無料配送: 3月5日 - 6日 詳細を見る
最速の配達日: 3月 5日の金曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
森のようちえん: 自然のなかで子育てを がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 3月7日 - 8日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 johkaibon
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 若干カバーにスレ、小キズ、軽い開きジワがあるものの、中身は良好です。線引き、書き込みなし。第1刷。アルコール消毒し、クリスタルパックで包み、丁寧に梱包し発送します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


森のようちえん: 自然のなかで子育てを (日本語) 単行本 – 2011/10/28

5つ星のうち4.2 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,090
¥2,090 ¥350
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 森のようちえん: 自然のなかで子育てを
  • +
  • ようこそ!  森のようちえんへ (ヨウコソモリノヨウチエンヘ)
  • +
  • 森の幼稚園
総額: ¥6,380
ポイントの合計: 64pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

(「まえがき」より抜粋)
 年間を通して定期的に同じ森へ出かけ、基本的には自由保育とする活動を、「森のようちえん」と称する。ただ、森での活動の頻度はさまざまである。1年じゅう野外保育をしている園もあれば、月に数回という団体もある。保育内容も自由保育に限らない。その特徴をとらえて、園舎をもたない幼稚園であるとか、壁やドアのない幼稚園として紹介されることもある。だが、園舎を有するところもある。ともあれ「森のようちえん」とは、自然が豊かな広々とした空間で、ゆっくりと時間を過ごし、自然のなかで子どもの自主性を大切にすることを軸にした保育のあり方である。既存の幼稚園教育と対立するものではない。
 もちろん、運営の形式によって多彩なタイプがある。保護者を含む自主的なグループが通年で運営する自主保育の形式である通年型森のようちえんもあれば、園外活動の1部に森のようちえん活動を取り入れている幼稚園や認可型保育所である融合型森のようちえんもある。自然学校や任意団体が行事で実践する行事型森のようちえんもある。また、一口に森のようちえんといっても、保育内容は多彩である。
 それでも多くの共通点がある。まず、定期的に森や自然が豊かな場所に子どもとともに出かける。それもたいてい決まった場所で活動する。そして、寒い日も暑い日も雨の日も雪の日も、よほどの荒天ではないかぎり活動する。同じ場所に年間通じて出かける活動を続けると、四季折々の自然の変化やリズムを知ることができる。五感を働かせて自然の動きを感じ取り、自由な遊びを行う時間を大切にすることも可能になる。そして子どもの安全確保のために、保護者の積極的な関与が必要になる。
 このような森での保育の活動は、1950年代にスウェーデンやデンマーク、ドイツで生まれ、いま、欧米や韓国や中国をはじめ、急速に世界各国に広がりつつある。
 こうした広がりを受けて、日本では2005年から、森のようちえんの関係者らが集う「森のようちえんフォーラム」がはじまった。2010年には400名を超える参加者が全国各地から山梨県の清里に集まった。このフォーラムでは、森のようちえんをはじめたいという意欲にあふれる参加者が、すでに森のようちえん活動を実践している参加者の話を食い入るように聞きいる。子どもを森のようちえんへ通わせたいと願う親たちは、幼い子どもの手を引きながらメモを取る。幼稚園と保育所の関係者らも、もう一つの幼児教育のイメージを求めて、熱のこもった議論に参加する。森のようちえんにはいま、熱いまなざしが注がれている。
 本書の目的は、森のようちえん活動に興味をもっていただくことである。そこで、日本における森のようちえんの実践を報告し、その成果と課題を検討する。ドイツの森のようちえんの紹介も行い、森のようちえん活動の意味について考察する。さらに、幼児教育と保育の関係者や研究者にもこの活動の意義を再考していただく契機も提供する。

内容(「BOOK」データベースより)

森のようちえんの実践の紹介を行い、更に森のようちえんの歴史や理念について検討。また、森のようちえんの基本的意義について幼児教育学の立場から検討する。

登録情報

  • 出版社 : 解放出版社 (2011/10/28)
  • 発売日 : 2011/10/28
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 174ページ
  • ISBN-10 : 4759267468
  • ISBN-13 : 978-4759267464
  • 寸法 : 1.1 x 14.9 x 21 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
5 件のグローバル評価
星5つ
58%
星4つ
22%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
21%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年2月25日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年2月23日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年3月21日に日本でレビュー済み
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年8月19日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告