お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


植村直己と山で一泊―登山靴を脱いだ冒険家、最後の世間話 (小学館文庫) (日本語) 文庫 – 1998/12/1

5つ星のうち4.6 12個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥1
文庫, 1998/12/1
¥309
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

「世界のウエムラ」が語る最後のインタビュー。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和58年5月8日、9日ビーパルのスタッフは植村直己と一泊二日のキャンプをした。日本人初のエベレスト登頂をはじめ五大陸最高峰登頂、北極圏1万2千キロ犬ゾリ走破、北極点単独到達などさまざまな偉業を達成した冒険家は、つかの間の休みを心から楽しんだ。焚き火に顔を火照らせながら、それらの冒険を振り返り、これからの夢を語った。翌年冬、マッキンリーで消息を絶ってしまう彼にとって、これが最後の世間話になってしまった。小学館ライブラリーの再編集版。

登録情報

  • 出版社 : 小学館 (1998/12/1)
  • 発売日 : 1998/12/1
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 226ページ
  • ISBN-10 : 4094110321
  • ISBN-13 : 978-4094110326
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 12個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
12 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
27%
星3つ
6%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年8月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年6月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年5月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年6月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2008年12月17日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年8月30日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2006年1月31日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告