通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本: 過剰な... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本: 過剰な医療が命を縮める 単行本 – 2015/11/16

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/11/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,082

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本: 過剰な医療が命を縮める
  • +
  • 高血圧はほっとくのが一番 (講談社+α新書)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

早期発見、早期手術という常識は本当なのか?プラス志向で癌とつきあう方法。

著者について

1969年北海道大学医学部卒業。内科医。中村天風研究家。浦和民主診療所所長、おおみや診療所所長を務め、2009年から関東医療クリニック院長。天風会講師、日本笑い学会講師、彩の国いきがい大学講師、シニア大楽講師を務め、各地で講演をおこなっている。
駒場東邦高校在学時に、中村天風の最晩年の弟子になりプラス思考を学ぶ。
高血圧は「症」のつく病ではないから血圧の薬はのんではいけない、コレステロールも薬をのむような「症」のつく病ではない、「癌」は手術するな、抗がん剤は使うな、など、少ない薬と安価な医療を心がけ、外来をこよなく愛する内科医であり、「笑いはすべての病気の予防、治療になる」、「笑う門には福来たる。プラス思考が大切」をモットーとしている。東京新聞、日経ネット、週間現代、週間新潮、女性自身、壮快等でインタビュー記事多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 172ページ
  • 出版社: あっぷる出版社 (2015/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4871773345
  • ISBN-13: 978-4871773348
  • 発売日: 2015/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 462,341位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
良性腫瘍と悪性腫瘍の違いは、転移しないか、転移するかの違いだけ。見た目では全然わからない。細胞診でもわからない。
しかも、転移したかどうかは、CTだろうが最新機器だろうが、絶対にわからない。なぜなら、0.1ミリに育つ過程ですでにがん細胞はすごい数になっていて、すでに転移は始まっているから。医師が手術をして、周りの細胞までしっかり切除しましたから、転移はありませんでした、っていう時、それはいい加減。転移した細胞は小さすぎて目で確認なんか出来やしないし、転移する本当のがんだったら、すでに身体中に転移していて、すでに手術しようがなんだろうが手遅れだから。早期発見、早期抗がん剤が助かると宣伝しているのは、結局医薬業界が儲かるための、宣伝工作で、まったく根拠がないということがわかります。難しい本でなく、さらっと読めてしまうので、がんの診断を誰もがうけるかもしれないこの時代、国民全てが読んでおいた方がよい本だと思います。抗がん剤はすでにきかないことがわかっていて、20年前にアメリカではやめてしまっているとか、検診は医薬業界が儲かるだけで、まったくがん撲滅に役立っていないこと、そして、他国では金の無駄、とばかりにすでにやめてしまったことなども、知らされていなかった情報で、日本がマスコミによって、洗脳・情報封鎖されていることを思い知らされます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
中村天風の哲学に生きる著者らしい内容。もちろん単なる哲学的ということだけでなく寧ろ、科学的というか、生物科学的というか、そういう角度から説明されている。私は感覚的には基本的に同様の考え方を持っているが、それを他人にうまく伝えることが出来なかった。そんな私に、合理的な思考そするうえでの説明を与えてくれた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
自分の選択に確信を持つことができました。医師の言いなりにならなくて良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告