通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
植民地建築紀行: 満洲・朝鮮・台湾を歩く (歴史文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯無し カバーに多少のスレが有りますが、概ね状態は良いです。 簡易クリーニング後にポリ袋に入れ保管しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

植民地建築紀行: 満洲・朝鮮・台湾を歩く (歴史文化ライブラリー) 単行本 – 2011/9/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,539

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 植民地建築紀行: 満洲・朝鮮・台湾を歩く (歴史文化ライブラリー)
  • +
  • 日本植民地建築論
  • +
  • 海を渡った日本人建築家―20世紀前半の中国東北地方における建築活動
総額: ¥12,204
ポイントの合計: 367pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

負の遺産から文化財へ―。植民地建築の現在を見ながら、日本の東アジア支配に果たした役割を探り、その歴史的意味を考える。

内容(「BOOK」データベースより)

旧満洲・韓国・台湾に建てられた、数多くの日本の植民地建築。戦争の記憶を今日に伝えるそれら植民地建築を見ながら、日本の東アジア支配に果たした役割を探る。建築様式と建築技術も踏まえ、歴史的意味を考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: 吉川弘文館 (2011/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4642057307
  • ISBN-13: 978-4642057301
  • 発売日: 2011/9/20
  • 梱包サイズ: 19 x 13.3 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 706,734位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう