Facebook Twitter LINE
¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
植物園で樹に登る――育成管理人の生きもの日誌 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

植物園で樹に登る――育成管理人の生きもの日誌 単行本(ソフトカバー) – 2017/11/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/11/18
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,520

booksPMP

【期間限定】ポイントアップキャンペーン開催中

1冊でも最大8% さらに3冊以上を購入する際クーポンコード「2222」を入力すると最大15%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 植物園で樹に登る――育成管理人の生きもの日誌
  • +
  • プラントハンター 命を懸けて花を追う (徳間文庫カレッジ)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 129pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

国立科学博物館筑波実験植物園の植物管理を務める、
植木職人であり樹木医、森林インストラクターの著者が、
地上20メートルから見た景色、梢で感じる三次元の風――
造園会社と植物園で20年間、樹木と対話する中で見つけた、
植物の不思議でおもしろい世界。

出版社からのコメント

どうして樹に登るのか? 庭園管理や、樹木の剪定のため……そしてなにより、樹が、樹上からの眺めが好きだから。
本書の著者は、国立科学博物館筑波実験植物園で植物管理を担当し、時には来園者への案内も務めます。そんな仕事中の出来事や造園会社での修業時代を振り返り、四季の移り変わりや樹木と生き物たちの関わりをまとめました。
夏は暑くて冬は寒い屋外作業、蜂に刺されたり、植物の成分でかぶれることも、樹に親しむ著者の愛情のこもった目線で描かれると、嫌なことばかりではないような気もしてきます。
読むと樹に触れたくなる、二読、三読していただきたい40編です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 築地書館 (2017/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806715476
  • ISBN-13: 978-4806715474
  • 発売日: 2017/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 589,014位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう