通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
検察の罠 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 宮 本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少の使用感はありますが外観上、比較的キレイなものを販売しております。 (書き込みやマーカーがない状態※中古の性質上、気にならない程度の日焼け・ 折れ・シミや帯の付属なし等ある場合がございます) 万が一、品質不備の場合は返金対応致します。 丁寧に梱包しての発送を心掛けておりますので、ご注文お待ちしております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

検察の罠 単行本 – 2012/5/26

5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 検察の罠
  • +
  • 最高裁の罠
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小沢一郎の抹殺を謀った真犯人は誰か?
事実上、裁判自体がなくなった西松建設事件。検察による壮大な「でっち上げ」であり、捜査報告書の捏造で検察審査会を悪用した陸山会事件――。
小沢一郎の政治的抹殺を狙った西松建設事件、陸山会事件の真実とは?
民主党・小沢クループの闘士・森ゆうこが追い詰める検察と司法の闇。参議院議員・森ゆうこの1000日に及ぶ検察、最高裁、マスコミとの闘いの記録!
小沢一郎 特別対談付き。

内容(「BOOK」データベースより)

事実上、裁判自体がなくなった西松建設事件。検察による壮大な「でっち上げ」であり、捜査報告書の捏造で検察審査会を悪用した陸山会事件―。小沢一郎の政治的抹殺を狙った西松建設事件、陸山会事件の真実とは?参議院議員・森ゆうこの1000日に及ぶ検察、最高裁、マスコミとの闘いの記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2012/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4537259418
  • ISBN-13: 978-4537259414
  • 発売日: 2012/5/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 142,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
事件の本当の黒幕は、仙谷由人だと、著者は暗示しています。

つまり、総理大臣になるはずであった小沢一郎先生を標的にして、検察を使い、証拠と報告書を捏造し、謀略に絡め取り、国民の人権を蹂躙し、代議制民主制体(デモクラシー)の根幹を破壊しようと企てたのでした。仙谷の中心には、国民的人気を集める小沢に対する「嫉妬」と、成り上がりたい「権力欲」がありました。

巻末の小沢先生の言葉、「国民は、愚にして賢なり。」ということが指し示すのは、2012年、徳島県 徳島市 1区の有権者たちは、この男を落選させていることです。自らの王を殺された民は、敵方の首謀者の首を討つことで、仇討ちを遂げたのでした。

国民の信任を付託されたる正当な民意の体現者として、著者は3年に及ぶ緻密な調査と分析を行い、本書終局では、官僚事務方の実質トップの人間を、自身の執務室に呼び出し、「喉元を締め上げ」、最後に「喉仏を圧搾する」様子を描いた場面は、圧巻の一言に尽きます。この役人は、不遜にも、事実究明のため調査を続ける著者に対して、「鉄槌を下す」と周囲の関係者に吹聴していたそうで、結局己自身が、その憂き目に遭うという結末を迎えています。

著者は、2017年6月現在、「加計問題」で、新たにその辣腕を振るっています。

著者に対して、官僚の扱い方を教えたのは、田中 眞紀子、その人かもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/8/19
形式: 単行本 Amazonで購入
 2012年、森ゆうこ参議院議員の著書です。

 本書は、西松建設事件・陸山会事件を巡って、
「どのようにして、検察・司法が小沢一郎氏の政治生命を抹殺しようとしたか」「メディアがどのように報じていたか」が詳しく書かれています。

 本書の内容については、既に多くのレビューが書かれているので、率直な感想を。 

 まず、「日本は、法治国家なのか?」と強い疑問を感じます。
 法治国家として年数が経過していない国、経済的に貧しい国 etcでの話ならともかく、
現在の日本での話ですから、その分、性悪であると思いますし、いかに法治国家として未熟であるかが露呈していると思います。
 検察による捏造は、おそらく過去にもあったであろうと推測できますから、これまでの政権与党に対して強い不信感を抱かずにはいられません。

 そして、「日本は、民主主義国家なのか?」と強い疑問を感じます。
 法ではなく、検察(or そのバック)が認める範疇での民主主義国家というのなら、
「民主主義ごっこ国家」or「民主主義であってほしい国家」と表現すべきではないのでしょうか?
 政治家、選挙、有権者。。。これらすべてが、「ごっこ」のように感じられます。 
 政策以
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 政治家の書く本は概してつまらなく、内容がない。ゴーストライターが書いたとしても内容のなさは、補えない。
しかし、この「検察の罠」はよませる。内容は1時間程度でよめるのだが、最後の小沢一郎との対談を除けば現在の司法制度全体、
従って日本の民主主義を危うくしている者の正体に肉薄していく姿は、たいしたものだ。
特に黒川官房長に切り込む姿は、いじましとも読めるし、黒川氏の憎たらしい、いかにも官僚的な姿をうまく活写している。
確かに、裁判官と検察官僚のある種のファッショは目に余るどころか、ひどいものである。
どのような裁判を経験した人でも、すべからく経験したことだろう。
行政訴訟がことごとく退けられていくのも、あながち無関係とまでとはいいにくい。マスコミの特別な利権は、一口にいえば税制面での
特別待遇と競争の阻害にある。東京電力の利権がなにを招いたかを知っているひとは、この権力構造が、森参議院議員が知ってか知らずか
現在の不毛ともいえる、社会の閉塞感を生み出し、経済的にも、科学技術の進歩さえにも悪影響を及ぼしている。
大変勇気のいる出筆であったと思う。また、日本文芸社にも敬意を表したい。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
森ゆうこさんの講演で聞いた、「検察審査会メンバー選定のクジ引き選定ソフトの謎」に興味を持ち読みました。ソフトのメンテナンス会社の女性から「何故か、江戸時代の人が含まれていて、動作がフリーズしてしまった。」事例を聞き、検察審査会メンバーも手入力による作業が行われれば恣意的な選定が出来た事・西松事件は訴因変更により消滅してしまった事をTBS番組「朝ズバッ」のみのもんた氏と出演者は知らなかった事・など数々のエピソ−ドの最後に、小沢裁判捏造捜査報告書について、法務省官房長が実名で出てきた・・作者のその勇気と行動力に驚き脱帽の一冊です。、
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー