通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
椿姫 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

椿姫 (新潮文庫) 文庫 – 1950/12/6

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 椿姫 (新潮文庫)
  • +
  • マノン・レスコー (新潮文庫)
  • +
  • ナナ (新潮文庫)
総額: ¥2,203
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

椿の花を愛するゆえに“椿姫"と呼ばれる、貴婦人のように上品な、美貌の娼婦マルグリット・ゴーティエ。パリの社交界で、奔放な日々を送っていた彼女は、純情多感な青年アルマンによって、真実の愛に目覚め、純粋でひたむきな恋の悦びを知るが、彼を真に愛する道は別れることだと悟ってもとの生活に戻る……。ヴェルディ作曲の歌劇としても知られる恋愛小説、不朽の傑作である。


登録情報

  • 文庫: 435ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1950/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102009019
  • ISBN-13: 978-4102009017
  • 発売日: 1950/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,571位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 優葉 投稿日 2009/7/29
形式: 文庫
初めて読んだのは9年前、チャラ男と付き合っていたときの事です。(恥)

読んだ時の衝撃といったらないです。。。
こんな愛の世界があったなんて!!!!
おそらくこの本を読まなければ知る事のできなかった世界。
学校じゃ絶対教えてくれない、人を愛するとはどういう事なのか・・・?

美輪明宏さんが、「若い人が読むべき本」として薦めていた、本当に美しく切ない愛の名作です。
ラスト何ページかは、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら、それでも読むことを辞める事ができず・・・
読み終わった後の喪失感といったらないです。
何時間も部屋で呆然としてしまいました。

余談ですが、この本を読んだ直後、チャラ男と終ったのは言うまでもありません。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 娼婦マルグリットは椿の花を愛するがゆえ、人々から「椿姫」と呼ばれていた。
 娼婦といえば、この物語が描かれた時代においては社交界の華であり、旦那達から与えられるお金で豪華な生活を送る女性達であり、同時に娼婦として社会から蔑れる存在でもある。
 輝くばかりの美貌を持ち、お金持ちの旦那達を持ち、社交界で奔放な生活を送っていたマルグリット。彼女に出会い一目で恋に落ちてしまった純粋な青年アルマン。
 たくさんの旦那を持ち、贅沢な生活をするマルグリットを愛するという事はアルマンにとっては嫉妬と葛藤に苛まれる事でもあり、財産を失ってゆく事でもあった。
 また、お金を持たない純粋な青年アルマンへの愛を貫くという事はマルグリットにとって贅沢な暮らしを失い、抱えていた借金返済のためのお金を失う事でもあり、愛するアルマンの世間での評価を貶めるものでもあった。
 
 
 全てを犠牲にしてもマルグリットを求めたアルマンと、自分を犠牲にしてもアルマンの人生の幸せを求めたマルグリット。愛する人のためにした事が必ずしもその人の真実求めていた事ではない事もあります。 最後の最後であまりにも気高い心でアルマンを愛したマルグリット。悲恋ではあるのですが、二人がお互いに抱いた愛情は本当の純愛だったと思います。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 有花 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/2/7
形式: 文庫
これは私が好きな小説のひとつです。何度読み返しても心に響く。
マルグリットの美しさがなんともいえず哀しいのです。アルマンが未熟な分だけマルグリットの気高さが際立ち、その美しい心に手が届かなかった哀しみがひしひしと伝わる。名作中の名作です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 この小説では、アルマンという青年とマルグリットという娼婦の間の恋愛劇が話の中心です。アルマンのマルグリッドに対する情熱は激しく、時には性急でありすぎ、二人の恋愛は急激に展開するので、私は読書を途中で中断することが出来ず、一気に読みました。

 恋愛がテーマなのですが、私は、エゴイズムから相手を手に入れようとしたり、自分にとって都合の良い形の恋愛ばかりしてこなかっただろうか、と自分自身を振り返りました。

 当時のフランスの貴族とブルジョワジーの社交界においては、自分自身の快楽のために、高級娼婦や女優を金で囲うのが一般的であったようですが、そういう社会背景がリアリスティックに描かれているのも特徴です。高級娼婦マルグリッドとマルグリッドを囲む社交界の男達の描写から、当時の社交界の様子や恋愛のあり方が良く分かります。欲望と金にまみれた打算的な駆け引きに基づいた恋愛が横行するパリ社交界の中で、アルマンとマルグリッドの恋愛は純粋でありすぎ、純粋でありすぎるために破局へと向かっていきます。破局が分かっていても、愛するが故に破局を避けることが出来ない恋愛の深淵を垣間見せる希少な恋愛小説です。

恋愛の歓喜、困難、悲劇性、全てが描ききられています。

紛れもなく世界文学の最高傑作です。私の中では、「赤と黒」や「アンナ・カレーニナ」と並んで、19世紀文学の最高峰です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Z? VINE メンバー 投稿日 2007/4/1
形式: 文庫
本作は歌劇として舞台でも名を馳せた名作。
娼婦マルグリットに恋した青年アルマンの告白による物語。

舞台は19世紀パリの社交界。
高級娼婦マルグリットに恋する青年アルマン。
2年を経て彼の想いは伝わり、プージヴァルでの幸せな日々を送る二人。
後半、突然別れを告げるマルグリット。
疑い、駆け引きを試み、マルグリットを傷つけるアルマン。
そしてそれ以上に自らを傷つける。
愛とは? 家族とは? 本当に大切なものは?
人を想うことに迷った時、是非読み返したい作品。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック