椿山課長の七日間 デラックス版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換済です。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。 (内容物は写真でも確認できます) 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 レンタル中古品の為、 多少のキズや、ディスク、ジャケットに管理シールが貼って有ります。 (傷み防止の為、防水包装で保管しています) 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、すぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、 不具合等ございましたら、 評価される前にご連絡ください。 迅速に返品、返金などの対応をさせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: リヴァーシア RC店【全品アマゾン倉庫より迅速発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

椿山課長の七日間 デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,780より 中古品の出品:19¥ 765より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 椿山課長の七日間 デラックス版 [DVD]
  • +
  • ばかもの [DVD]
総額: ¥6,349
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西田敏行, 伊東美咲, 成宮寛貴, 和久井映見, 市毛良枝
  • 監督: 河野圭太
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2007/06/04
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000NJXEOM
  • JAN: 4560242140675
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 70,760位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ひとめあなたに、会いに生きたい。浅田次郎原作、豪華キャストで贈る、珠玉の感動ファンタジー!

●浅田次郎(『鉄道員(ぽっぽや)』『地下鉄(メトロ)に乗って』)のベストセラー小説、完全映画化!
浅田次郎による原作「椿山課長の七日間」(朝日新聞社刊)は、2001年7月2日~02年4月16日までの間、233回にわたって朝日新聞紙上に連載され、その当時から主人公・椿山和昭と同世代である中高年層はもちろん、若者から高齢者まで幅広い世代からの支持を集めて大きな話題を呼んでいた傑作小説。発行された単行本、文庫本の総計は46万部を突破し(06年11月現在)、発売直後から現在に至るまで絶え間なく人気を集めているベストセラー。


●話題の豪華キャスト 夢の競演!
椿山課長役には、日本を代表する俳優 西田敏行、椿山の化身となる絶世の美女・和山椿役にTV、CM、映画と活躍の幅を広げる人気若手女優伊東美咲、椿山課長と同じくよみがえる元ヤクザ/ヘアスタイリスト役に若者に圧倒的支持を得る若手俳優成宮寛貴という世代を超えた人気を誇る豪華主演陣のほか、「14才の母」で主役を演じ話題を呼んだ志田未来と、「ALWAYS 三丁目の夕日」で好演の須賀健太、いま最注目のU‐15が揃って出演しているほか、和久井井映見、市毛良枝、余貴美子、國村隼、桂小金治といった演技派俳優陣らが脇を固めています
●監督は、『子ぎつねヘレン』で日本中に感動の渦を巻き起こした、河野圭太。
「古畑任三郎」シリーズや 「王様のレストラン」「白い巨塔」など数多くのTVドラマを手がけた、日本映像界の俊英・河野圭太。
●主題歌は人気男性デュオ、コブクロの「あなたへと続く道」
コブクロにとって初の映画主題歌。美しいハーモニーと、ピアノによる繊細な旋律によって綴られる感動のバラードが映画のラストを切なく彩り、あたたかな涙を誘う。

<特典ディスク>
●メイキング●完成披露試写会映像●初日舞台挨拶映像●劇場予告篇

<ストーリー>
社運をかけたバーゲンセールの真っ最中、勤務先のデパートで脳溢血のため突然死した椿山課長(西田敏行)。やり残した仕事や愛する家族、21年分が未払いの住宅ローン……あまりに未練がありすぎてこれじゃあ死んでも死にきれない!しかし、天国と地獄の中間地点にある中陰役所で、三日間だけ現世に戻ることを許された椿山は、正体がバレないように生前とは似ても似つかない絶世の美女、和山椿(伊東美咲)となってよみがえる。「あの世」から「この世」に舞い戻った椿山は、家族の秘密と親子の愛情、そして秘められた想いを初めて知る。椿山と同様に、殺されたヤクザの親分・武田もまた三日間だけのよみがえりを許される。美貌のヘアスタイリスト・竹内へと姿を変えて……。そして彼もまた、自分が殺された謎を追っていくうちに、生きている間には知りえなかった、仲間たちがよせる信頼と愛情、絆の深さにあらためて気づかされるのだった―。
<スタッフ>
監督:河野圭太 『子ぎつねヘレン』原作:浅田次郎 「椿山課長の七日間」(朝日新聞社刊)
脚本:川口晴/音楽:服部隆之/撮影:川越一成/美術: 下幸治/照明:花岡正光
録音:郡弘道/編集:田口拓也/製作総指揮:若杉正明
主題歌:コブクロ 「あなたへと続く道」(ワーナーミュージック・ジャパン)
<キャスト>
西田敏行 伊東美咲 ・成宮寛貴
和久井映見 市毛良枝 桂小金治 須賀健太 志田未来 沢村一樹 渡辺典子 余貴美子 國村隼

Amazonレビュー

   浅田次郎の同名小説を映画化したファンタスティック・ヒューマン・コメディ。脳溢血で突然死してしまった椿山課長(西田敏行)は、天国と地獄の中間にあるお役所の役人(和久井映見)のはからいで、1週間だけ現世に戻ることが許されたが、正体がばれないよう、なんと絶世の美女(伊東美咲)の姿と化して降臨してしまう! つまりここでは伊東美咲が西田敏行を演じるという、とてつもないギャップがおもしろさの根幹となるわけで、伊東は持ち前の美貌をかなぐり捨ててガニマタ歩きの大奮闘。また、彼(彼女?)以外にもあの世からのお仲間がいて、特にヤクザの組長(綿引勝彦→成宮寛貴)のエピソードがいい。また中盤、成宮と伊東がキスしかけるシーンがあるが、それは裏を返すと綿引と西田がキスしようとしているわけで、一瞬この2人がキスしようとしているイメージショットが挿入されて、観る者はゲゲッとなる。そのタイミングなども実に笑えていい。そしてクライマックスは、余貴美子がすべての印象をかっさらう好演であった。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
成宮さんのファンなので、購入しました。何度も繰り返し見ています。素晴らしい作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品に似た映画のひとつに、竹内結子の「黄泉がえり」がありますが、
それほどの感動はありませんでした。
この「椿山課長の七日間」はすごく感動し、泣けました。
亡くなった実の息子(女の子の姿になっている)とそうでない男の子が
実の両親に会うシーン。
母親は本当の息子が実は女の子のほうであることがわかってしまう。
ここのセリフなしの市毛良枝と志田未来ちゃんの演技には泣けます。
また、ラストで余貴美子演じる女性にも和山椿の正体がわかってしまう。
姿かたちは変わっても、本当に愛する人には、その人が誰か生命でわかるということであろうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
人間って、生きてるうちは周りのことが当たり前で、気づかずに過ごすことばかりで、悲しいけど死んでから判ることがあったりして。椿山課長は3日の猶予で現世に戻り、気づかなかった周りの人たちの様々な思いを知らされることになるけれど、そこには思いもよらない事実が・・・。「残された人たち」の埋められない喪失感と戻れない道に泣けました。

「これを観たら死ぬのも怖くない?」というコピーもあったけど、やはり人間は「生きてこそ」だと思います。生きてるからこそ伝えられる言葉がある。伝えられなかった言葉は永遠に後悔となって残ってしまうんです。

程よい笑いと大いに泣けるシチュエーションのコントラストが絶妙です。

前半の伊東美咲さんの「オッサン演技」も頑張った!!と絶賛したいですが、ピンポイントで

陰ながら頑張ったのは西田さんにほっぺにチューをしちゃった綿引さんかも(笑)。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画の存在は知っていましたが、当時見ませんでした。TV版を先に見て面白そうなので映画版を捜して購入させていただきました。
多少表現、演出は違っていますがそこは、プロの俳優さん・女優さん・スタッフの皆さん・監督さん・どちらも楽しく視聴させていただきました。
次は、原作本を読もうか、と思っています。私って変ですか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 浅田次郎さんのベストセラー小説を映画化。笑いに涙ありの傑作です。

 オリジナリティーがあり、小説を一度読んでストーリーが分かっている方にもお薦めしたいです。

 現世で納得がいかぬまま臨終した主人公ら3名が、初7日まであの世から現世に戻るという仕立て。腑に落ちていなかった出来事が解決し、エンディングであの世の戻っていく。大変心地良い気分になりました。

 

 個人的には、椿山課長役西田敏行さんの個性が強すぎ、現世の椿山課長役を演じた伊東美咲さんが役足らずのように感じました。ただ、脇役陣も素晴らしく、全体的に素晴らしい作品でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
何度も見てしまう内容です。良かったです。良かったです。良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
浅田作品を映画にすると、ほとんど原作と違うんですよね・・・。この作品もちょっと違う。残念。でも、作品的にはいいですよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
西田敏行さんが出てるから釣りばか日誌みたいにコメディが主で、後は少しだけほろっと
泣かせてくれる作品だと思ってました。だから軽い気持ちで見に行ったんです。で、見た感想はといいますと、本作はもちろんコメディ部分もあり
それらもおかしかったのですが、ところどころで入る
感動の場面で想像以上に泣かされました。そういう場面はある意味ベタなんだけど、
その見せ方がうまいんですね。わざとらしさがない。
特に親子の再会のシーンは台詞がないのに役者の演技だけでそうとう泣かされました。
あのシーンは特に必見です。後、伊東美咲さんも思ってたよりもよくていままで彼女が出てた
作品の中では一番の嵌り役ではないかと思います。とにかく出てくる役者さんそれぞれが
いい味を出していて、本作は人間の死を扱った作品なのにラストシーンはなんだか
ほのぼのとしてしまいました。その後のエンドロールで流れるコブクロの歌でまた
感動。本当にいい映画でした。もちろん,DVDは買います。

あ、後これ投稿したあとに気付いたのですが、星三つじゃなくてもちろん星五つです。
間違えてました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー