¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たち 単行本 – 2013/4/17

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/4/17
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,303
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たち
  • +
  • 植物の体の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)
  • +
  • 植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

植物は世界をどう感じているのか。視覚、嗅覚、触覚、聴覚、位置感覚、そして記憶。遺伝学など最新の科学的な発見で解き明かされる植物の内的な世界! 植物生態学者の多田多恵子氏推薦。

外界を見きわめながら植物は生きる ----多田多恵子氏

問うべきは、植物に知能があるかどうかではない。
「植物は知っているのか?」であり、その答えならイエスだ。
植物は光や色の微妙な違いを知っており、それぞれに反応する。
植物は周囲に漂う香りを知っており、空中にある微量の揮発性物質に反応する。
植物は何かに接触したときそれを知り、感触の違いを区別できる。
重力の方向も知っていて、芽を上に、根を下に伸ばすよう姿勢を変えることができる。
過去のことも知っている。以前に感染した病気や耐え忍んだ気候を憶えていて、
それをもとに現在の生理作用を修正する。
もし植物が「知っている」のなら、私たちは植物とどうかかわり合えばいいのだろう? (本書「エピローグ」より)

【目次】
◆ 1章 植物は見ている
植物学者ダーウィン/生長をやめないタバコ/日の長さを測る/分子遺伝学から見た植物の視覚/概日リズムの進化的な起源

◆ 2章 植物は匂いを嗅いでいる
エチレンの信号/食の好みにうるさい寄生植物/葉は盗み聞きするのか?/植物はコミュニケーションしているのか?

◆ 3章 植物は接触を感じている
ハエトリグサの罠/水圧で葉を動かす/接触によって活性化する遺伝子/植物とヒトの「感じ方」

◆ 4章 植物は聞いている
音楽と植物の疑似科学的な関係/植物にもある「難聴」遺伝子/植物の進化に聴覚は必要か?

◆ 5章 植物は位置を感じている
上か下かを知る遺伝子を探せ/ヒトの耳石、植物の平衡石/宇宙での実験/釣り合いをとりながら育つ

◆ 6章 植物は憶えている
ハエトリグサの短期記憶/長期記憶、またはトラウマ/エピジェネティクス/世代を超えて伝わる記憶/知能をともなう記憶?

◆ エピローグ 植物は知っている

謝辞
訳者あとがき
図版出典
原注

内容(「BOOK」データベースより)

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、位置感覚、そして記憶―多くの感覚を駆使して高度な世界に生きる植物たちの知られざる世界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 430925280X
  • ISBN-13: 978-4309252803
  • 発売日: 2013/4/17
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,777位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
読めばわかる・・・・ではなくて、読めば植物がとても高等な生物であり、われわれはもう少し敬意を持って、親しく、植物に接することが必要なことを教えてくれる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2016/9/29
Amazonで購入
サイエンティストらしい明晰な議論。
五感や知覚というと語弊となるが、動詞としてのそれらは比較対照できる程度に植物にも備わっているというのが基本主張である。
人間が神の声を内なる声を聴いていると隠喩するのと同じである。
ただし、聴覚は寧ろ植物にはないことが実証されている。聞いているというのではなく、聞いていないのである。
人間の難聴に関わる遺伝子が植物にも一部含まれており、植物が音だけには感覚を閉ざしてきたことが判る。逆に人間の難聴は植物と一緒だった時代からのものであり、それを克服しつつなかなかの困難だったということになろう。音楽は普通空気を前提にしているが、植物は地上に出ても水中より鋭敏にあることを選択しておらず、その意味では動物は孤独である。
まあ、植物も動物も生物であり、遺伝子という基礎が一致している以上、それぞれの機能、能力があるのであり、比較できるということは寧ろ当たり前であろう。高名な倫理学者のピーター・シンガーがかって動物の権利ということを云って現代の在り方にはっきりと一線を画したが、しかしここで著者は植物の権利とまでは言っていない。花輪を見、果実を味わうだけでも自然に普通に植物からの恩恵は感じられるのであり、さらに本書で明らかにされたことから共存していることの意味は深まりこそすれ権利概念をもってまで覆すことがそもそもあり得ないということであろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
植物の感覚についてとても面白く記述されています。日本の研究者もこのような本をもっと書いて欲しいですね。
この本の後に、池田清彦先生の「不思議な生き物」を読んでいます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/14
筆者ダニエル・チャモヴィツはレルアヴィヴ大学教授にしてマンナ植物バイオ科学研究センターの所長である遺伝子学の権威です。

彼の着目点は"動物と植物のDNAには多くの共通点がある"ということです。
植物の根の広がりは動物の神経の広がりに似ており、動物たちとは異なる様々な機関を使って周囲の状況を場合によっては動物よりも細かく知覚できるなど驚きの内容です。
自由に動ける動物は環境に対して自分の場所を変えることで対応できますが、自由に動けない植物は環境に対してより敏感な感覚を持って適応し進化を遂げてきたということです。

本書では植物の"知覚能力"について記されています。

植物は見ることができる…人が近づいてくることも、赤や青などの着ているシャツの色も、側に立って見下ろしていることも知っていると書かれています。
人間のように見るのではなく、"見るとは何か"(電磁波である光の感知能力)を説明しながら、論理や実証を交えて"植物の見る"とはどういうことかが語られています。
植物は"見て"、"匂いを嗅ぎ"、"接触を感じ"、"音を聞き"、"位置を感じて"、"記憶を持つ"そして最後に植物は知能を持つのか?という点が論じられています。
タイトルが"そこまで知っている"となっているのは、筆者が伝
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自然界の不思議な現象に対し、おそらく敬虔な気持ちを抱いたであろう科学者が、世俗的な論理主義と超自然的思考が融和する可能性を追求した、意欲的な実験作。
理数系音痴の自分にもわかりやすい。また、本書が安易な神秘思想の暴走に利用される愚を避けたいと、何度も注意を促す著者の、中立的で冷静な慎重さに、とても好感が持てる。

文系の人にこそ、お勧めしたい良書である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告