通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
楽隊のうさぎ (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

楽隊のうさぎ (新潮文庫) 文庫 – 2002/12/25

5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 117
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 楽隊のうさぎ (新潮文庫)
  • +
  • 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
  • +
  • きみの友だち (新潮文庫)
総額: ¥1,738
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「君、吹奏楽部に入らないか?」「エ、スイソウガク!?」――学校にいる時間をなるべく短くしたい、引っ込み思案の中学生・克久は、入学後、ブラスバンドに入部する。先輩や友人、教師に囲まれ、全国大会を目指す毎日。少年期の多感な時期に、戸惑いながらも音楽に夢中になる克久。やがて大会の日を迎え……。忘れてませんか、伸び盛りの輝きを。親と子へエールを送る感動の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

「君、吹奏楽部に入らないか?」「エ、スイソウガク!?」―学校にいる時間をなるべく短くしたい、引っ込み思案の中学生・克久は、入学後、ブラスバンドに入部する。先輩や友人、教師に囲まれ、全国大会を目指す毎日。少年期の多感な時期に、戸惑いながらも音楽に夢中になる克久。やがて大会の日を迎え…。忘れてませんか、伸び盛りの輝きを。親と子へエールを送る感動の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 340ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101072310
  • ISBN-13: 978-4101072319
  • 発売日: 2002/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,659位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 colum 投稿日 2013/7/10
形式: 文庫
2010年度センター試験本試にて出題。今年の冬に映画化されるそうなので読んでみました。

読みにくいというレビューが意外に多くて驚きました。その要因こそがこの小説の醍醐味だと思いますが。

吹奏楽部の中学生の成長記なのですが、時の流れ方が一定でないのですね。子供の頃の時間って、あるときはすっごく濃く鮮明にじんわりと流れるのに、またあるときは矢のように過ぎ去る。とりとめのないような同級生の会話が妙に印象に残っていることもあれば、読者にとっては肝心と思われる所が、あっさりと記憶から抜け落ちている。そんな子供ならではの感覚。それがこの小説にはあります。また物語を通してうさぎは、この年頃ならではの感受性の化身とでも言いましょうか。うさぎという動物が実にしっくりくると思います。相田という人物の存在がまたよく、彼の人生が透かし合わさることで、単なる主人公の成長記でなく、物語の底が深くなっています。

総括して私自身は、子供の視点を大切にして描かれた作品だと思いました。読みにくくはなかったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作者の本をはじめて買ったが、書き方が肌にあわなかった。
・主観がコロコロかわり、誰の目線で見ているのかがわからない。
・3人以上での会話になると、どの発言が誰のものかわからない。
・無駄な説明や解説が多く、そのわりに説明不足な事柄がおおい。
・場面転換が行われても、いつ換わったのかがわからない。

話し口調などに若干違和感を感じるのは、作者の年齢を考えるとしょうがないことなのかもしれない。
青春小説における重要なファクターである「主人公の成長」が、なんだかパタッと過ぎていくため、あまりカタルシスを感じない。
かなり期待して購入したのだが、非常に残念である。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私は、「商品の説明」を読んで、かなりの期待感を持ってこの作品を読み始めたのだが、全くの期待はずれに終わってしまった。私は、この作品を、「音楽に全く縁のなかった少年が、吹奏楽の素晴らしさに目覚め、先輩・友人・教師とともに全国大会を目指す過程が熱く綴られた感動の物語」と思って読み出したのだ。しかし、この作者の語り口は、どこまでいっても、プロらしさを感じられないほどに淡々としており、ストーリーにも、これといった劇的な起伏がないのだ。私は、途中から、「これは、思っていたような作品とは違うな」と違和感を感じ始めたのだが、結局、その思いが変わらぬままに、読み終えてしまったのだ。 

私は、中沢けいを読むのは初めてなのだが、少なくとも、この作品での彼女からは、劇的な構成力とか、音楽の素晴らしさや音楽をすることの感動を、言葉だけで読者に伝え、共感させるだけの筆力は感じられない。 

同じように音楽に打ち込む少年少女を扱った作品としては、「神童」、「ピアノの森」といったコミックスや、「スゥイングガールズ」のような映画が挙げられるのだが、こうした作品には、熱い感動が沸き上がってくる場面があった。しかし、この作品には、それがないのだ。たしかに、小説には、文章という限られた手段しかないという不利はあるにせよ、もっと、感動を呼び起こすような描き方があったはずと思うのだ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「新潮文庫の100冊」に選ばれたのだからそれなりに面白いだろう、ぐらいの気持ちで買いました。
正直、つまらなかったです。
私に吹奏楽の知識がなかったためか、中沢けいさんの文章と相性が悪いためか、私の読書力が低いためか、よくわかりませんが、
この本に魅力を感じるところは全くありませんでした。

読みにくい。
キャラクターに魅力を感じない。
キャラクターの心が全然見えない。
ストーリーが退屈。
言葉が美しくない(ところどころ不快)。

この小説は、吹奏楽経験者でも楽しめないとおもいます。
あまりおすすめしません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
【感想】
ブラスバンドを舞台にした、少年の成長小説。
ブラスバンド小説と思って、その題材だけが取り上げられている小説を望むのであれば、手に取らない方がいい。少年の成長物語を楽しむことができ、視点変わって母親の話などに着いて行くことのできる読者向けだろう。
「交響的譚詩」「くじゃく」「ラ・マルシェ」「ベルキス」といった(当時現役だった)吹奏楽部員にはおなじみの曲が、よく言葉でここまで表現したというくらいに鮮やかに描写されている。またコンクールに向けての練習ぶりなどは、多くの元吹奏楽部員たちには懐かしく感じられるだろう。
私はこうした素晴らしいディティールに面白さを感じた作品だった。
ただ、これらの曲になじみのない人が読んだ時には、もしかすると通じるところが少なく、音楽描写の部分は逆に無味乾燥に思えるかもしれない。
以上を踏まえると、小説がもともと好きで、吹奏楽や器楽の関係者という人には間違いなく薦めることができる一冊だ。
小説としては、主人公以外に視点を広げて書いていることで幅は広がっているが、その広げた部分のボリュームや深さがあまりないので、掘り下げの物足りなさを感じてしまう部分があった。
とにかく主人公に関する部分や音楽描写は素晴らしかった。
読後に気持ちが少し若くなったと思う。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック