極道大戦争 プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,478
通常配送無料 詳細
発売元: ファンマーケット
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: NKマーケット2017
カートに入れる
¥ 3,265
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

極道大戦争 プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,536
価格: ¥ 2,478 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,058 (45%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ゆうネット☆2個で2%、3個で3%、4個で4%、5個以上で5%OFF☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 極道大戦争 プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • 新宿スワン [DVD]
  • +
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
総額: ¥9,186
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 市原隼人, 成海璃子, ヤヤン・ルヒアン, リリー・フランキー, 高島礼子
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2015/11/03
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B011KR3RI8
  • JAN: 4907953066441
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 96,623位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

全てのアウトロー映画に捧ぐ―三池崇史の原点回帰。
日本の未来をかけた、超絶「YAKUZA WARS」開戦!!
もう、止まらない“全員ヤクザ化現象"
豪華キャストで贈る、前人未到のアクション・エンターテインメント大作誕生!

★三池崇史監督、原点回帰!!
★市原隼人を軸に豪華キャストが共演!
★12年ぶりにカンヌ国際映画祭監督週間に出品!
★ヤクザ+ヴァンパイア+アクション=前人未到のエンターテインメント!

【キャスト】市原隼人、成海璃子 / 青柳翔、渋川清彦、三浦誠己、テイ龍進、ヤヤン・ルヒアン、
三元雅芸、有薗芳記、中村靖日、坂口茉琴、優希美青、三津谷葉子、渡辺哲、ピエール瀧、でんでん、
リリー・フランキー、高島礼子

【スタッフ】監督:三池崇史、脚本:山口義高、音楽:遠藤浩二

【初回限定特典】オリジナルスリーブケース
【音声特典】オーディオコメンタリー
【映像特典】
○メイキング映像
○イベント映像(三池崇史プレゼンツ大人だけの空間/初日舞台挨拶/MX4Dイベント)
○アニメ「極道酒場でんでん」
○劇場予告/特報/TVスポット

※特典内容は予定です。予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三池崇史監督が市原隼人主演で描く任侠アクションコメディ。ヤクザの親分・神浦の血を受け継ぎ、ヤクザバンパイアとなった敏感肌の半端ヤクザ・影山。だが、ヤクザバンパイアがカタギの血を吸うと、カタギはヤクザ化して無限に増殖していき…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
全編悪ふざけのような、伏線もなければ回収もなく、テンポも悪ければ話の筋もない、どうしようもない作品ではあるのかもしれませんが…

全然嫌いになれないと言いますか……や、むしろ好きな作品です。
というのは、役者それぞれの「見せ場」だけを集約したような、まるで白浪五人男のような作品だと思うからです。
思わず画面に向かって掛け声を掛けたくなるような、そんな映画だと思います。
まあ確かに無茶苦茶です(笑)ですが、リリー・フランキーの殺陣、ピエール瀧の立ち居振舞い、でんでんの下駄、ヤヤン・ルヒアンのキュートさ、テイ龍進のキャラクター、高島礼子のひくほどの狂気等々、本当に出演している役者さん全員に見せ場が作られていると言ってもいいほど見せ場に次ぐ見せ場の連続で、それ自体を愛でるには最高の作品だと言ってもいいと思います。
ただ客観的に傑作かと言われたらそんなことはないかと…。星は「俺の好きさ」の度合いだと思っていただければ。
私はOTDさんのレビューに「参考になった」をポチりましたが、OTDさんのレビューはフラットな意見として相当正鵠を射ていると思います。
「なんだこりゃ?」って感じること請け合いですし、見せ場の連続のため筋はないしテンポも悪いです。
ただ……なんなんでしょうかね、ものすごく好きなんですよ〜!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
三池監督だからいろいろとやるだろうなと思ったらやっぱりなぁ...何でもありの作品を作らしたら当たるかコケるかのどちらか。リリーさんてそっなく役にハマるのが不思議役者じゃないのに。作品自体はヤクザの親分がヴァンパイアで、組の人間は知らない。自分の跡目を市原に託す前の親分は一般人を襲わなかった。跡目を継いだ市原はパニックて一般人を襲ってしまい噛まれた堅気がヤクザヴァンパイアになって次々と堅気を襲い、やがてヤクザヴァンパイアVSヤクザVS殺し屋<怪物?>の構図となる。男のヤクザの中で唯一女性のヤクザ高島さんが気にいってた。マサルが何故父の仇を殺し屋に行かなかったのは裏で高島が絵図を買いていたから、だから許せなかった。70~80年代の映画でトンデモ映画と酷評受けた映画が今になると高評価になってる場合がある。さてこの作品はどうなる事か。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もうこの手のサブカルノリの映画はお腹いっぱいです。30年ぐらい前に作られていれば隠れた良作(トンデモ作?)みたいに楽しめるんでしょうね。サブカルって概念が死語になった現代にいまだこんな映画が日本の映画の一角になっていることは本当に残念に思います。お金と才能と時間の無駄遣い。観てる方も苦しい。
映像は熟練の監督らしく綺麗でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大人にはなれない トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/16
序盤は面白い。
「ヤクザ・・・?ゾンビ??」
(設定も気になるし、豪華俳優陣にテンションもアガる)

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
悪夢「妖怪大戦争」を思い出しました。
(展開が進むほど「ガッカリ」するなんて・・・)

「妖怪大戦争」や「スキヤキジャンゴ」とかが楽しめたのなら、たぶんOK!
残念ですが、「ノリが合わない」作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告