極悪レミー 通常版 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

極悪レミー 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 3,324 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 974 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,324より 中古品の出品:2¥ 3,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 極悪レミー 通常版 [DVD]
  • +
  • レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー (Loft BOOKS)
  • +
  • Bad Magic
総額: ¥8,385
ポイントの合計: 94pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レミー・キルミスター, フィル・キャンベル, ミック・ジョーンズ(THE CLASH), ミッキー・ディー, オジー・オズボーン
  • 監督: グレッグ・オリヴァ―, ウェス・オーショスキー
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2011/03/09
  • 時間: 164 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004JU0BSI
  • EAN: 4988003804640
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,260位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

負け犬として生まれ、勝つために生きる-遂に待望のときが来た!!!劇場大ヒット作がついにDVDで登場!!暴走ロックンロールの帝王、モーターヘッドの生きる伝説、レミーのドキュメンタリー巨編!レミーの生き様にビビッて笑って泣ける、最高の感動実録映画!! 【映像特典】 ★予告編 ★メイキング  ★SXSW映画祭ワールドプレミア映像 ★レミーインタビューアウトテイク ★レミーのベース演奏について毒を吐く無敵のダミ声、驚異の高角度マイク、鼓膜を破壊する世界最大音量のベース。"負け犬として生まれ、勝つために生きる"この世で最もブレない男の凄い生きざま!!全ロックファン待望の超話題作、ついに登場!!! 75年イギリスで結成、すぐさまその過激な発言と凄まじいライヴで音楽誌に”世界最悪のバンド”と評されて以来、35年を経てなお衰えるどころか激しさを増して暴走(活動)を続け、ヘヴィメタル界からパンク/ハードコア界まで他に類を見ない広く熱い支持を集めるバンド、モーターヘッド。本作は、このバンドを牽引し、かるく還暦を過ぎながらも人生を折り返すことなく攻め続ける伝説の”漢”、レミー・キルミスター(B./Vo.)の半生を追った、全ロックファン待望のドキュメンタリー映画!数々の鬼のような武勇伝とともに壮絶な人生を歩んできたその”極悪暴走番長”レミーは、モーターヘッドの音楽性そのままに世界で最もブレない男として、その生き様が常に人々を魅了してきた。本作では、そんなレミーを3年以上もの時間をかけて追跡、この世で最もロックンロールライフを体現する男の素顔に迫ることに成功した。モーターヘッドでの怒涛のツアー、自称世界一の第一次大戦グッズコレクターとしての顔、日常生活、レコーディング、そして家族!?との時間…。今まで我々では知り得なかったレミーの恐るべき生態が、過去の貴重なアーカイヴ映像とともに明かされていく。そして勿論モーターヘッドの極悪なライヴ映像はふんだんに収録、メタリカとの共演ライヴなど必見の映像が満載。モーターヘッドとレミーに心酔する錚々たるミュージシャンたちの大挙出演も相まって、史上稀に見る大作ロックドキュメンタリーとなった!

内容(「Oricon」データベースより)

暴走ロックンロールの帝王、モーターヘッドの生きる伝説、レミーのドキュメンタリー巨編!毒を吐く無敵のダミ声、驚異の高角度マイク、鼓膜を破壊する世界最大音量のベース。“負け犬として生まれ、勝つために生きる”この世で最もブレない男の凄い生きざま!

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

活動35周年を迎えたモーターヘッドのレミーを捉えたドキュメンタリー映画です。

自宅でのインタビューや地元LAのクラブでゲームに興じる姿も、メタリカとの共演(95年、09年)を
含むライヴ映像もとにかくカッコ良すぎ。今年65歳というのが信じられない位のエネルギーと、さら
に磨きこまれた貫録が充ちてます。驚いたのは、第二次世界大戦時のドイツの駆逐戦車ヘッツァー
(稼動状態の実物!)に搭乗するシーン。彼がWW2のドイツ軍を中心としたミリタリーマニアという
のは知ってましたが戦車兵制服に身を包みキューポラに収まる『レミー戦車長』の姿は似合い過ぎ。

コメントを寄せるゲスト陣もメタリカ勢にオジー御大、アリス・クーパー、スラッシュにスコット・イアン、
デイヴ・ナヴァロにニッキー・シックス、マット・ソーラム、デイヴ・グロール(スタジオでの共演映像も
あり)・・・と豪華すぎる面々。ストレイキャッツのスリム・ジムやクラッシュのミック・ジョーンズも賛辞
を寄せており、レミーが幅広い人々に支持されてきたことが実感できます。他にも貴重なホークウイ
ンド時代のライヴ映像などもあります。

劇中で垣間見える、義理と人情に篤くファンを大事にする姿はまさに『男が惚れる男』。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 saneyuki 投稿日 2012/3/2
Amazonで購入
映画館で観た日の夜に購入。
最後の方にはレミーのことが大好きになります。
不思議に元気が出る映画です。
メタリカとの共演は、大人と子供のよう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めレンタルして見たのですが、見終わった瞬間パソコン開いてAmazonで買いました。
レミー最高、これ見るとジャックダニエルの消費量半端ないっす
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
音楽は全く知らなかったのですが、以前レミーさんのインタビューに感銘を受けたため視聴いたしました。ロッカーの日常はえてしてキュートだったりしますが、レミーさんはもうなんだか、バットマンとかジョーカーとかああいうキャラが動き回っているかのようで堪りませんでした。ぶれないにも程がありますよ。レミーがチップスを作る、レミーがベース演奏美学を語る、レミーが戦車を乗り回す、いやはやツボにはまってしまいました。中でも、Nシックスが、レミーがあまりにもとあるゲームに夢中になることを「あのゲームに、何かメタル瞑想的なものでもあるのかね」といった下りは爆笑でした。ゲストも豪華だし、ロック好きには溜まらない仕上がりです。はっきりいってオズボーンズとかより、面白いです。なんといっても、主役が演じるもなにも素であらゆるシーンにマッチしてしまっているので。今後音楽も聴いていきたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック