中古品
¥ 239
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯有り】表紙カバーにイタミ・ヤケ・ヨゴレ等有り。本文は概ね状態良好ですが、中古品につき商品の多少のヨゴレ・使用感・ヤケ等イタミはご容赦ください。※ご購入時の登録住所へ配送いたします。ご注文時の最終確認をお願いします。※当店では、基本的にポスト投函のゆうメール(追跡番号なし)を利用しております(場合によりゆうパック配送もございます)。予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

森敦との対話 単行本 – 2004/8

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 233
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

没後15年、天才作家の真実を明かす衝撃作。22歳の文壇デビュー以後、一作も書かず各地を放浪した末、62歳史上最年長で芥川賞を受賞した異色の作家森敦。没後15年、謎の半生と素顔、名作「月山」誕生秘話を養女である著者が初めて明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

十代で菊池寛に見出され、横光利一に才能を認められ、二二歳の時「酩酊船」で文壇デビュー、将来を期待されながらも以後一作の小説も刊行しないまま、奈良、山形、三重など日本各地を放浪、在野で文学研究に打ち込む半生を送った後発表した「月山」で、六二歳で芥川賞を受賞した作家、森敦。その間殆ど小説を書かなかったにも拘わらず、森は太宰治、檀一雄らと同人誌を作り、又、すでに名を成した錚々たる作家達が訪ねて来ては文学上のアドバイスを乞う。プロの作家でもなく、定職に就かない時期も永い、一介の在野の人間である森の文学理論は驚くべきものだった。本書は、五十代で東京に移り住み、文学研究に没頭した森敦に親しく接し、文学上の師弟関係となり、更に森敦夫妻の生活面まで助けるようになった著者が、森の没後十五年の今、作家の素顔と謎の半生、そして名作「月山」執筆と芥川賞受賞の経緯を評伝小説として綴ったものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 306ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408774714X
  • ISBN-13: 978-4087747140
  • 発売日: 2004/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 451,411位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
森敦は「月山」の他はいくつかの文壇史を読んでいた。
それだけの知識でこの本を読み進めたが、途中息苦しくなった。「指導はするが一作も
書かない」森は「未だ」自分自身で小説を書くことに納得がいかなかったのだ。
傍目には陽気な妻と後に養女となった作者が森と接する日常が凄まじく、これ自体が
作り物のように感じた。果たして小説家とはこのようなものか。こんなにも己に書くことに
厳しくなれるものなのか。読んでいる最中、常に自問自答していた。
これから「月山」をもう一度読んでみようと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 世間的には無名のインディーズ作家でありながら、小島信夫や三好徹などの「小説の師」として彼らの原稿に手を入れていた無名時代の森敦。倒産仕掛けの印刷会社に勤めながら、全く自らの作品を書こうとしない森を叱咤激励し、校正までも手伝った弟子&養女による「月山」誕生までの秘話。

 凄まじく世間からズレまくった森夫妻を支え続けたその姿は、苦行の趣きすら読む者に与える。それにしても、作品もそうだが一人の人間としても、森敦という作家には謎めいた魅力がある。そうした彼の魅力を味わうには、著者が主催する森敦の公式ホームページも助けになるだろう。

 未読の方はまず「月山」を読んでいただき、その後にこの本を読むことをオススメします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック