中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

検索は、するな。 単行本(ソフトカバー) – 2009/4/13

5つ星のうち 3.6 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いまのご時勢、調べ物といえば「検索」だ。
でも、検索で答えを探すかぎり、そしてそれを使い続けるかぎり、人は頭を使わない。

本当の意味で「できる人」「成長し続けられる人」とは、よりパフォーマンスが上がる方法を「知っている」人ではない。
その方法を自らの経験から「つくり出した」人だ。だから、ノウハウ本を読んだところで「できる人」にはなれない。

要領よく物事をこなし、ノウハウを積み上げて「仕事ができる」とちやほやされるのは20代まで。
誰かのノウハウ、やり方、テクニックを使って成果を上げていると、そのうち「伸び悩む」。
本当の意味で成長し続け、結果を出し続ける人には「プロセス」がある。そう、常に頭を使い、搾り出すようにして考え抜いた人だけが、成長し続けるのだ。
「検索」を捨て、「脳みそ」を使え。
でもこれは苦行じゃない。脳みそを使って考えれば考えるほど、仕事は楽しくなるのだから。
ベストセラー『千円札は拾うな。』の著者・安田佳生が、「思考の錬金術師」の本領を発揮、考える技術と極意を説いた、鋭く深い一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

「ノウハウ本」では教えてくれない、二十代で「仕事ができた人」が三十代で伸び悩む本当の理由。『千円札は拾うな。』で話題を呼んだ、思考の錬金術師・安田佳生が明かす、「マグマが出るまで考える」技術と極意。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 167ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2009/4/13)
  • ISBN-10: 4763199102
  • ISBN-13: 978-4763199102
  • 発売日: 2009/4/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 680,815位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 VINE メンバー 投稿日 2009/9/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書の中で印象に残った箇所が2点ありました。

1つは、情報を遮断して自分の頭で考える時間を取れ、といった
内容のところ。
もう1つはモチベーションが高くて仕事が出来ない人よりも、
モチベーションが高くても低くてもきっちり仕事をしてくれる方が
よっぽど価値がある、といった内容のところ。

どちらもなるほどな、と思いました。特に2つ目の所では
人間としては頑張っている人の方を応援したくなりますが、
何度丁寧に教えても仕事ができないのでは、ビジネスの上では役に立ちません。

こうやって割り切って考える方法もあるのだなと思いました。

「千円冊は〜」のインパクトに及ばなかったのでマイナス星1つ。
「モチベーションの本質は見抜けない」という箇所に疑問を感じたので
星1つとしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
検索はするな、ですから仕事上における検索せずに正しい情報を導き出す?とかの方法論かと思うのが普通でしょう。
ですが、中は仕事術・精神論の話が100%で、ぶっちゃけタイトルで買うと騙されたことになります。

まずこれだけで星は1つしかありえないと思います。

中身について書くと、確かにある程度シニアになった我々の視点から見れば「そうだね」と思うことが多いですが、
これを受け取ってほしい若者たちに伝わるか?というと、概念論や抽象論にとどまった記述が多く、
■なぜどうしてダメなのか?
■どういった場合の著者の指摘することが具体的生活の場面で発生するのか
といった、訴えたい事柄に事前に共感できていない層の読者にとっては「説教臭いおじさんがもっともらしいこと言ってるけど、実際のところどうする?ってレベルでは良くわかんねぇ」というところにとどまってしまっています。

そういったレベルの記述ではりましたが、最後の章元『「好き」が決める世界の行方』で述べられていたメッセージである、
人間の判断は合理性よりも「好み」に引っ張られてしまうことを前提に覚悟をして仕事をしなければならない、という一節は
しばしば現代のビジネス指南書では忘れ去られがちで、この点については価値があったと思いました。
これにて星2つに勝手ながら判断しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
たまに意味がわからないこともありますがいいこともいっぱい書かれています。
仕事ができる第一歩がひっかかりをもつことだと説く、
アンテナといえばいいのか、目的意識を持っていると何気ない情報や行動からも役立つアイデアがいっぱい拾えるということです。
結婚式にぐっとこない理由のくだりがおもしろかったですね、
男は恋愛の相談を友達にめったにしないが女の人は友達に相談してプロセスをわかっているので、晴れて結婚となると一緒に感動できるということです。
私は何か人として大切なものが欠落してるかもしれないという著者の見方がシュールで個人的におもしろかったです。
営業の秘訣などないというくだりでは、
じぶんにとって1万円以下でできることだが相手にとって2万以上の価値がものを売ればいいとおっしゃられてます。
とても単純ですが真実ではないかとおもいます。
情報が氾濫しているからこそ、意識的に自分の時間を止める必要があるという警告。
自分で考えろということが本書の主張なのですがこの言葉がうまく要約してくれています。
あー、あと20代で伸びるタイプと30代で伸びるタイプの違いについての解説がよかったです、
コンスタントに90%の出来を求められる20代と、100%の成果を求められる30代とで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルが大げさななことは、とりあえずさておき。
仕事に関して、安田氏が常日頃、文字通り「考えている」ことを
つれづれに書き綴ったエッセイです。
(仕事だけ、ではなく、身の回りに起こることすべてを「考える」と
いう内容ではあります)

いろいろ書かれていますが、安田氏も本書でご希望されて
いるように「要するに何が言いたいのか」を、自分なりに
解釈すると、「情報の洪水で右往左往して失敗することはやめて、
自分の生き方、考え、価値観の軸が影響されてブレないように
まずは「よく考えよう」」ということを提唱されている、の
だと思います。

ただ、安田氏の考えている、もっといえば、「独り言」をづーと
読んでいるような感覚になる箇所も多く、ちょっと、一貫性が
読み取りにくい本ではあります。

ためになる言葉も多いのですが感心したのは以下の箇所。

・失敗は「点」、成功は「面」でとらえる
・成功体験は捨てて、新しいことにチャレンジする
・考えるために「電源を落とし情報を遮断する」「どうでもいいことを
深く考える(たとえば、ちくわの穴)」
・三匹の子豚で一番賢いのは?(疑
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー