振り子運動」トレーニング
第四節 「股関節を中心」にした「脚の三重振り子運動」トレーニング
第五節 「胴体垂直による落下前進運動」のためのトレーニング

第九章 階段トレーニング

第十章 より高度な動きを必要とする人のためのトレーニング
第一節 「走り」は「歩き」と同じ原理
第二節 モデルウォーキング
第三節 「居着かない動き」「無拍子の動き」「タメのない動き」トレーニング
第四節 前進力を最大限利用する「踵 残し脚」
第五節 二つの前重心と神速前進法
第六節 肩甲関節体レベルアップ前傾揺動トレーニング
第七節 胴体一体化を強化するインナーユニット

第十一章 今日から始める「座り方、立ち方、歩き方」と「中心体操」
第一節 簡易的な座り方、立ち方、歩き方
第二節 実践トレーニング
第三節 中心体操

理論編にて、不良姿勢が生理的湾曲の消失を意味すること、また消失の原因として ・股間節の骨格構造的な理解がなかった (腰椎前湾を維持出来る股間節屈曲角度70度) ・股間節の運動不足により、関節機能が退化し萎縮した ・座り時間が増加し、股間節の屈曲時間が長く、伸展時間が減少した ・五大拘束が生じ「ゆらぎ」が消え「点で立てなくなった」 ・肩甲関節体が肩関節体となり肩関節の支点がズレた 以上の事を説明しました。 実践編では、ここから考えられる、実践のトレーニング内容を紹介します。

出版社からのコメント

発達と歪み研究所では「骨格細分化調整」という新しい角度からの身体へのアプローチ方法を用いて、中心軸形成のための身体調整を行っています。また、骨格細分化調整の臨床データを元に、中心軸の形成と、赤ちゃんの発達、子供の成長に関する諸問題(立てない、歩けない、発達障害、脊柱側湾症、向き癖、斜頚、外反扁平足、内反足、尖足、斜視など)に対し、演繹的に可能性、応用範囲、適用範囲の研究を行っています。

「骨格細分化調整」とは?
「より良く立てる身体」の研究の中で「マス目の歪み」という、今までにない身体の整え方が確立され、「骨格細分化調整」と名付けた現在の調整方法が生まれました。調整の進行に伴い、中心軸が形成されてくる特徴があります。 また臨床の中で、赤ちゃんの発達や子供の成長に大きく関わるものであることが分かってきました。 重力下でヒトが成長し、立ち歩き活動するには「より良く立つ」ということの影響は計り知れないものがあります。その中の研究の一環として、本書の作成がありました。 骨格細分化調整は未だ原因の解らない様々な問題、次世代の健康維持・向上のお役に立てればと考えています。

本書トレーニングの直接指導につきましては、HPを御覧ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 301ページ
  • 出版社: 発達と歪み研究所 (2016/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908645027
  • ISBN-13: 978-4908645020
  • 発売日: 2016/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609,858位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう