通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
楽々ズボラ菜園コツのコツ―不耕起・三層マルチ・直ま... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 E-shop Tom's House
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干のスレ・ヨレはございますが、中身は書き込み・使用感も無く、きれいな状態です。迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

楽々ズボラ菜園コツのコツ―不耕起・三層マルチ・直まき栽培で 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 946

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

南/洋
昭和17年1月8日京都生まれ。昭和39年京都府立大学農学部卒業、京都府に農業関係技術吏員として就職。茶業研究所次長、園芸研究所花き分室長、病害虫防除所長等を歴任。平成13年退職し、現在京都府立農業大学校嘱託。南農業研究会主宰、日本漫画家協会会員、京都芸術デザイン専門学校講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 142ページ
  • 出版社: 農山漁村文化協会 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4540061917
  • ISBN-13: 978-4540061912
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 650,829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 とぼけた絵柄の表紙にだまされず、中身を読んでから購入の可否を決めた方が良い好著。長年の菜園経験から編み出された一種裏技的なノウハウの数々は、プロ農家にない素人ならではの工夫に満ちており、菜園ビギナーに役立つこと請け合いだ。
 また、化学肥料を有機的に土に活かす視点は目新しく、化学肥料のお手軽さと有機栽培による安心をうまく結合させているように思える。その意味からも是非一読を。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
芝生だったスペースがカヤの雑草園となり、刈った雑草も捨てるには多すぎて、庭のあちこちに積みつつ悩んでいたのですが、この本を読んで、カヤでもマルチになるのだ、と目から鱗。
試みに鍬を入れてみると、いつの間にか、芝生は消えて、土が柔らかく黒っぽくなっている・・・。

以後、この本を教科書に庭に畝を作りこれから種まきで実験です。

雑草をマルチに使う、一度畝を作ったらもう耕さなくていい、畝に雑草をマルチし、黒マルチをかけてさらに雑草マルチ、500mlのペットボトルの底を切り取って種や苗の保護キャップを作る、など、手軽なアイデアが満載です。

これで少なくとも畝つくってマルチをかけたとこだけでも雑草が勢いづかないことを祈りつつ・・・。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bambooshoot トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/11
形式: 単行本
ウワッ、面白い!と思わせるアイディア一杯で有機農業に傾倒する方は、読むとワクワクさせられます。高畝、黒ビニールマルチの下には有機素材のマルチング、育てた野菜の数々に関する著者なりのノウハウが載っています。

しかし、実際面白がって検証してみると500mlPETボトルの直播育苗は、外すタイミングが難しく、徒長したひ弱な苗になってしまいました。大きいPETボトルも使ってみましたが、私の場合は上手く機能しませんでした。その年の湿度・天候にもよると思いますが、頻繁に作物に気を配ってやれる環境が必要で、週末菜園ではかなり難しいと思いました。

夫々の地方で圃場の環境、技量に応じて導入する事をお奨めしますが、先ずは検証しないと始まりません。先ず、著者の畑はかなりのスペースがあり、畝も充分に取っています。しかし、一般の家庭菜園では其処までのユトリが無い場合が多く、二年三作とならない様にの注意は中々守れませんし、落葉を集めての自家製腐葉土作り、堆肥作りと本来の野菜の世話より手間が掛かります。時間的にユトリのある方向けのコツのコツです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告