通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー等にスレ、ヨレなど使用感がございますが、中身に書き込み等は無く、概ね良好な状態です。帯なし※ご注文の翌営業日に「ゆうメール」で発送(土日祝の発送はございません)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書) 新書 – 2012/10/17

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,123
¥ 1,123 ¥ 454

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
  • +
  • 色彩がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
  • +
  • 遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
総額: ¥3,045
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

オールカラーで150点余りの図版を掲載
時を超え、美(アート)を生む構図にせまる!

たとえば……
ムンクの『叫び』は、正面の男だけじゃなく、画面全体が叫んでいる
○水が作る逆三角形が不安定=不安を生む
○画面を支配する赤=攻撃の色
○赤の効果で空が飛び出して見える=危険
○画面全体が「縦長」=安定しない
○日本絵画から学んだ?波打つ曲線=不安、沸き立つ騒々しさ
○青が赤より近くにある=空間の秩序を破壊
など

他にも、フェルメール、モネ、カラヴァッジョ、ウォーホル、ダ・ヴィンチetc...
古今東西の画家の卓越した構図のセンスから、絵の観方を学ぶ、新しい美術案内

****************************************

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵は、いまから500年も昔の、イタリア・ルネサンスの作品で、
ピカソは20世紀初頭の現代絵画です。まったく違った時代に描かれ、
絵としてのスタイルも違っているふうに思えます。しかし、構図は同じなのです。
どちらも「絵画」ですから、そこには絵画を成り立たせている
共通の要素をみつけることもできます。
「違い」や「差異」を探すのも、一つの見方ではありますが、
共通するものを探すことで、絵画の根本原理のようなものが見えてくる。
「構図」は、絵画に欠かせない要素であり、それはダ・ヴィンチの絵にも、
またピカソのような子どもの殴りがきのような絵にも、あるのです。
子どもの絵には、ピカソのような、明確な構図はありません。
ピカソは、子どものように描きましたが、子どもはピカソのようには描けないのです。
なぜなら、ピカソの絵には、思いつきではなく、冷静に考えられた、構図があるのです。
(本文より一部改変して抜粋)


【著者プロフィール】
布施英利(ふせひでと)
芸術学者。一九六〇年群馬県生まれ、東京藝術大学美術学部芸術学科卒業、
同大学院美術研究科博士課程修了(美術解剖学専攻)。
大学院生のときに二冊の著書を出版。レオナルド・ダ・ヴィンチの研究などをする。
東京大学医学部助手(解剖学)として、養老孟司教授のもとで、科学と芸術への思考を磨く。
現在は東京藝術大学准教授、専門は美術解剖学。
著書に『脳の中の美術館』『体の中の美術館』(以上、筑摩書房)、
『「モナリザ」の微笑み』(PHP新書)、『美の方程式』(講談社)他、多数。

内容(「BOOK」データベースより)

ムンクの『叫び』は、画面全体が叫んでいる!時を超え、美を生む構図にせまる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 光文社 (2012/10/17)
  • ISBN-10: 4334037127
  • ISBN-13: 978-4334037123
  • 発売日: 2012/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 138,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/10/21
形式: 新書
「白い画面に一つだけ、点を打つとしたら、どこが一番美しい構図になるでしょうか」。

構図について解説した本。新書にしては、ちょっとお高い。ただし、カラー印刷になっている。著者は東京藝術大学教授。

構図の重要さに触れたあとは、構図を作るポイントについて、具体例を挙げながら順次解説してゆく。
・点と線:垂直線、水平線
・形:対角線、三角形、円と中心
・空間:1点遠近法~3点遠近法
・次元:平面、3次元(立体観や複数の視点)、4次元(動き)
・光:室内光、日の光、モノから光へ、光からモノへ
・色:色の対比によって構図を作る
・人体:人の体の特徴と構図、美術解剖学

ダヴィンチ、フェルメール、モネ、ムンク、長谷川等伯、ピカソ、ゴッホ、千住博、インドの彫刻、大聖堂のステンドグラス、古代ギリシャの彫刻、庭園、インドの建築物、アジアの仏像、といったいろいろな作品が例として載っている。

「構図は宇宙を要約したものです」。

「物質としての光」というような少々引っかかる表現もあるが、構図の重要さやその要素及び効果について、真面目にわかりやすく書かれている。興味深く読めた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
構図の基礎知識などを改めて勉強したいと思い購入したのですが、
基礎知識というよりもどちらかというと「美術ウンチク」的な内容です。
章の始めは誰もが知ってる名画等を例に解説され、入り込みやすいのですが、
各章の終わりになると、人間の根源的な存り様と美術との関わりなどといった哲学的なところに
話が着地しがちなので、読む人を選ぶかも知れません。
美術好きの親戚のおじさんの話と思うととても楽しく読める本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
構図についての難しい哲学的ともいえるような深い主題を、素人にもわかるように、例を挙げながら説明してくれる本です。
美術館に行けば、学芸員さんが時間をかけて作った図録が買えますし、無料の公開講座や講演会など、知識を得ようとすればいろいろな方法がありますが、この本は 作者が絵描きさんでないにもかかわらず、構図についての説明が飛びぬけて深いような印象を受けました。そしてわかりやすいです。
ここにこの小さな人物像がなかったら、構図がしまらない という話を、処理を施した絵画で実際に説明してくれたり、美術館に行ったらすぐに実行してみたくなるような絵の見方の事例が沢山あげてあり、眼からうろこでした。
重箱の隅をつつくように細かく探せば間違いが見つかるかもしれませんが、権威がどうのこうのというより、人生を豊かにするのに役に立つかどうかという面から見ると、とてもよい本だとおもいます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
他の方のレビューにもある通り、斬新な構成である。
前半は非常にわかりやすく、オールカラーの図版の力もあって、すらすらと読んでいける。
後半、仏像について語る下りから転調し、最後の人体解剖学の章は相当専門的である。
これが著者曰く「本書の構図」であり、そこから読み手は「構図的な何か」を感じ取る必要がある。

絵画は2次元の表現ではなく、モノである、というのは全く同感である。
やはり実物と印刷では大きく印象が異なる。モノとしての絵画鑑賞の手引きとして、本書はおすすめできる1冊である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/12/16
形式: 新書
 私は、本書のタイトル中の「構図」という言葉から、「絵画の画面における対象物の配置」というイメージで本書を読み始めましたが、実際に読んでみると、「光」や「色」についても書いており、また、「人体を描く」や「美術解剖学」のような部分さえあります。本書は、狭義の「構図」にとどまらず、「幅広く絵画について論じ紹介した本」と言えます。

 本書には、たくさんの絵画作品のカラー写真が掲載されており、その図版を見ながら著者の解説を読んでいると、大学の社会人向けの教養講座を受講しているような、なかなか楽しい気分になってきます。
 難しいことは何も書いておらず、「なるほど、そういう見方もあったのか」という部分が随所にあります。何より、著者自身が世界をめぐり多くの作品に接した際の感興をもとに記述していることが感じられます。とりあげている対象も、ギリシャ美術、中世ヨーロッパ美術、ルネサンス美術、フェルメール、印象派、ピカソ、デュシャンなどの西洋美術、日本の絵画・庭園、インドの仏教美術など、幅広く取り扱っています。

 多くの美術解説本が、派別(ルネッサンス美術や印象派やキュービズムなど)や画家別になっているのに対して、本書は、古今東西のさまざまな作品を自在に取り扱い解説しています。「美術世界の豊かな散歩」といった雰囲気であり、なかなか楽しんで読めました。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す