中古品
¥ 1,137
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

極限脱出 9時間9人9の扉 オルタナ(上) (講談社BOX) 単行本(ソフトカバー) – 2010/2/2

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 998

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

密閉空間で繰り広げられる圧倒的な“プラチナ級サスペンス”

チュンソフトが贈る最新サスペンスアドベンチャーを、ミステリ作家・黒田研二が大胆かつ斬新な解釈により完全書き下ろし!

平凡な大学生・淳平が目覚めると、そこは見知らぬ船室。鉄の扉には、血のような真っ赤な塗料で「5」の文字が書かれていた。必死で記憶を辿る淳平に、ガスマスクを着けた謎の男の顔と奇妙な言葉が蘇える。「これからおまえにはゲームをしてもらう。“ノナリーゲーム”……生死を懸けた運命のゲームだ」。いま、壮大な謎と陰謀が仕掛けられた“極限のサバイバル”が始まる!

※本書は2009年にチュンソフトより発売されたゲームソフト『極限脱出 9時間9人9の扉』のシナリオをもとに、黒田研二氏が書き下ろし、小説化した作品です。

内容(「BOOK」データベースより)

平凡な大学生・淳平が目覚めると、そこは見知らぬ船室。鉄の扉には、血のような真っ赤な塗料で「5」の文字が書かれていた。必死で記憶を辿る淳平に、ガスマスクを着けた謎の男の顔と奇妙な言葉が蘇える。「これからおまえにはゲームをしてもらう。“ノナリーゲーム”…生死を懸けた運命のゲームだ」。いま、壮大な謎と陰謀が仕掛けられた“極限のサバイバル”が始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 276ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062837366
  • ISBN-13: 978-4062837361
  • 発売日: 2010/2/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 275,363位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ゲームをプレイして大好きになり、小説の評判をネットで調べてみるとゲームとは設定が少し違うということに興味を持ち、買うことを決めました。下巻と一緒に頼んだら下巻の方が先に来てしまい、おまけに前巻が届くのに一週間以上もかかってしまいなかなか読み始められませんでした(笑)実際に読むとゲームと違っている部分が沢山あり面白く下巻まで一気に読んでしまいました!ゲームとは違う視点で物事が描写されていて、「ああ、こういう見方も出来るんだな」と感じ、買ってよかったと思っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 扉の外、ライアーゲームのようなハラハラドキドキ感があると言って差し支えない。

 物語自体は実に面白い。読書嫌いな人にお勧めする一作である。
 ただ、多くの本を読みこなしてきた読者からは少し苦言を呈されそうな本であるのも、また事実である。
 まず、謎のゲームに参加させられ、負ければ何かしらのペナルティーが待ち受けている、という設定は、昨今においてはありきたりとなってしまった点が挙げられる。つまり、オリジナリティーに欠けているのである。
 加えて、登場人物が冒頭から九人という大所帯なため、やや理解が遅くなる。
 上記の観点から、星三つとするが、仔細なことにこだわらなければ、星四つは確実だろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック