¥ 4,860
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
棋聖 天野宗歩手合集 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

棋聖 天野宗歩手合集 単行本 – 1992/9

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 2,999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 棋聖 天野宗歩手合集
  • +
  • 詰むや詰まざるや―将棋無双・将棋図巧 (東洋文庫 282)
総額: ¥7,452
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

時を遡ること150年前、幕末の世に"実力十三段"と恐れられた一人の棋士がいた-。彼の名は天野宗歩。"自在流"内藤国雄九段の名解説によって、棋聖・宗歩の全貌が今、蘇る!


登録情報

  • 単行本: 398ページ
  • 出版社: 木本書店 (1992/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905689384
  • ISBN-13: 978-4905689386
  • 発売日: 1992/09
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 341,445位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
アマ強豪平畑善介氏は、将棋に強くなる方法として、
(1)天野宗歩の棋譜100局程を1手づつ隠して熟考して並べ、
   覚えてしまうほど並べれば本筋を覚える。
(2)あとは詰将棋を3000問ほど解けば正しい読みの訓練に良い。
   というようなことを「アマ将棋日本一になる法」で答えていた。

羽生善治永世六冠は、「最も指してみたい棋士は?」の問いに、
故升田幸三九段を挙げているが、
その升田氏が、天野君は十三段と言い、
宗歩の棋譜を並べて感じる宗歩の棋力は、己の棋力であって、
即ち、鏡を見ることに等しい、というようなことも言っている。

ここまで言われちゃあ並べるしかないでしょう?
高価なので星を1つ減点。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第5局解説(ソ)4四角->3三角
第33局110手目6五銀->6四銀
第34局解説(ヨ)3二龍に同玉->同銀
第34局解説(オ)5八飛成に同銀->同玉
第35局82手目及び解説(オ)7七銀打->7七銀
第38局解説(ネ)同香->同銀
第39局56手目1三飛成->1一飛成
第40局解説(ノ)7五桂->5四銀〜7五桂か
P139柱(左上欄外の見出し)第41局 対・(下手)久米可六戦->第40局 対・(上手)川島宗臨戦
第53局解説(ヨ)4三歩成に同銀->同金
第59局解説(カ)4八銀をバック->4八銀とバック
第62局29手目同歩->同角
第63局解説(ク)以下詰み->手順不明。6八玉に4七馬で必死か
第79局129手目7三銀->7三銀右
第83局解説(ヌ)8八角成->9八角成
第85局解説(ト)第90局->第87局
第87局解説(イ)第88局->第85局
第96局解説(ニ)第93局->第91局
第100局解説(ヨ)3三玉->3四玉
第100局解説(ソ)3七銀に同金->同金寄
第102局解説(ニ)4三銀不成に同銀->同金
第109局解説(ネ)7二銀->6八と・6四桂・8二玉・7二
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
このタイトルから少しでも興味を持った人なら買いの一手。
この手の本は急に絶版になったりしますし、すぐに読まなくても興味があるのであればライブラリーとして購入しておくのがよいかと。

幼少期の宗歩の手合いから全盛期、晩年の棋譜まで載っています。
とくに石田検校とは長年にわたり対決をしています。初期では宗歩が下手で駒落ち戦、全盛期には当然平手で戦っています。
この二人に注目して棋譜を追うことで純粋な将棋勝負の幕間劇がみられるようで面白いです。

ネットでなんでも検索できる時代ですので目当ての勝負がはっきりしていれば棋譜自体はネットで拾えるかもしれませんが
これだけまとまった棋譜集、かつ内藤先生の解説付きで宗歩の将棋を追体験できる本は貴重だと思います(ただし解説は簡潔で要所に絞っています)。

私はまだ実際に並べたのは数局ですが、ゆっくり時間をかけて、数年がかりで味わいたいと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何周も往復しましたが、そのたびに新しい発見や味わいがあるので、レビューしなおしました。

宗歩は序盤のスピード感が優れているとの評価が高く、実際に序盤で郵政を築くことも多いです。しかし、終盤の棋風もシャープな攻め将棋という印象で、まさに「一閃」といえるような寄せを味わうことができます。
とはいえ受けの妙手も随所に見られるので、純粋に「将棋が強い」と感じました。
※ 特に駒落ち上手では攻防ともに妙手有り。

この時代の将棋、特に宗歩が指している将棋ですが、比較的持ち歩が増える将棋が多く、叩きの歩、連打の歩等の手筋が炸裂する将棋が特に印象に多いですね。

歩の手筋を学びたい方は宗歩の棋譜がお勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック