中古品
¥ 71
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

楽園 単行本 – 1994/3

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,455 ¥ 71
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

エルヴェ・ギベールは、エイズと闘いながら命と競うようにして作品を書き続け、’91年末36歳で逝った。死の翌月『赤い帽子の男』が刊行され本国フランス中に衝撃を与えたのだが、それから約1年を経て発表され更に大きな話題を集めたのが本書である。『楽園』、『天国』とも訳せる極めて暗示的な題名のこの作品、主人公はマルチニーク島やタヒチのボラボラ島など南の海の「楽園」を美女と一緒に旅して回る。これまで「男と女」の関係を決して描いたことのなかったギーベルが、ここではくり返し「ぼく」と女の激しい愛を描き、更に未知の文学世界に踏み込んでいく。彼の絶筆となったこの作品、悲しいほど純粋で残酷な想像力が胸を衝く。

内容(「MARC」データベースより)

カリブ海の島で恋人ジェーンを失った男は、ポケットを札束で膨らませ、ピストルを隠し持って死んだ恋人の思い出を辿り謎から謎へと彷徨する。カタストロフと死と、性愛の感覚がはりつめるなか、物語は思わぬ方向へ…。


登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (1994/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408773188X
  • ISBN-13: 978-4087731880
  • 発売日: 1994/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ANA 投稿日 2007/6/1
形式: 単行本
日記をもとにした、限りなく私小説に近い独特の作風でしられるギベール。

珍しく、フィクションの要素が濃い本作品である。

とはいえ、彼特有の率直さ、ある種の正直さは健在だ。

彼はこの作品でも、彼自身のことを、一切の美化・卑下なしに語っているのである。

きわめて映像的、読者の想像力を喚起させる作品。

なぜか、読んでいるとフランソワ・オゾン監督の『ふたりの5つの分かれ路』に主演していたヴァレリア・ブルーノ・テデスキの

「美しく見えるということは、隠さない、恥ずかしがらない、床を見つめない、顔を上げて背筋を伸ばして立っていることを意味するのです」

ということばが、思い浮かんだ。

ふしぎと、この作品はオゾン監督の映画を連想させるなあと思っていたら、オゾン監督も『ぼくを葬る』で「エルヴェ・ギベールの生き方に共感する」と語っており、腑に落ちた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/6
形式: 単行本
 『僕の命を救ってくれなかった友へ』と『憐れみの処方箋』がギベールの「生」と「日常」を現実にそって著した作品ならば、『楽園』は、「死」と「虚構」を妄想によって著したものだ。
 ギベールにしては珍しく私的な印象の少ない作品であり、それだけに彼の最大の魅力である、圧倒的に優れた技術と想像力を存分に味わえる。
 特に後半、激烈なイメージの断片が爆弾を投げ込むように挿入され続け、ストーリー自体が「発狂」していく様子は、読み手までどうかなってしまいそうなくらい素晴らしい。
 初期の村上龍が好きな方は必読、そうでない人も是非、この世界にどっぷり浸かってみては? 僕的にはギベールの最高傑作です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作品にはまず、ヒロインが登場します。なぜこんなことを私が書くかといえば、彼の作品にだって女性は登場します(これは確か)。しかしながら、女性との性描写はあまり(ほとんど)見られなかったりするので、こう書きました。
しかも彼自身を(毎回と言っていいほど)投影している「僕」が。である。
それから、ほかの作品もそうだが、昼間には読まない方が良いとだけ忠告しておこうこう。
よほどのポーカーフェイスの持ち主のアナタなら、あえてチャレンジしてみては…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
登場してすぐに消えた女性が一番印象に残りました。
珊瑚礁の海に飛び込んで、岩礁で腹を裂いて死んだ女性。
彼女が始終聞いていたCDが無音だったこと。
これを読んで、焼いていないCDをディスクマンにかけてみましたが、何も録音されていないCDディスクでは、ディスクマンを回転させることはできないようです。
ヴァンサンのような勘の鋭い人なら、機械が動作していなければすぐに"偽装"と見破ったことでしょうから、無音の曲を録音したCDを作ったのか。
この本にも性描写が大量に出てきますが、この著者の場合、艶かしさよりもグロテスクさが先行するようで、苦手です。
気持ちの移ろいを描く繊細さで、全編を書いてくれると良いのに。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告