通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
楫取素彦と吉田松陰の妹・文 (新人物文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

楫取素彦と吉田松陰の妹・文 (新人物文庫) 文庫 – 2014/12/9

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 楫取素彦と吉田松陰の妹・文 (新人物文庫)
  • +
  • 松陰の妹二人を愛した名県令・楫取素彦-松下村塾を支え富岡製糸場を救った群馬の恩人- (B&Tブックス)
総額: ¥2,970
ポイントの合計: 45pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の準主役
楫取素彦(小田村伊之助)のことが一番詳しくわかる決定版!
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文の夫にして、
吉田松陰の至誠を継いだ、知られざる偉人・楫取素彦(小田村伊之助)の人生に迫ります。
天才で知られる吉田松陰の陰で、彼を生涯支え続け、松陰の死後もその志を継ぎました。
幕末、長州藩主の側近として各地を飛び回り、
坂本龍馬を桂小五郎に紹介して薩長同盟の端緒役となります。
維新後は初代群馬県令として活躍し、富岡製糸場の危機を救い、のちに群馬の父と呼ばれました。
こうした楫取の功績は驚くほど知られていません。
本書は、楫取素彦と吉田松陰、その妹・文の生涯を丹念に描いた労作です。
巻末には、坂本龍馬との出会いを語る楫取の回顧録「薩長連合の発端」と
文(美和子)が、松陰がいた頃の杉家の話を語った「楫取美和子回顧録」を
特別収録しており、必見です。

内容(「BOOK」データベースより)

天才で知られる吉田松陰の陰で、彼を生涯支え続け、松陰の死後もその志を継いだ楫取素彦。本書は、楫取素彦と吉田松陰、その妹・文の生涯を丹念に描いた労作。巻末には、坂本龍馬との出会いを語る楫取の回顧録「薩長連合の発端」と文(美和子)が松陰がいた頃の杉家の話を語った「楫取美和子回顧録」を特別収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 287ページ
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版 (2014/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046009373
  • ISBN-13: 978-4046009371
  • 発売日: 2014/12/9
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 401,094位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本の大部分は吉田松陰との関係を軸に、松陰の2人の妹、寿と文と結婚した楫取素彦の生涯を追っている。
正直、大河ドラマが決まるまで、楫取素彦について、全く知らなかったが
他の松下村塾のメンバーと比べて派手さはないものの
とての実直な人物だったということがよくわかる。
明治維新後、藩主の側近として、藩主が中央仕えを許さなかったのが
大きな分岐点になったと思われる。そのまま明治政府で活躍していたら
木戸孝允と並ぶほどの人物とされていたのだろう。その点が惜しい。
吉田松陰や木戸孝允といったメジャーな維新の人物ではなく、
長州藩の外交面で活躍した楫取素彦という人物からの視点で読めるのが新鮮だった。
来年は、大沢たかおさんが演じるみたいなので、大河が楽しみになった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
楫取素彦さん、吉田文さんとも、今まであまり知られていない方でしたが、大河ドラマに取り上げられるという事で、過大な評価をされている感があります。しかし著者の一坂さんは、歴史研究家として客観的な立場をベースに貫かれていると同時に「人としての側面」も的確に描かれていると思いました。歴史の中に登場して来る人物を評価するには、当時の背景を正確に把握した上で見る必要がありますので、ドラマはドラマとして認識した上で、等身大の主人公を見ていく上で、大変参考になる著書だと感心しました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
花燃ゆに感化して購入。写真もあり詳細な調査に驚く。読むべし!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大河ドラマで、はじめて知った楫取素彦という人物。
他の松下村塾のメンバーと比べると、
いぶし銀のような地味だけど、松陰の志を継いで明治を生きた人ということが
よくわかる。大河をきっかけにこうした知られざる人物にスポットライトが当たるのは
とてもよいことだと思う。
本書の巻末で、楫取が坂本龍馬を薩長同盟の足がかりとして長州に紹介したという
明治に書かれた楫取のインタビューがとても面白かった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告