通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
楽園 上 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

楽園 上 (文春文庫) 文庫 – 2010/2/10

5つ星のうち 3.8 84件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,749 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 555 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 楽園 上 (文春文庫)
  • +
  • 楽園 下 (文春文庫)
  • +
  • 夢幻花 (PHP文芸文庫)
総額: ¥2,419
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ライター・滋子の許に舞い込んだ奇妙な依頼。その真偽を探るべく16年前の殺人事件を追う滋子の眼前に、驚愕の真実が露になる!

内容(「BOOK」データベースより)

未曾有の連続誘拐殺人事件(「模倣犯」事件)から9年。取材者として肉薄した前畑滋子は、未だ事件のダメージから立ち直れずにいた。そこに舞い込んだ、女性からの奇妙な依頼。12歳で亡くした息子、等が“超能力”を有していたのか、真実を知りたい、というのだ。かくして滋子の眼前に、16年前の少女殺人事件の光景が立ち現れた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167549077
  • ISBN-13: 978-4167549077
  • 発売日: 2010/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
”摸倣犯”で活躍した前畑滋子のその後談ということで読み始めたのですが、複雑なストーリーでした。でもどんどん引き込まれて読みました。悲しい事件でも最後に救いのあるのが宮部さんの作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初めから最後まで、地味で暗い作品です。模倣犯ほどの衝撃はありませんが、力強さを感る作品です。
ただ、やはり模倣犯の続編としては物足りないし、大袈裟に言えば長めのエピローグと言う感じ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 池田憲成 投稿日 2014/6/22
形式: 文庫 Amazonで購入
模倣犯を読んでから宮部みゆきの作品に興味を持って引き続き読みましたが、ちょっと今ひとつでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
3つ目の眼。他人の記憶が読めるという設定。
フリーライター 前畑滋子 が主人公。
前作『模倣犯』の スピンアウト小説といわれる。

前畑滋子が 連続誘拐殺人事件に際して、犯人の化けの皮を剥ぐが作品としてださなかった。
そして 9年以上たって、萩谷敏子が息子 等の不思議な能力について
調べてほしい と 前畑滋子に依頼するところから物語は はじめる。
萩谷敏子は まったく普通のおばさん。
ニッポンのおばさんのイメージを定着させる。
40歳になってから 産まれた息子 等 は交通事故死をした。
のこされた スケッチブックに萩谷敏子の 知らない場面が 残されていた。
両親によって 殺された土井崎茜の事件に、前畑滋子は 深くかかわっていく。
今後の展開が 楽しみだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 源五坂46 投稿日 2012/11/4
形式: 文庫 Amazonで購入
大変面白かった。作品紹介は次のとおり。未曾有の連続誘拐殺人事件(「模倣犯」事件)から9年。取材者として肉薄した前畑滋子は、未だ事件のダメージから立ち直れずにいた。そこに舞い込んだ、女性からの奇妙な依頼。12歳で亡くした息子、等が“超能力”を有していたのか、真実を知りたい、というのだ。かくして滋子の眼前に、16年前の少女殺人事件の光景が立ち現れた。
一般文学通算688作品目の読書完。2011/04/11
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あの「模倣犯」の正体を暴いた前畑滋子が帰ってきた!
小さい字が見にくいと老眼鏡を取り出す前畑さん,
・・・うーん。9年の年月経過がリアルににじみ出ていてちょっと哀しい。
一軒家の床下で16年間発見されずに眠り続けた美少女の死体と
超能力でそれを「見た」愛くるしい少年。
・・・とくると,なにかワクワクしそうな物語の始まりですが,
実際のところ,今回,前畑さんが夢中になってる事件は,
模倣犯のような猟奇的殺人でもないし愉快犯的なものでもなく,
ある一家の暗い過去にまつわるものです。
ですので,見ようによっては,
前畑さんが普通の家庭の暗部を根掘り葉掘り暴いているようにも見えて
前畑さん,そこまでしなくてもいいんじゃない,と声をかけたくなることもありました。
また,前畑さんの必然でもない単なる推測が何故かビシビシ的中するのも
ちょっと強引な感じがしました。
相変わらず,登場人物一人ひとりの人物像を丁寧に書き込んでいて
宮部みゆきさんらしいなと思いましたし,
上下巻あっというまに読み終わりましたので退屈というわけじゃないのですが
感想として,面白かったかと聞かれると,そうでもない。
「模倣犯」には遠く及ばないし,
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
上下の感想を。元々好きな作家さんではありませんが、今となっては何故買ったか、どんな話しだったかも忘れています。それだけ内容の薄いものだったのだと思います。多分、もうこの人の本は購入しません
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
模倣犯を読んでいない。
そんな私にも楽しめる一冊でした。

前畑滋子の心を呪縛する9年前の事件。
そこから、立ち直ろうとするきっかっけがやってきた。

それはある母親からの依頼だった。
亡くなった12歳の息子・・・等くんは実は不思議な能力の持ち主だったのではないか?
調べて欲しいということだった。

きっかけとなったのは一枚の絵だった。
その絵は最近事件があった家の絵だった。
そこには等くんが知るはずのないことが描かれていた。

そして、一番彼女を呪縛したのが9年前の事件の絵だった。

でも、結局この絵はとっかかりに過ぎず、
この絵が意味するところは、読者の推察に任せる感じで終わりましたけど・・・

「もし、家族の中にどうしようもないヤツがいたらあなたならどうしますか?」
と問いかけられているようで怖い事件でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー