通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
椿山課長の七日間 (朝日文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

椿山課長の七日間 (朝日文庫) 文庫 – 2005/9/15

5つ星のうち 4.3 202件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 607 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 椿山課長の七日間 (朝日文庫)
  • +
  • 天国までの百マイル (講談社文庫)
  • +
  • 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくる。ただしみずからの正体を明かすことは許されず、39歳の独身美女の姿を借りているため、行く先々で珍騒動が巻き起こる。家族に、仕事に、やり残したことをやり遂げ、主人公は無事成仏できるのか。行動をともにするやくざの組長と小学生のストーリーをからめつつ描かれる、ハートウォーミングな「死者の自分探し」の物語である。

   もともと新聞連載小説だけに、随所に泣き笑いのつぼが設定されており、著者独特の歯切れのいい文体ともあいまってたちまち引き込まれる。脇役の一人ひとりまで丁寧にキャラクター設定された「優しい人」「いい人」たちによるファンタジーは、まさに浅田節の真骨頂だ。おまけに中年の純情恋愛までが織り込まれ、山あり谷ありで読者を飽きさせない。やや意外なラストシーンはほろ苦くも温かい味わいを残す。

   美しい女性の肢体をわがものにした主人公の行動のおかしみ、間抜けな死に方をしたやくざのべらんめえ口調の説教節など、著者ならではのディテール描写、懐かしくも美しい日本語の世界などは、本筋をはなれても楽しめる。死をめぐり、家族間、世代間で感想を述べ合うきっかけとしても好適のエンターテイメントといえよう。(松田尚之) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

働き盛りの46歳で突然死した椿山和昭は、家族に別れを告げるために、美女の肉体を借りて七日間だけ“現世”に舞い戻った!親子の絆、捧げ尽くす無償の愛、人と人との縁など、「死後の世界」を涙と笑いで描いて、朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ感動巨編、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 416ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2005/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022643528
  • ISBN-13: 978-4022643520
  • 発売日: 2005/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 202件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,039位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 takko 投稿日 2017/2/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
死後の世界に対する恐怖心?が薄れる本。
他人に迷惑をかけない程度に好きなように生きよう!と
改めて思った。
いつこの世での終焉を迎えることになろうとも後悔の無いように・・・
「超オモシロイ!」って感じでは無かったけれど
心が少し軽くなる一冊だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
楽しい本に出合うと、次もまたと読書が楽しみになります。
映像ばかりを楽しんでいましたが、
すっかり読書の習慣がつきました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人には様々な生き方、人生がある。しかし、どのような人生を歩むにしろ、その根幹にある大切なものは同じだということを、変わった角度から、ユーモアと涙を混じえて訴え、考えさせてくれた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/2/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
初出は朝日新聞に連載。2002年10月リリース。電子化は2006年11月24日電子化。それ以外に、2003年に舞台化、2006年に映画化、2009年にテレビドラマ化されている。

稀代のストーリー・テラー浅田次郎の筆が冴えまくり、時々滑りそうなくらいになめらかで読んでいてハートが温かくなる。ストーリーは未読の方のために余り触れないこととして、ぼくが最も感じたのは主人公の『鈍感』さだ。妙齢の美女になって3日間だけ現世に戻ってくる主人公は、自分が信じられないくらいに現世で『鈍感』であったことに気が付かされる。特に、ずっと彼の言葉を待っていた女性に対しての『鈍感』と父に対しての『鈍感』。そしてその女性と父との言葉に己の『鈍感』を恥じる。そこで思わず止まり、浸ってしまう。

そして思うのはぼくもこの主人公と同等に『鈍感』だろうということ。

『ずっと彼の言葉を待っていた女性』は、その『鈍感』さを愛していたのかもしれない。真に優しい女性は不器用なのだろう。独身男性の人たち。『ずっと彼の言葉を待っていた女性』を見落としていないか?主人公のように父に『ボケ老人のふり』をさせていないか?

この小説、ラスト・シーンがまた良い。父のカッコ良さ。男気そのものだ。ぼくも日々、主人公のような企業戦士であるわけだが、いつかはこの
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 浅田次郎のエッセイははずれがなく、歴史時代ものも重厚で面白い。こちらの作品は打って変わって、コミカルでホロッとさせる内容。個人的には主人公の椿山課長のストーリーではなく、ヤクザの親分が一番面白く、次が子供のストーリーであった。椿山課長のくだりは、男なら誰しもが持っている、別れた彼女がまだ自分を想ってくれているのではないかという、淡い期待が前面過ぎてちょっと引いてしまった。死後の世界という、興味がある世界がこのようだったらというファンタジーを感じさせる本だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人の死を、しめっぽくなく「さらり」と浅田流のタッチで書きだしてくれるから、思わず、すーーっと、軽音楽でも聴くつもりで読み出した。
「家族を、子分を、そして生みの親を」それぞれ思う3人(最後には4人?)の死後が、少しずつ少しずつ寄り添ってきて、最後には1本の糸に編み込んでいく筆力はさすが。短いコントを繋ぐように書いてはいるが、お仕着せでない死生観がにじみ出ている。しみじみとさせる読後感。生きている時を大切に・・・・・と言っている。「さらり&しみじみ」・・・・・・。そのことを表徴しているような安西水丸の装画もイイ。もしかして、昨日お会いしたあの人は、あの世から「一時帰世」していた人では?と、ふと思ったりもする、不思議な、そして、死を扱いながら、なんと温かい本。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
家族愛、師弟愛など愛を追求した作品でとても感動した。特に感動したのが、椿山と同期入社の智子の告白。椿山と仲良くなりすぎたがため恋愛感情を伝えられず、また椿山が別の女性と結婚するときには自分のためにとっておいたとっておきの指輪を紹介するという、心から椿山のことを想っている心情がとてもよく伝わった。また、借り物の姿で現世に戻り自分の正体を明かしてはいけない中で、どのようにして未練を果たしていくのか、その過程もとてもおもしろかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 審判長 投稿日 2014/1/10
形式: 文庫
 人生を見つめなおすきっかけになると思います。
 
 人間、ありがとうを忘れたら生きる資格はない。

 この一言に尽きます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
朝日新聞連載中から、毎日楽しみにしていた作品。
そのまま知らずにいた方がよかったかもしれないことを、
知ってなお、家族や大切な人たちを愛し続ける人たちの姿に泣けた。
復讐が全く行われないところに物語の深さを感じるし、
それでいてキレイごとで終らないところがさすがだと思う。
何回読み返しても、本当にぐっと来ます!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー