Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,500

¥ 120の割引 (7%)

ポイント : 220pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[窪田良]の極めるひとほどあきっぽい
Kindle App Ad

極めるひとほどあきっぽい Kindle版

5つ星のうち 4.2 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

全世界に1億2000万人の患者がいると言われる「加齢黄斑変性」。その治療薬を開発している窪田良氏は「ゲノム研究」「眼科医」「起業家」という3つの領域を極めた希有な日本人です。 窪田氏は異なる分野で一流になれたのは彼が天才だからでは決してありません。 環境や考え方、そして好奇心に対するアプローチを変える生き方が今の窪田氏を形作りました。2014年2月には東証マザーズに上場を達成しています。世界が認めたイノベーターのメソッドを是非お読みください。

内容(「BOOK」データベースより)

20代学者!30代医者!40代ベンチャー社長!「眼」を極めた著者が知っている仕事も人生も楽しみながら成功する生き方。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 282 KB
  • 紙の本の長さ: 246 ページ
  • ページ番号ソース ISBN: 4822274209
  • 出版社: 日経BP社 (2013/5/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00F3UTNUK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 94,457位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
日本社会に閉塞感を感じている方にこそ読んで頂きたい一冊です。

著書はバイオベンチャーの社長をされておられるということから、どうもバイオ産業に関わっていないと食指が動かないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、この本の根底にあるテーマは決して研究やバイオなどの専門性ではなく、「生き方の選択」であると思います。

終身雇用の崩壊が叫ばれる昨今、「生き方の選択」は多くの日本人に共通のテーマではないでしょうか。現状がいまいちイケてないのはわかっていても、じゃあどうしたらいいのかどうやって動けばいいのか、わからない。そんな方々への羅針盤になるような内容です。

本書を読み進める中でビックリしたのが、著者の飽くなき知的好奇心とバランス感覚、そしてインテグリティ。「軸をもってチャレンジすればこんな世界が見えるよ」と元気づけてくださっているように感じました。

窪田さんに元気を分けてもらいたい方は是非ご一読されることをオススメします。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
帯に10年毎に全く違う職業に就いていた事が書かれていて、
とても興味を惹かれました。
成功した方だけあり、文章の読ませ方も非常に上手です。
なので、本当に『自分もこうなれそう』と思わせてくれます。

が、裏を返せば『所詮は成功者の言葉』です。
同じようにやろうとしても、きっと無理です。
成功した人だからこそ書ける言葉なんだと思いました。

ただ、本書に感銘を受けて向上心を持つ事はとても大事だと思います。
なかなか人生は努力しても花開かない事が多いですが、
彼のように成功する方もいると知ると励みになります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
“落ちこぼれ”の窪田少年は10歳の時、父親の転勤で米国という異境に放り込まれた。言葉はわからず、友達もできない。1年近く続いた孤独な日々。ところが、ある日、雑音だった英語が突然、理解できるようになった。「成長は直線的ではない」という現実に気づいた瞬間だ。

上記は第1章「成長は、ある日突然やってくる」の冒頭の文章です。筆者が天才かどうか、それは些細なことであり本書のエッセンスからは遠くかけ離れているのでしょうが、紹介文に「窪田氏は異なる分野で一流になれたのは彼が天才だからでは決してありません。」と書かれている以上噛み付きたくもなります。英語が突然理解できるようになった、ということ自体なかなか想像が付きにくいですが、でもそういうこともあるのかもしれません。しかし、落ちこぼれで極めてできの悪い子供だった筆者が米国では飛び級したり新聞配達で目覚ましい実績を作ったり、夏休みのサイエンスフェアでは牛乳の紙パックと紙風船を使用し肺のモデルを作って入賞したりと、「平凡」とか「落ちこぼれ」という言葉はどんな意味だったのかおかしくなりそうです。

その後日本に戻ってからは成績が悪かったそうですが、それでもさらっと慶応義塾大学の医学部に入学しているのだから筆者の才覚は推して知るべし。「正直、興味に対する集中力が異常なのだろう」という一文が光ります。
<
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
僕は「極めてない上あきっぽい」人なのですが、読後ちょっと自分に対して肯定的になれた気がします(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本には、人生で大切なキーワードが凝縮されています。

中でも印象深い言葉は、
「いい意味の飽きっぽさは厳しい時代を生きる武器になる」でした。
「飽きる」=「中途半端」というイメージを覆すこの言葉を、人生、潔さと思い切りが必要な時には、思い出したいと思います。

著者は「眼」に対する好奇心から、研究者、眼科医、そして今は起業家となり、失明を撲滅するために新薬開発をする製薬ベンチャーのCEOへとキャリアチェンジをしています。
なかなか、自分の好奇心のままにここまでキャリアを築ける人はいないと思いますが、どういう環境がこういう人を生み出すのか、どういう経験を積んだらこういうことができるのかなど、この1冊から得られるヒントは、変化の激しい今の時代に活かせるのではないかと感じています。

構成は、この通り年代ごとにまとまっているので、あの頃の自分自身と照らし合わせながら読んでみるのも面白いのではないでしょうか。
窪田良氏が大学生で研究室に入り浸っていた時代、私は中学のブラスバンド部でトランペットを上手に吹けるよう頑張ってたな〜などと懐かしい思い出がよみがえってきました。

プロローグ 10年ごとに違う自分になる

第一章 成長はある日突然やってくる(
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover