¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
楽園・味覚・理性―嗜好品の歴史 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

楽園・味覚・理性―嗜好品の歴史 単行本 – 1988/2

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 648

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 楽園・味覚・理性―嗜好品の歴史
  • +
  • 嗜好品文化を学ぶ人のために
  • +
  • タバコが語る世界史 (世界史リブレット)
総額: ¥6,187
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

コーヒーの市民的理性とチョコレートのエロチシズム,喫煙のシンボリズムや酒の飲み方・酔い方の人類学。嗜好品の歴史に時代・社会を読みとる味覚のイデオロギーの歴史。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シヴェルブシュ,ヴォルフガング
1941年、ベルリンに生まれる。フランクフルト大学とベルリン大学で文学・哲学・社会学を修める。1973年以降、ニューヨークとベルリンに在住し、多彩な著作活動を展開。2003年にハインリヒ・マン賞を受賞、2005年にマルティン・ヴァルンケ・メダル(アビイ・ワールブルク基金文化学賞)を授与された

福本/義憲
1947年生まれ。東京大学大学院修了。首都大学東京・東京都立大学教授。専攻、ドイツ語学・ドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 249ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (1988/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4588276425
  • ISBN-13: 978-4588276422
  • 発売日: 1988/02
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 452,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
邦訳発売からすでに20年近いわけだが現在でも新刊で入手可能ということは何度か版を重ねてきたと思われる、経過時間を考慮すれば更に良い本も出版されているのかもしれないが、この方面の著作としては現在でも代表作ということなのかもしれない、内容を考慮すれば決して高価な本でなく、おりにふれて読み返したくなる本です、

西洋が受け入れてきた主食ではない、いわゆる「嗜好品」にまつわる歴史・風俗・文化に関する本、高度なトリビア本としても読めます、

個人的には特にカカオ・チョコに関する記述に最も興味をひかれた、とりわけ2章「コーヒーとプロテスタンティズムの倫理」は食物が実際に世界を変えてしまったことが明らかにされており、現在もわれわれがコーヒーの支配下に暮らしている現実を突付けられ衝撃的ともいえます、

かいつまんで紹介すれば、じゃがいも到来以前のヨーロッパの主食はビールと雑穀を煮込んだアルコール含有のビール・スープであった、つまり当時のほとんどの欧州人は朝から少々酔っていた、そんな酔っ払い天国に覚醒作用をもつコーヒーが到来することで欧州人は勤勉さを発揮できるようになり、後にヴェーバーがプロテスタンティズムの倫理と賞賛する世界を準備することになったのだと、

イサク・ディーネセン原作の1987年欧州映画「バベットの晩餐会
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ドイツの方なのでドイツ関係に嗜好品が伝わった様子が詳しく載っています。読んでいて面白かったです。
ビールからコーヒーへの冷めた飲料が冷静な思考を…というのはなるほどなぁと思わされました。
その割に今もガンガンでビール生産してる!って後で突っ込みましたけども。
紅茶の伝来、イギリスとインドとかの三角貿易とか、どのようにイギリスへ紅茶が浸透したのか等、余り書かれてない部分も多いです。ドイツやフランスには紅茶文化馴染まなかったの?とか新たな疑問が次々と沸き上がってきました。
ただ当時の挿絵や風俗画がちょいちょい出てくるので、それがまとまって紹介されているだけでも風俗を調べたい人には面白いのではないかと思います。☆1つ欠けたのは上記のような疑問解消されなかったので。
しかし読み物としては大変面白いし、参考になると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
嗜好品を片手に、この本を読むのは、味わい深いと思いました。
この本は西洋で昔から普及していた嗜好品の、アルコール、タバコ、コーヒー、紅茶などの歴史についての物語だけではありません。
「味わう」というのは、個人的な行為ですが、「ともに味わう」と、その社会の様子をうつす鏡になります。
非常に示唆的な本で、著者がある理論の筋道を説明しながら、たくさん逸話や、古い絵画を挿入していきます。
「個人と社会」の関係はやはり時代を超越する普遍的テーマなので、著者はそれぞれの嗜好品が持つ特長とその社会的な影響をさまざまな方面から検討していきます。
この本を読み進めていくうちに、それぞれの時代の西洋社会の歴史を辿りながら、現代の私たちが暮らしている日本の社会について、たくさん面白い考えが思い浮かんできました。
例えば、なぜの東日本より東日本は、喫煙に対してそれほど風当りが強くないのかとか、なぜパーティのはじめには必ず一緒に「乾杯」するのかとか、イギリスの「アフタヌーンティー」と日本の「茶会」では、スタイルは異なりますがが、「儀式化」されていて、その所作も重要な茶の味わいの要素なのではないかなど。
そのようにこの本を読みながら、私自身がこの本のテーマである「嗜好品」を味わうように、本を読むことを味わいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック