中古品
¥693
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 全体にヤケ、ヨゴレあり。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


森の回廊〈下〉山の民と精霊の道を辿る (NHKライブラリー) (日本語) 単行本 – 2001/2/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥693
¥601
お届け日 (配送料: ¥257 ): 9月26日 - 27日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人は草木のように生きて、草木のように死ぬ―。前線を越え行軍の途上で出会う山の民は、焼畑を糧に、森羅万象に宿る精霊を畏敬し、息を潜めて生きていた。これは、三年七ヵ月に及ぶ苛烈な従軍をとおして、複雑な歴史背景と奥深い風土が織りなす世界で、固有の文化を育み続け、簡勁に暮す人びとの生と死を記録した稀有な民族誌であり、美しい森の叙事詩でもある。第二十七回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

内容(「MARC」データベースより)

前線を越え行軍の途上で出会う山の民は、焼畑を糧に、森羅万象に宿る精霊を畏敬し、息を潜めて生きていた。複雑な歴史背景と風土に生きる人々の生と死の記録。第27回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。1995年刊の再刊。

登録情報

  • 発売日 : 2001/2/1
  • 単行本 : 306ページ
  • ISBN-10 : 414084132X
  • ISBN-13 : 978-4140841327
  • 出版社 : 日本放送出版協会 (2001/2/1)
  • 言語: : 日本語