通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
森は生きている (岩波少年文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、ページ端にやや傷みあり。多少経年による傷みがあります。書き込みや線引等はありません。説明にない傷みがある場合返金対応いたします。評価の前にご連絡いただけますと幸いです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

森は生きている (岩波少年文庫) 単行本 – 2000/11/17

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 194
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,926

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 森は生きている (岩波少年文庫)
  • +
  • チポリーノの冒険 (岩波少年文庫)
  • +
  • ホップ・ステップ・ジャンプくん
総額: ¥3,305
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

気まぐれな女王が真冬に4月の花マツユキソウをほしいといいだし,国じゅう大さわぎ,継母の言いつけで吹雪の森に分け入った少女は,12の月の精たちに出会います.有名な児童劇.

内容(「BOOK」データベースより)

気まぐれな女王が、真冬に4月の花マツユキソウをほしいといいだし、国じゅう大さわぎ。継母の言いつけで吹雪の森に分け入った少女は、12の月の妖精たちに出会います。スラブの民話をもとにつくられた楽しい児童劇。小学5・6年以上。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 233ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2000/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4001140721
  • ISBN-13: 978-4001140729
  • 発売日: 2000/11/17
  • 梱包サイズ: 17 x 12 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,481位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ですが、物語調だと思っていたのが台詞調でした。
世界の名作では復刻していないのが残念です。
話自体は好きなので、最後まで読んでみます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 avonlea 投稿日 2002/9/21
形式: 単行本
主人公のままむすめは、いつも辛い仕事を押し付ける意地悪な継母や義姉と一緒に暮らしていた。ある年の大晦日、継母はある噂を聞きつける。14歳になる若い女王が、マツユキソウを持ってきた者に褒美として金貨を与える、というおふれを出した。しかし「マツユキソウ」は4月にしか咲かない。
 このおふれを聞いた継母たちは、金貨欲しさに仕事を終えたままむすめを、「マツユキソウ」を取りに森に行かせる。
 ままむすめは寒い森の中をさまようが、森の奥のほうで誰かが火を起こしているのを見る。そこに居たのは1年の各月を司る「月の精」の兄弟たちだった。
幼稚園の劇でやったので、とても懐かしく読みました。気立ての良いままむすめが母や義姉にいじめられ、魔法で助けられる設定は「シンデレラ」と変わりませんが、こちらは読んでいるうちにロシアの森がありありと目に浮かんできます。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は単純ですが、子供たちと一緒に楽しめるお話です。
これで、劇をしたら思い出に残りそう。
森の中の様子が生き生きと描かれています。
冬から春に変わる様子や、わがままな女王や継母と義理の姉。
それらの光景が目に浮かぶように鮮やかです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告